ニュース
» 2015年10月09日 09時19分 UPDATE

FacebookメッセンジャーがApple WatchのwatchOS 2に対応 会話表示やスタンプ送受信が可能に

FacebookがiOS版メッセンジャーアプリをアップデートし、Apple Watchに対応して動画クリップやスタンプの送受信を可能にした他、iOS 9搭載iPadのマルチタスクに対応した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Facebookは10月8日(現地時間)、iOS版「メッセンジャー」アプリをアップデートした。このアップデートで、米Appleの「Apple Watch」のOS「watchOS 2」に対応した。

 messenger 1 Apple Watch上で会話表示できる

 これにより、Apple Watchの画面で会話のやり取りを表示できるようになり、動画クリップ、「いいね!」、スタンプなどの送受信が可能になった。

 messenger 2 スタンプを選んで送信できる

 watchOS 2ではiPhoneなしの単独で同左するネイティブアプリの開発も可能だが、Facebookは今のところ、iOSアプリのwatchOS 2対応にとどまっている。

 今回のアップデートではこの他、iOS 9搭載のiPhoneの検索画面で直接メッセンジャーの連絡先やスレッドが検索できるようになり、iPad(iOS 9)のマルチタスクに対応した。iPadでは他の作業をしながらメッセンジャーを使えることになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.