ニュース
» 2015年10月13日 16時35分 UPDATE

リクルート、高千穂峡に順番待ち管理アプリ「Airウェイト」導入――多言語表示機能も

リクルートライフスタイルの順番待ち管理アプリ「Airウェイト」が、名勝 天然記念物 高千穂峡の貸ボート乗り場に導入された。併せて訪日外国人旅行者向けに多言語表示も行う。

[エースラッシュ,ITmedia]

 リクルートライフスタイルは、10月09日に順番待ち管理アプリ「Airウェイト」が名勝 天然記念物 高千穂峡(宮崎県西臼杵郡)の貸ボート乗り場に導入されたと発表した。

 高千穂町観光協会が運営する高千穂峡の貸ボート乗り場には年間150万人が訪れ、週末や連休には5〜6時間程度の待ち時間が発生している。本取り組みでは「順番券」の発券による待ち時間の緩和に加え、「乗り場」「受付」「観光案内所」にタブレットを設置し、関係者がリアルタイムに待ち時間情報を共有することで業務負荷の軽減を目指す。

Photo 導入の概要

 さらに急増する訪日外国人旅行者の利便性向上に向け、多言語表示も実施。まずは日本語・英語に対応し、今後は中国語・韓国語にも順次対応する予定だ。希望言語は受付時に選べる。

Photo 英語に対応した画面の一例

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.