ニュース
» 2016年04月15日 11時00分 UPDATE

地震を受けて:SSIDは「00000JAPAN」――携帯電話3社、熊本県などの公衆Wi-Fiスポットを無料開放

NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクは、自社が運営する熊本県内の公衆無線LAN(Wi-Fi)スポットの無料開放を開始した。Wi-Fiサービスの契約の有無を問わず、SSID「00000JAPAN」に接続することで、手持ちのスマートフォン・タブレットやPCでインターネット通信ができる。

[井上翔,ITmedia]

 NTTドコモ・KDDI・ソフトバンクは、4月14日に発生した熊本県内を震源とする地震に伴い、同社が運営する公衆無線LAN(Wi-Fi)サービス用のアクセスポイントの無料開放を開始した。開放するアクセスポイントのSSID(名前)は各社共通で「00000JAPAN」となる。公衆無線LANサービスの契約は不要で、誰でも手持ちのWi-Fi機器でインターネット通信を利用できる。

このステッカーのあるところを目印に これらのステッカーがあり、かつ「00000JAPAN」のアクセスポイントがある場所が対象

 記事掲載時(4月15日11時)現在、各社が公表している無料開放の対象アクセスポイント(スポット)は以下の通りとなる。各社ともに対象スポットを順次拡大する予定で、KDDIとソフトバンクでは九州地方全域に広げるとしている。

 今回の各社の取り組みは、無線LANビジネス推進連絡会が定めた「大規模災害時における公衆無線LANの無料開放に関するガイドライン」にもとづくもので、共通SSIDである「00000JAPAN」も、このガイドラインで定められたものとなる。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう