ニュース
» 2015年06月10日 10時31分 UPDATE

Google Playに保護者向けの「ファミリー」カテゴリ登場

GoogleのAndroidアプリストア「Google Play」に新カテゴリ「ファミリー」が表示されるようになった。家族向けと認定されたアプリがまとめられている。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米GoogleのAndroidアプリストア「Google Play」に「ファミリー」カテゴリが新設された。その下には「保護者向けのガイド」も表示されている。

 play 1 サブカテゴリで年齢別フィルタリングもできる

 従来、「ゲーム」カテゴリのサブカテゴリとして「ファミリー」があったが、これは削除された。

 play 2 ファミリースターバッジ

 同社は4月、Androidアプリ開発者向けの認定プログラム「Designed for Families」を立ち上げ、保護者が安心して子どもの端末にインストールできると認定したアプリまたはゲームには「ファミリースター」バッジを表示するとしていた。

 本稿執筆現在、少なくとも筆者の環境ではスターバッジはまだ表示されないが、ファミリーカテゴリ内でアプリを検索すると、ファミリー向けコンテンツのみが表示されるようになる。

 各アプリのページにも、ファミリーバッジが表示されるようになる見込みだ。

 play 3

 表示されるスターバッジはコンテンツの種類によって異なり、例えばアプリとゲームでは子どもと大人の両方が対象の「ファミリー向け」と0〜12歳の特定の年齢層が対象の年齢表示バッジがある。

 詳細については保護者向けのガイドを参照されたい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.