ニュース
» 2015年07月01日 02時33分 UPDATE

「iOS 8.4」配信開始――「Apple Music」が利用可能に

7月1日にiOS 8.4が開始され、Appleの新しい音楽サービス「Apple Music」が利用可能になった。

[田中聡,ITmedia]

 Appleが7月1日(日本時間)、iOSデバイス向けに「iOS 8.4」の配信を開始した。iOSデバイスからは「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」からWi-Fi経由でインストールできる。

 アップデートをすることで、Appleが同日に開始した、月額980円の音楽ストリーミングサービス「Apple Music」が利用可能になる。Apple MusicはiPhoneの「ミュージック」アプリから利用する。

photophoto

 Apple Musicでは、数百万曲の音楽が聴き放題となるほか、アルゴリズムによる楽曲レコメンドや、音楽エキスパートが選ぶオススメ音楽などが届けられる。インターネットラジオ「Beats 1」で音楽、インタビュー、独自のラジオ番組を聞いたり、Appleのエディターが作成したラジオステーションを聴いたりもできる。

 これに伴い、ミュージックアプリの音楽プレーヤーのデザインが一新され、「最近追加した項目」「ミニプレーヤー」「次はこちら」などが使えるようになる。

photophotophoto あらかじめ選んだジャンルやアーティストに合った楽曲をレコメンドしてくれる(写真=左、中)。最新リリースや注目の楽曲も(写真=右)
photophotophoto インターネットラジオ。「Beats 1」のほか、J-POP、K-POP、洋楽ヒットチャート、2000年代ヒットなどから、さまざまな楽曲が届けられる(写真=左)。フォローしたアーティストの楽曲やミュージックビデオを聴けるのはもちろん、最新の投稿もチェックできる(写真=中)。ライブラリとプレイリスト(写真=右)

 「iBooks」の機能も改善し、iBooksからオーディオブックの視聴やダウンロードが可能になる。オーディオブックの対応に伴い、「再生中」機能が追加される。

 そのほか、「特定の系列のUnicode文字を受信するとデバイスが再起動する問題」「GPSアクセサリから位置情報データが提供されない問題」「削除したApple Watchアプリが再インストールされることがある問題」が修正される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.