ニュース
» 2015年12月08日 17時56分 UPDATE

格安SIMのシェア1位は「OCN モバイル ONE」が維持――MM総研の国内MVNO市場調査

MM総研は、国内MVNO市場の2015年9月末実績を発表。MVNO回線契約数は前年比88.9%増の3642万回線となり、2016年3月の4000万回線突破は確実とみられる。格安SIMのシェアは引き続き「OCN モバイル ONE」がトップだった。

[エースラッシュ,ITmedia]

 MM総研は、12月8日に国内MVNO市場の2015年9月末実績を発表した。

 MVNOサービスの総契約回線数は、2014年9月末の1928万回線に比べ88.9%増の3642万回線になった。今後も総契約回線数は順調に伸長し、2016年3月に4000万回線突破は確実とみられる。回線種別では携帯電話(3G/LTE)が1065万回線(シェア29.2%)、BWA(WiMAXやAXGP)が2567万回線(シェア70.5%)で最多、PHSが10万回線(シェア0.3%)となった。

 携帯電話カテゴリーでは格安SIMが大きく伸長し、NTTコミュニケーションズやインターネットイニシアティブ(IIJ)、ビッグローブに加え、新たにU-NEXTや楽天モバイル、ケイ・オプティコムがシェアを伸ばしている。

Photo

 格安SIMの回線契約数は405.8万回線で、2014年9月末時点での230.5万回線と比べ76.1%増加。MVNO市場全体から見た構成比は11.1%と少ないものの、「SIMフリー端末の増加」「販売チャネルの拡大」が普及・拡大に大きく貢献した。また訪日外国人の増加に伴い、プリペイドSIMの販売数も増加している。

Photo 独自サービス型のSIM(いわゆる格安SIM)の市場規模

 格安SIMの事業者別シェアは、1位が「OCN モバイル ONE」を提供するNTTコミュニケーションズの23.2%(94.1万回線)だった。2位以降は「IIJmio SIM」「BIC SIM」を提供するIIJ(インターネットイニシアティブ)の17.7%(71.9万回線)、「U-mobile」を提供するU-NEXTの7.3%(29.7万回線)、「BIGLOBE LTE・3G」を提供するビッグローブの6.3%(25.5 万回線)が続く。

Photo

 同社は今後も個人向け需要を中心として市場が拡大し、2016年3月末には510万回線、2017年3月末までには770万回線に成長すると予測している。

Photo

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

契約数 | MVNO | 格安SIMカード | MM総研 | 市場規模


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.