ニュース
» 2016年08月23日 12時55分 公開

ASUS、「ZenFone Max」をAndroid 6.0にバージョンアップ

5000mAhの大容量バッテリーを備える「ZenFone Max」のOSが、Android 6.0にバージョンアップする。同OSの新機能が使えるようになるが、バージョンアップによって使えなくなる機能もあるので注意しよう。

[井上翔,ITmedia]

 ASUS JAPANは8月23日、Androidスマートフォン「ZenFone Max(ZC550KL)」をAndroid 6.0にバージョンアップすることを発表した。8月24日12時から、バージョンアップ用のデータを順次配信する。バージョンアップ後のビルド番号は「JP_13.8.26.43_20160803」となる。

ZenFone Max(ZC550KL) ZenFone Max(ZC550KL)

バージョンアップの概要と注意事項

 OSバージョンアップを適用すると、表示中の画面に関連する情報をすぐに検索できる「Now on Tap」機能、より深い端末スリープが可能になる「Dozeモード」、利用頻度の低いアプリの電力消費を制限する「App Standby」、利用する機能の権限をアプリ実行中に決められる仕様変更など、Android 6.0で追加・変更された機能を利用できる。

 バージョンアップに当たって、保存しているデータは全て保持されるが、念のために重要なデータはバックアップをしておくことをお勧めする。ただし、バージョンアップに当たっては以下の点に注意する必要がある。

マルチユーザー機能

 Android 5.0を搭載するZenFone Maxは、複数のアカウント(ユーザー)で1つの端末を利用できる「マルチユーザー機能」に対応している。しかし、マルチユーザー機能を利用していない状態でOSバージョンアップを実行すると、バージョンアップ後にマルチユーザー機能を使えなくなる。

 Android 6.0でもマルチユーザー機能を利用する予定がある場合は、面倒でもマルチアカウントを有効にした状態にしてからOSバージョンアップを実行するようにしよう。

一部プリインストールアプリの削除

 ZenFone MaxにOSバージョンアップを適用すると、以下のプリインストールアプリが自動的に削除される。ただし、一部の削除対象アプリについては、「ZenUI アプリの更新」から再インストールが可能となっている。

  • アプリのバックアップ
  • カレンダー
  • メッセージ
  • メール
  • 音楽

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

ZenFone Max | Android | Android 6.0 Marshmallow | ASUS


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう