ニュース
» 2016年10月12日 21時03分 UPDATE

防水・耐衝撃性を確保、大容量バッテリーを搭載した衛星電話「501TH」

ソフトバンクが、衛星携帯電話「501TH」を2017年1月中旬以降に発売する。IP55の防水・防塵(じん)とIK05の耐衝撃性能に対応。3000mAhの大容量バッテリーを搭載する。

[田中聡,ITmedia]

 ソフトバンクが、衛星携帯電話「501TH」を2017年1月中旬以降に発売する。2013年1月に発売した「201TH」の後継モデルとなる。本体カラーはブラック1色。

501th 衛星携帯電話「501TH」

 法人、理法公共団体、病院、漁協、船舶従事者、登山家、冒険家などを主なターゲットにしており、災害時や海外、山、海など、一般の携帯電話では圏外になるような場所でも衛星回線経由で通信ができる。アラブ首長国連邦のThuraya Telecommunications(スラヤ)が提供する通信設備を利用しており、端末もスラヤが開発・製造した。

501th

 幅53mm、重さ約212gの小型軽量ボディーを特徴としており、IP55の防水・防塵(じん)とIK05の耐衝撃性能も確保した。ディスプレイサイズは2.4型で解像度はQVGA(240×320ピクセル)。カメラは搭載していない。

 緊急時に、あらかじめ指定した番号へ電話の発信やSMSの送信ができるSOSボタンを搭載。ボリュームキーも搭載してスピーカーフォンも可能になった。イヤフォンジャックは201THの2.5mmから汎用(はんよう)的な3.5mmに変更し、充電端子も201THの専用端子からMicro USBに変更した。

 緊急機関(警察、海上保安庁、東京都の消防・救急)への発信も可能だが、1020、0800で始まる番号には発信できない。SMSの送信は日本語に対応している。通信速度は下り最大60kbps、上り最大15kbps。

 バッテリー容量は201THの2520mAhから3000mAhにアップし、国内の衛星携帯電話では最長となる約9時間の連続通話時間を実現。連続待受時間は約100時間。

501th
501th
501th 側面にSOSボタンがある
501th バッテリーを取り外したところ
「501TH」の主な仕様
機種名 501TH
メーカー Thuraya Telecommunications
ディスプレイ 約2.4型QVGA
解像度 240×320ピクセル
連続通話時間 約540分
連続待受時間 約100時間
バッテリー容量 3000mAh
カメラ
ボディーカラー ブラック
サイズ 約53(幅)×128(高さ)×27(奥行き)mm
重量 約212g

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう