ニュース
» 2015年07月06日 23時41分 UPDATE

「SPAJAM2015」の最優秀賞が決定――THETAの写真で旅行気分を味わえる「World Portal」

次世代クリエーターの発掘を目的としたアプリ開発の競技会「SPAJAM2015」の本選が終了し、最優秀賞1作品、優秀賞2作品、審査員特別賞1作品が決定した。

[田中聡,ITmedia]

 一般財団法人モバイル・コンテンツ・フォーラム(MCF)は、7月4日から5日にかけて開催したアプリ開発コンテスト「SPAJAM2015」本選の受賞作品を6日に発表した。

 本選に参加した11チームの中で最優秀賞を受賞したのは、「VRつくり隊」の「World Portal」。全天球カメラ「RICOH THETA」で撮影した画像を共有し、画像のどこかに表示される「ドア」を開くと、ほかの人がTHETAで投稿した写真がランダムで表示されるというもの。ドアからドアへ移動しながら、まるで旅をするような感覚を味わえる。ドアを起点にしたUIとその動きが秀逸で、審査会ではほぼ満場一致で決まった。

photo 「VRつくり隊」のメンバー。本選に出場したほかのチームはいずれも5人だったが、このチームだけ3人という異色の構成
photophoto ドアを起点にして、ほかの人がTHETAで撮った写真を共有できる「World Portal」

 VRつくり隊には、シリコンバレースペシャルツアー、「Adobe Creative Cloud コンプリートプラン 個人版」1年分、コロプラ馬場社長とのランチミーティングと社長室見学ツアー、「IO Hawk」1台などの豪華賞品が贈られる。

 優秀賞はFUNkeyの「Sharerm(シェアラム)」、デジテニ東京の「ワラカン」が受賞した。

 Sharermは、グループで目覚ましの「スヌーズ機能」を共有し、楽しく寝坊を撲滅することを目指したアプリ。自分が時間通りに起きても、ほかの人が起きないと自分のスマホのアラームが鳴り続ける。逆もしかりで、自分が寝坊をしたおかげでほかの人に迷惑を掛けてしまうこともあり得る。今すぐにでもリリースできると思えるほど明確にイメージがわくことや、寝坊した人に罰金を課すなどサービスの拡充に期待できることなどが評価された。

photo FUNkeyのメンバー
photophoto 目覚ましのスヌーズ機能を共有できる「Sharerm(シェアラム)」

 ワラカンは、飲み会(合コン)で撮影した参加者の写真を認識して、男女や笑顔度から各参加者の支払額を計算してくれるアプリ。笑顔の女性ほど、支払額は少なくなる仕組み。利用シーンが明確であること、プレゼンテーションの質の高さなどが評価された。

photo デジテニ東京のメンバー
photophoto 写真を撮って支払額を計算してくれる「ワラカン」

 審査員特別賞は、よろしくお願いします。feat Higu's Broが手がけた「Music Elevator」が受賞した。Music Elevatorは、スマートフォンを充電すると、エレベーターに乗るアニメーションとともに、ほかのユーザーが保存している音楽データを取得してくるアプリ(充電時間が長いほど、より遠くのユーザーの音楽データを取得する)。充電を終えると、取ってきた音楽が30秒だけ再生され、iTunes Storeへのリンクも付いている。スマホの充電は必ず行うものなので、「(実質的に)何もせずに世界中の人と音楽をシェアできること」を特徴に打ち出した。充電をトリガーにしたアイデアが評価されての特別賞となった。

photo よろしくお願いします。feat Higu's Broのメンバー
photo 充電中に音楽をシェアしてくれる「Music Elevator」

 そのほか、好きなものへのパッション、秘密にしたいコアな趣味、色と音に置き換えた感情、言語フリーな感情、応援、育成したモンスター、散歩体験――などをシェアするという個性豊かなアプリが発表された。

photo 日本Androidの会 名誉会長 丸山不二夫氏

 6日には「モバイルプロジェクト・アワード2015」と合同でSPAJAM2015の授賞式が開催された。

 審査委員長の日本Androidの会 名誉会長 丸山不二夫氏は「世の中でハッカソンは下火になりつつあるが、(SPAJAMは)日本のスマートフォンアプリコンテストでは最大のものに成長した。VRつくり隊はTHETAを使っている。オムロンの画像認識エンジンを使ったアプリもあり、ハードウェアとの連携で新しいアプリが生まれた。IoT(モノのインターネット)が、スマートフォンのアプリ開発にも影響を与えていると同時に、面白い応用分野を開いている」と、アプリ開発に新たな潮流が生まれつつあることに、喜びの声を上げた。

 SPAJAMは、2016年も開催される予定。アプリ開発に本気で取り組みたいという情熱を持つ次世代クリエーター候補の人たちは、ぜひ参加してほしい。

photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.