ニュース
» 2015年09月16日 21時01分 UPDATE

3社横並び:ドコモが定額通話プラン値下げ 月1700円からの「カケホーダイライトプラン」

「データMパック」(月額5000円)以上とのセット提供になり、月の総額は7000円から利用できる。

[平賀洋一,ITmedia]

 NTTドコモは9月16日、月額1700円(税別、以下同)で5分以内の国内音声が定額利用できる「カケホーダイライトプラン」を発表した。「iPhone 6s」「iPhone 6s Plus」を発売する9月25日から提供する。

photo 「カケホーダイライトプラン」と「カケホーダイプラン」

 月額2700円の「カケホーダイプラン」から1000円安いが、従来は時間制限なく通話できたのに対し、ライトでは1通話ごと5分までという制限を設けた。5分を超えた場合の通話料は20円/30秒。ファミリー割引を利用した家族間通話は無料とした。

photo 「データMパック」(月額5000円)以上との組み合わせに

 組み合わせられるデータ料金は月間5Gバイトまで利用できる「データMパック」(月額5000円)以上のもので、spモード料金(300円)と合わせて最低7000円からの利用になる。固定通信サービスとのセット割である「光スマホ割」や若年層向け「U25応援特割」などとの併用も可能だ。

 定額通話プランの値下げはKDDI(au)が9月10日に発表し、ソフトバンクが翌11日に同じ1000円の値下げを表明。今回ドコモも追求したことで、3社が1700円で5分以内の通話定額を提供する横並び状態となった。

 iPhone 6s発売に合せた各社の値下げだが、組み合わせられる最安のデータ料金に違いがあり、総額ではauが月6200円(月間3Gバイト)、ソフトバンクとドコモが月7000円(共に月間5Gバイト)と違いも出ている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.