ニュース
» 2015年08月05日 18時01分 UPDATE

法人向けMVNOサービスの利用率は3%、NTTコムがトップシェア

J.D.パワーが「日本法人市場MVNO利用実態・意識調査」の結果を発表。総合満足度第1位は3年連続でUQ WiMAXとなった。MVNOの利用率は3%に留まり、事業者別ではNTTコミュニケーションズが6割以上でシェアトップとなった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 J.D.パワーは、8月5日に「日本法人市場MVNO利用実態・意識調査」の結果を発表した。

 本調査は、全国の従業員規模50人以上の企業における各種電話サービスの管理・意思決定関与者を対象に実施。6月に郵送調査を行い、3834社から回答を得た。

 MVNOの法人向けサービスを検討した企業は6%、実際に契約している企業は3%となり、法人市場での浸透率は低いという結果が出た。事業者別の利用率をみると「SIMカードと電話機のセットで契約」「SIMカードのみ契約」のいずれも、NTTコミュニケーションズが6割を超えトップシェアとなっている。

 今後サービスを「検討したい/契約したい」と回答した企業は12%だった。サービスを選ぶ際に重視するのは「コスト」が最も多く、次いで「通信品質・エリア」「サポ―ト体制」となる。なお「検討したい/契約したい」と回答した企業は、「検討するつもりはない/契約するつもりはない」と回答した企業に比べ、従業員99人以下、製造業に多くみられた。

Photo 今後MVNOを選ぶ際の重視点(%)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.