ニュース
» 2016年03月28日 06時00分 UPDATE

唯一の“新色”――写真で見る「iPhone SE」のローズゴールド

「iPhone SE」のデザインは「iPhone 5s」とほぼ同じだが、5sにない本体色として「ローズゴールド」が追加された。5sから大きく性能が上がったSEだが、見た目にも新しさが欲しければ、この“新色”を選びたい。

[編集部、神尾寿(撮影:矢野渉),ITmedia]

 3月31日に発売される、Appleの最新スマートフォン「iPhone SE」。最近では珍しい4型ディスプレイを搭載した小型モデルだが、デザインは2013年に発売された「iPhone 5s」を踏襲している。そんな中で注目したいのが、5sで採用されていない「ローズゴールド」だ。ゴールド、シルバー、スペースグレイはSEと5sどちらも採用されているが、ローズゴールドは4型のiPhoneではSEのみの色だ。

 今回、iPhone SEの実機を事前に触れる機会を得たので、まずは外観を写真で紹介していきたい。

iPhone SEのローズゴールド
iPhone SEのローズゴールド 4型ディスプレイを搭載した「iPhone SE」のローズゴールド。背面には「SE」の文字がある
iPhone SEのローズゴールド パッケージにも「SE」の文字が
iPhone SEのローズゴールド おなじみの付属品

 iPhone SEのサイズは58.6(幅)×123.8(高さ)×7.6(奥行き)ミリ、重量は113グラム。サイズは5sと全く同じで、1グラム重くなったのみ。カメラや側面のパーツも両モデルは同じなので、5s用のケースはSEでも使えると考えていいだろう。

iPhone SEのローズゴールド
iPhone SEのローズゴールド
iPhone SEのローズゴールド
iPhone SEのローズゴールド iPhone 5sのシルバーと比較。マナースイッチ、ボリュームキー、SIMスロット、電源キー、イヤフォンジャック、スピーカー、Lightningケーブルなど、側面のパーツは全く同じだ

 側面から背面にかけてアルミニウムで覆われており、アンテナの感度を確保するために背面の上下端が白い樹脂で覆われているのも5sと同じだ。SEで処理を変えたのが、側面の面取りした部分だ。5sではここは光沢処理がなされていてキラキラと輝いていたが、SEではマットな処理に変更されており、5sよりも落ち着いた仕上がりとなっている。

iPhone SEのローズゴールド 斜めにカットしたエッジはマットな処理に変更

 iPhone 6sとiPhone 6s Plusのローズゴールドを並べて見比べると、SEの方がやや明るく、「小豆色」に近い印象を受けた。とはいえガーリーというほどではなく、大人の男性が持ってもそれほど違和感はなさそうだ。

iPhone SEのローズゴールド 左からiPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plusのローズゴールド
iPhone SEのローズゴールド 画面は最大輝度にしているが、SEの方が6s/6s Plusと比べてやや暗い

 2年半前に発売されたモデルとほぼ同じデザインではあるが、今見ても色あせていないと感じるのは、当時からデザインの完成度が高かったことをうかがわせる。CPUやカメラなど、性能は5sから大きくパワーアップしているSEだが、「見た目にも新しさが欲しい」という人は、ローズゴールドを選ぶのがいいだろう。

iPhone SEのローズゴールド 5sと同じく第1世代の「Touch ID」を搭載
iPhone SEのローズゴールド 1200万画素のアウトカメラは6s相当。その横にTrue Toneフラッシュを備える
iPhone SEのローズゴールド 片手で握りやすいだけでなく、操作もたやすく行える
iPhone SEのローズゴールド
iPhone SEのローズゴールド Apple純正のレザーケース。価格は4500円(税別)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.