ニュース
» 2016年05月26日 06時00分 UPDATE

SIM通:格安SIMの契約プランは3GB、使用量は1GB未満が最多に

MMD研究所が発表した調査結果によると、スマホ利用者のデータ通信の契約プランは、4キャリア利用者は「5GBプラン」、格安SIM利用者は「3GBプラン」が最多となった。また、格安SIM利用者のほうが、データ通信量の節約意識が高いことがわかった。

[SIM通]
SIM通

 MMD研究所は5月9日、スマホ利用者を対象とした月間のデータ通信契約プランおよびデータ通信使用量などに関する調査結果を発表しました。

イメージ

 4キャリア利用者551人と格安SIM利用者546人の計1,097人を対象に、月間データ通信の契約プランについて調査したところ、4キャリア利用者では「5GBプラン」が17.8%で最多となり、格安SIM利用者では「3GBプラン」が31.9%で最多となりました。また、契約している通信プランがわからないと回答した人は、格安SIMの利用者では5.9%だったのに対し、4キャリアの利用者では20.1%となりました。

契約している月間プラン
実際に利用している月間の通信量

 実際に使用している月間のデータ通信量については、4キャリア利用者では「わからない」が18.7%で最多となり、格安SIM利用者では「1GB未満」が19.2%で最多となったとのこと。

スマートフォンのデータ通信節約意識

 また、スマホのデータ通信量の節約意識については、4キャリア利用者では「かなり意識している」が20.3%、「やや意識している」が33.0%と、計53.3%の利用者が節約意識を持っている結果となりました。これに対して、格安SIM利用者では「かなり意識している」が28.9%、「やや意識している」が36.3%と、計65.2%となり、格安SIM利用者のほうが10ポイント以上高く節約意識を持っているとの結果になりました。

MMD研究所

(文:SIM通編集部)

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

Copyright:(C) 2017 NTT Resonant Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう