ニュース
» 2015年08月05日 06時00分 UPDATE

SIM通:手持ちのドコモ端末を格安スマホに変身させる方法

格安スマホを利用するには、新たにSIMフリースマホも購入する必要があると思いがちですが、必ずしもそうではありません。手持ちのスマホを格安スマホに変身させる方法をドコモ端末を対象に解説します。

[SIM通]
SIM通

 毎月の通信料を抑えられる格安スマホ。利用するためには新たにSIMフリースマホも購入しないといけないと思いがちですが、必ずしも買い直す必要はありません。手持ちのスマホを格安スマホに変身させる方法をドコモ端末を対象に解説します。

手持ちのドコモ端末が格安スマホに変身

格安スマホと格安SIMってなに?

SIM

 大手キャリアが販売するスマホの端末価格は5万〜10万円程度と決して安くなく、スマホへの切替えや機種変更のネックのひとつと言われていました。そこで、幅広い層への普及を目的に登場したのが「格安スマホ」です。機能や故障時等のサポートなどを極力抑え、販売価格が1 万〜3万円程度と安価に購入できるのが最大の特徴です。

 もう一つの特徴として、これらの端末は最初からSIMロックがかかっていません。そのため、MVNO事業者が大手キャリアの回線を借りて、比較的安価な「格安SIM」を使用することができます。格安SIMは提供事業者も多く、多岐にわたるプランが用意されているので、自分に合ったプランを選ぶことでより通信費の削減につながります。

 このように、端末と通信の両方の費用を抑えることができるのが格安スマホと格安SIMなのです。テレビや新聞・雑誌などでは、端末とSIMサービスのセットで安価であれば「格安スマホ」と表現している場合もあります。

使っているドコモのスマホがSIMロック解除できるか確認するには?

 スマホの画面にあるアイコン「設定」から「端末情報」をタップし、各端末の機種名を確認します(参考:Xperia、ARROWS…モデル番号 Samsung…デバイス名称)。その機種名がドコモのサイト「SIMロック解除対象機種一覧」に載っていればSIMロック解除できます。不明な場合は最寄りのドコモショップや家電量販店で尋ねるといいでしょう。

 なお、SIMロック解除しても電話番号は引き継げるので安心してください。

APN設定が自分で変更できるスマホかどうか

設定画面

 APNとは、Access Point Nameの略で、スマホやタブレット等の通信機器をインターネット等に接続させるために必要な設定です。これがドコモ等キャリア契約の端末には予めセットされているのですが、MVNOを利用するにはMVNO用のAPNへ設定し直す必要があります。「設定」アイコンをタップし、「無線とネットワーク」−「モバイルネットワーク」−「アクセスポイント名」を開きます。MVNOのSIMカードはこの設定からAPNを追加し、MVNO用のユーザ名やパスワードなど必要情報を入力することで使えるようになります。

 その他には格安SIMの契約前に、使用しているスマホのSIMカードトレイを開き、SIMカードの大きさを確認しましょう。標準SIMサイズ、microSIMサイズ、nanoSIMサイズの3種類のいずれかです。

 なお、上記設定はAndroid端末を指します。ドコモで契約したiPhoneはSIMロック解除もできず、MVNOのAPN設定もできませんのでご注意を。

ドコモ系MVNO

 格安スマホにするためにはMVNOと契約しなくてはいけませんが、ドコモ系のMVNOサービスを提供している業者を選びます。

 代表的ないくつかのサービスを挙げると、NTTコミュニケーションズ(OCN モバイル ONE)、IIJ(IIJmio、みおふぉん等)、Nifty(NifMo)、ぷらら(ぷららモバイルLTE)、BIGLOBE(BIGLOBE LTE/3GデータSIM等)、So-net(PLAY SIM等)、日本通信(b-mobile)などがあります。料金や使用できる高速データ通信量、MNP対応の有無、速度制限、翌月繰り越しの有無などサービス内容の違いを確認し、自分に合う格安SIMサービスを選びます。mineo、UQ mobileといったKDDI(au)系のMVNOが提供するサービスはドコモ端末の場合、選ばないことをおすすめします。

 また、MNPをする場合には、そのMVNOが音声通話に対応しているか?も重要な確認項目です。

 どのMVNOにしたらいいかなどで困ったら家電量販店で聞くといいでしょう。

MVNO利用での注意点

ドコモのサービスは利用できない

 ドコモ回線を使用していてもMVNO事業者が提供する別のサービスです。当然ながらドコモのサービスを受けることはできません。端末は同じものでも、docomo.ne.jpのメールアドレスをはじめとするspモード契約や、ドコモショップやコールセンターで受けられていたサポートなどがなくなります。

 注意点もありますが、手持ちの端末を上手に活用しながら格安SIMに切り替えることは通信費の削減につながるので、検討のひとつに入れてみるといいでしょう。

(文:アスカ)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2016 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.