ニュース
» 2015年10月20日 17時00分 UPDATE

スマートフォンの所有率は63.9%、格安SIM利用者は3.9%――MMDの調査

MMD研究所の発表した「2015年10月携帯端末購入に関する定点調査」によると、スマートフォンの所有率は昨年より4.9ポイント増の63.9%となり、格安SIM利用は昨年より3.3ポイント増の3.9%となった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MMD研究所は、10月20日に「2015年10月携帯端末購入に関する定点調査」の結果を発表した。

 調査対象は15歳以上の男女6128人で、調査期間は10月2日〜10月9日。所有している携帯電話端末について聞いたところ、「スマートフォン」が63.9%、「フィーチャーフォン」が36.1%となり、スマートフォンの所有率は2014年10月から4.9ポイント増となった。

 利用しているキャリアはNTTドコモが38.9%、auが32.7%、ソフトバンクが21.4%。格安SIMの利用者が3.9%で、2014年4月の0.6%と比べ3.3ポイント増えていることが分かった。

 格安SIMの利用者にスマートフォンの入手方法について複数回答形式で聞いたところ、34.6%が「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」と回答。次いで「格安SIMとセット販売で購入」が22.1%、「以前から使っていたAndroidスマートフォン」が16.1%となった。

リリース本文

 以下、リリースの本文です。

2015年10月携帯端末購入に関する定点調査

2015年10月スマートフォンの所有率は63.9%、昨年より4.9ポイント増

15歳以上の男女(N=6,128)を対象に、所有している携帯電話端末について聞いたところ、「スマートフォン」が63.9%、「フィーチャーフォン」が36.1%となっており、スマートフォンの所有率は2014年10月と比較すると4.9ポイント増となった。

Photo

格安SIM利用は3.9%、昨年より3.3ポイント増

メインで利用している携帯電話端末のキャリアについて聞いたところ「docomo」が38.9%「au」が32.7%、「SoftBank」が21.4%となり、「格安SIM各社」の利用は3.9%となった。

格安SIM各社の利用は2014年4月では0.6%だったが、今回の調査で3.3ポイント増えていることがわかった。

Photo
Photo

格安SIM利用者の3割が「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」

スマートフォンでの格安SIM利用者(N=217)を対象に、格安SIMを挿しているスマートフォンの入手方法について複数回答形式で聞いたところ、「SIMフリーのスマートフォンを新品で個別に購入」が34.6%と最も多く、次いで「格安SIMとセット販売で購入」が22.1%、「以前から使っていたAndroidスマートフォン」が16.1%となった。

Photo

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.