まとめ
» 2015年09月25日 20時00分 UPDATE

iPhone 6/6 Plusもいけますよ:「iPhone 6s/6s Plus」と一緒に使いたいケースを厳選してみた

いよいよ発売した「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」。それを記念(?)して、ITmedia Mobileで紹介してきたものを中心に、筆者的に“ビビッ”と来たケースをまとめてみました。

[井上翔,ITmedia]

 待ちに待った「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の発売日、9月25日を迎えました!

 iPhoneと言えば、たくさんのスマートフォンケース・カバーが用意されていることが魅力の1つ。それは、iPhone 6s/6s Plusも例外ではなく、先代の「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」と共通して使えるものを含めると、本当にたくさんあります。

 そこで、本稿では、9月24日までにITmedia Mobileで取り上げたものを中心に、iPhone 6s/6s Plusで使えるスマホケースの中から、筆者が気になったものを厳選してご紹介します。なお、記事内の価格は、特記のない限り税別です。

photo 「iPhone 6s」(左)と「iPhone 6s Plus」(右)

純正ケースは「レザー」と「シリコーン」の2種類

 Appleの純正ケースは、「レザーケース」(5色展開)と「シリコーンケース」(11色展開)の2種類が用意されます。iPhone 6s/6用のレザーケースは5800円、シリコーンケースは3800円で、iPhone 6s Plus/6 Plus用のレザーケースは6500円、シリコーンケースは4500円です。

 純正カバーの強みは、カバーにもAppleロゴがあることです。「Appleロゴは好きだけど、“穴あき”で見せるのはちょっと……」というあなたにおすすめです。

photophoto iPhone 6s/6用レザーケース(ローズグレイ)(写真=左)と、iPhone 6s Plus/6 Plus用レザーケース(ブラック)(写真=右)
photophoto iPhone 6s/6用シリコーンケース(ホワイト)(写真=左)と、iPhone 6s Plus/6 Plus用シリコーンケース(ミッドナイトブルー)(写真=右)

頑丈になったボディより“頑丈”にするケース

 iPhone 6s/6s Plusは、ボディにより頑丈な7000シリーズのアルミニウムを採用しました。しかし、傷つくときは傷つき、へこむときはへこんでしまいます。ボディの傷やへこみを避けるには、ケースを付けておくことが一番です。より頑丈なカバーであれば、そのリスクをより軽減できます。

 Spigenの「ウルトラ・ハイブリッド」は、米国防総省の物品納入規格「MILスペック」に準拠した耐衝撃性能を有しています。カラーもクリスタル・クリア(透明)、スペース・クリスタル、ブラック、ミント、ローズ・クリスタルと豊富です。参考価格はiPhone 6s/6用が2490円(税込)、iPhone 6s Plus/6 Plus用が2690円(税込)です。

 また、同じくSpigenの「スリム・アーマー」も、ウルトラ・バイブリッドと同様にMILスペックを取得したタフなケースで、横置きに便利なスタンドも付いています。カラーはガンメタル、シャンパン・ゴールド、ブラック、ローズ・ゴールドの3色で、本体カラーと“おそろい”なのも好印象です。参考価格はiPhone 6s/6用が3890円(税込)、iPhone 6s Plus/6 Plus用が4290円(税込)です。

photophoto SpigenのMILスペック準拠ケース「ウルトラ・バイブリッド)(iPhone 6s/6用のクリスタル・クリア)(写真=左)と、「タフ・アーマー」(iPhone 6s Plus/6 Plus用のローズ・ゴールド)(写真=右)

画面の傷を守ってくれるフリップケース

 ボディと同様に、画面のガラスも従来機種よりも頑丈なものを採用していますが、破損や傷を完全に回避できるものではありません。画面の破損や傷付き対策としては、保護フィルム・保護ガラスも有効ですが、フリップ(手帳型)ケースも効果的です。

 UNiCASEの女性向けブランド「UNiCASE BLUE LABEL」からリリースされているオリジナルケース「Ribbon Diary」は、名前のとおりリボンがあしらわれていて、かわいいモノが好きな人にお勧めです。カラーはPink、Gold、Sky Blue、Baby Pink、Sliver、Purple、Navy、Ivoryの8色展開で、iPhone 6s/6用ではハートをあしらったHeart Black、Heart Navy、Heart Redの3色も選べます。価格は、iPhone 6s/6用が3519円、iPhone 6s Plus/6 Plus用が3704円です。

 ディーフの「Luxury Genuine Leather Case」は天然革を使ったレザーケースです。iPhone 6s/6s Plusで追加された「3D Touch」が使いやすくなるように、縁取りに工夫を凝らしています。カラーはブラック、ブラウン、レッド、ミッドナイトブルーの4色です。価格はiPhone 6s/6用、iPhone 6s Plus/6 Plus用ともにオープンプライスですが、直販価格は前者が8333円、後者が9259円です。

photophoto UNiCASEの「Ribbon Diary」(写真=左)とディーフの「Luxury Genuine Leather Case」(写真=右)

素材や形状が面白い“変わり種”ケース

 iPhone 6s/6用ケースには、素材や形状の面で“変わり種”もあります。

 MSソリューションズのiPhone 6s/6用ケース「AIR LIGHT」は、一見すると普通のフリップケースですが、実は紙でできていて、従来品のPUレザーケースと比較すると、30%の薄型化、40%の軽量化を実現しています。カラーはブラック(レザー調)、ブルー(プレーン)、ナチュラルホワイト、ナチュラルベージュ(以上、キャンバス調)の4色で、標準価格はいずれも2980円(税込)です。

 プレアデスシステムデザインのiPhone 6s/6用ケース「CORESUIT ARMOR x EVANGELION for iPhone 6s/6 special edition」は、名前からも分かるとおり、「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビアニメ放送20周年を記念したコラボレーションモデルで、価格はいずれも9074円です。特に、現在30歳前後の方にはとても気になるケースかもしれません。

 FantastickのiPhone 6s/6用ケース「Fantastick Wallet Case for iPhone 6/6s」は名前の通り、財布としても使えます。世の中のフリップケースの多くは、カードを数枚入れておくことはできても、お札や小銭を収納できません。しかし、このケースなら、カード類だけではなく、お札や小銭を入れることができるので、“お財布レス”な生活をすることができます。カラーはRibbon Black、Ribbon Pink、Ribbon Red、Blackの4色で、Black以外はリボンが付いた女性向けとなっています。価格はいずれも4600円です。

photophoto MSソリューションズの「AIR LIGHT」(写真=左)とプレアデスシステムデザインの「CORESUIT ARMOR x EVANGELION for iPhone 6s/6 special edition」(写真=右)
photophoto FantastickのiPhone 6s/6用ケース「Fantastick Wallet Case for iPhone 6/6s」は、財布としても使える

 iPhone 6s/6s Plusで使えるケースはまだまだたくさんあります。ITmedia Mobile内の「iPhone」特集ページや、関連記事まとめ記事を是非ご参照ください!

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.