ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「海上保安庁」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「海上保安庁」に関する情報が集まったページです。

ネット印刷で広がる「フリーペーパー」 灯台・縄文・歓楽街……個性光る紙の妙
印刷物を無料で配布するフリーペーパーやフリーマガジン。自治体や企業のイメージアップを図る媒体というイメージがあるが、個人で制作するケースも増えている。ネット印刷が普及し、安く印刷できるようになったためで、制作者のこだわりが詰まっているのが魅力だ。(2019/10/8)

千葉県沖に船舶型基地局、KDDIが導入 沿岸部の通信障害を解消
KDDIが、台風15号の影響により復旧が遅れている千葉県沿岸部で携帯電話サービスを提供するため、館山市沿岸に電話基地局を積んだ船を停泊させている。(2019/9/17)

夏休みに入る前に 海水浴場での「フロート事故」に注意
風が強い日は控えましょう。(2019/7/17)

海でも「渋滞」は起きるのか?
そんな光景見たことない。(2019/5/24)

Tカード、「個人情報を令状なしで警察に提供」に批判 個人情報保護委員会に問題ないか聞いてみた
個人情報保護法を所管する国の機関に聞いてみました。(2019/1/24)

「最高の親孝行ですね」 篠田麻里子、父親が勤める海上保安庁のイメージモデルに就任で制服姿を披露
2018年にはテレビ番組で親子初共演を果たしていました。(2019/1/18)

「開始3日目で後悔」「性欲はなぜか収まる」 富士山の山小屋でバイトした人の体験談がガチで面白かった
「そこを乗り越えると楽しくなってくる」(2018/12/22)

「飛行機大好き! 見たい! 撮りたい! 触りたい!」 フライト前に寄れる、成田空港「航空科学博物館」へ行ってみた
飛行機をバシバシ撮りたくなる、触れて体験できるワクワク博物館。(2018/9/28)

PR:海難救助のプロが認めた潜水カエル——G-SHOCK「フロッグマン」25年間の軌跡
1993年の「DW-6300」に始まるG-SHOCK「フロッグマン」。電波ソーラーへの進化や独自の水深センサー開発など多くの変革をへて海難救助のプロ御用達になった。その歴史を振り返る(2018/9/25)

関西空港、海上に孤立 台風21号で滑走路が冠水、連絡橋はタンカー追突で分断され復旧めど立たず
台風21号の影響で大きな被害が出ています。(2018/9/4)

海で使うIT:
命を救うためのデバイス 個人で使える遭難信号自動発信器「PLB」とは
海外では山でも使えるPLBが日本ではなぜ海限定なのか。その理由も明らかに。(2018/8/3)

119番じゃなくて、「113」に電話するとどうなるか知ってる? 困ったときに役立つ「3けたの電話番号」
緊急時向けの番号だけでも、頭に入れておくと良さそう。(2018/7/4)

夏期に多く発生する「水の事故」について消費者庁が注意喚起 もし流された時の対処法は「浮いて待て!」
子どもたちが外で元気に遊び出す季節は事故にも気をつけましょう。(2018/5/19)

勝手に連載!「海で使うIT」:
艇載ドローンで落水者を救え! ボートショー2018レポート
ボートショー2018の目玉展示をレポート(2018/3/14)

「もしも」に備えて覚えておきたい iPhone「緊急SOS」の使い方
目の前がくらくらする、手元を見る余裕がない、などなど、110番や119番に連絡したいときにはダイヤルするのもままならないことがあります。そんなときのために、iOS11から「緊急SOS」という機能が追加されました。(2017/12/16)

スピン経済の歩き方:
「読売新聞読んで」発言への抗議が、不毛なワケ
安倍首相が「自民党総裁としての考え方は相当詳しく読売新聞に書いてある。ぜひそれを熟読していただいてもいい」と発言して大騒ぎになった。ネット上で「さすがにこれはひどい」といった声が出ているが、筆者の窪田氏はこの問題をどのように見ているのか。目くそ鼻くそを笑う、低次元の不毛な争いで……。(2017/5/16)

MVNOの深イイ話:
電話番号からIMEIまで 携帯電話網で使われるさまざまな「ID」
携帯電話には多くの「番号」が存在します。今回は、携帯電話で使われるさまざまなID(識別番号)を紹介し、それらのIDがどのような意味を持つかご説明します。(2017/4/7)

1月18日は「118番の日」――海上保安庁が周知呼びかけ 現状では99%が間違い電話など
118番にかかってくる電話の約99%が、間違い電話などなのだとか。(2017/1/18)

スピン経済の歩き方:
反対運動の日当は、なぜ「2万円」だったのか
TOKYO MXの『ニュース女子』が沖縄・高江のヘリパッド移設問題を取り上げ、「反対派は弁当付きで、日当が支払われている」と報じた。日当は「2万円」というが、本当にそれほどの金額が支払われていたのだろうか。筆者の窪田氏が注目したことは……。(2017/1/17)

ソフトバンク、コンパクトな衛星電話「501TH」1月16日に発売
ソフトバンクは、衛星携帯電話「501TH」を1月16日に発売する。IP55の防水・防塵(じん)とIK05の耐衝撃性能を備え、約9時間の連続通話時間を実現している。(2017/1/10)

スピン経済の歩き方:
なぜ大阪府警の機動隊は「土人」などと暴言を吐いたのか
沖縄のヘリコプター離着陸帯(ヘリパッド)移設工事を巡って、現場を警備する大阪府警の機動隊員が「暴言」を吐いた。反対運動をしている人に「どこつかんどんじゃ、ぼけ。土人が」などと発言したわけだが、なぜ彼らはこのような暴言を吐いたのか。その理由を探ってみると……。(2016/10/25)

防水・耐衝撃性を確保、大容量バッテリーを搭載した衛星電話「501TH」
ソフトバンクが、衛星携帯電話「501TH」を2017年1月中旬以降に発売する。IP55の防水・防塵(じん)とIK05の耐衝撃性能に対応。3000mAhの大容量バッテリーを搭載する。(2016/10/12)

国内通話料金が当面無料:
楽天モバイル、SMS付きデータSIMに「050番号」を付与 料金据え置きで音声通話にも対応
楽天モバイルが、SMS付きデータSIMをリニューアルし、IP電話を使った音声通話に対応する。通話時に必ず050番号を通知できることが大きな強みだ。(2016/9/1)

1日で約3万円!? シン・ゴジラに登場するオペレーションルームのレンタル料金、爆安な理由と条件を聞いた
ちょっとオペレーションルーム借りてくる。(2016/8/2)

「EZwebは?」「沖縄セルラーは?」「Windows 10 Mobileスマホは?」――KDDI株主総会で出た質問と回答をまとめてみた
株主総会といえば、株主からの質問も大きな注目要素だ。そこで、KDDIの第32期(2015年度)定時株主総会で株主から寄せられた主要な質問とその回答をまとめてみた。(2016/6/22)

ドコモがIoTでカキの養殖 “海の見える化”で水産業はどう変わる?
2011年の震災後、今まで頼りにしていた経験や勘が通用しなくなったという東松島市のカキの養殖業者たち。「海の見える化」が早急に求められていた。そこで立ちあがったのが、NTTドコモである。同社はIoTによってカキの養殖を、水産業をどのように変えようとしているのか。(2016/5/24)

自然エネルギー:
潮流発電の実用化へ前進、新潟・粟島沖で流速を確認
新潟県は国の海洋再生可能エネルギーの実証フィールドになっている粟島の沖合で、2015年7月〜12月の5カ月間に流況調査を実施した。計測したデータを分析した結果、夏に速い海流があることを確認した。実用化に向けて遅い流速でも安定して発電できる装置の開発を進めて実証試験に取り組む。(2016/2/15)

西之島、火山活動が低下か 新たな溶岩流は確認できず
火山活動は収まってきているとみられます。(2015/12/26)

なんだこのクッキリ具合!? 根室に現れた蜃気楼がちゃんと見えすぎて船が宙に浮いているかのよう
このまま空高く飛んでいきそう。(2015/11/18)

85年前に作った秋葉原の船着場って使えるの?:
羽田から船に乗ってアキバについた話
“うんううう”のトラベル“んんっん”ではないのに、なぜか船旅記事。しかし、そこはPC USERだからして、ご招待ではなく自腹でリポートするのであった。(2015/9/28)

すくすく:
西之島の火山活動に変化の兆し? 新たな火口から噴火始まる
放出経路が何らの理由で変化。これまでの火口からの活動は止まっている。(2015/7/7)

R25スマホ情報局:
「171」「118」etc.…知っておきたい電話番号
事件、事故など、緊急時にかける特別な電話番号。「110番」や「119番」だけじゃないんです。いざという時に役に立つ、特別な電話番号をまとめてみました。(2015/6/30)

ドコモとKDDI、海上保安庁との「災害時相互協力協定」を締結
NTTドコモとKDDIは、大規模災害時の迅速な復旧活動を目的とした「災害時における通信の確保のための相互協力に関する協定」を海上保安庁と締結した。(2015/3/9)

尖閣諸島沖で武力衝突……3人の軍事専門家が完全シミュレーション
緊張関係が続く日本の領土をめぐる国際関係。3人の軍事専門家がシミュレーションを行った書籍を紹介します。(2014/8/12)

海の男がマジで使う:
頼れる“航海機器”か? 船乗りのためのG-SHOCK「GULFMASTER」を船乗りが着けてみた
“海の男”を対象にした海洋コンセプトのG-SHOCK「GULFMASTER」。釣りでもダイビングでもなく、船乗り向けと聞いて、真っ先に顔が思い浮かんだのは「船乗り編集者・キャプテン ナガハマ」。そこで今回は、海の男による船乗り向けG-SHOCKのレビューをお送りします!(2014/7/25)

伊吹太歩の時事日想:
世界中から“同情”されるベトナム、でも結局中国には「勝てない」
南シナ海の権益をめぐる争いで、ベトナム国内では反中デモが起きるなど、対中国の警戒が高まっている。世界各国が中国に自制を呼びかけるなど、ベトナムを支持する動きはあるものの、結局はベトナムは中国に“負けて”しまうだろう。(2014/5/22)

藤田正美の時事日想:
中国はどこまでベトナムと争うのか――米国、日本も他人事ではない理由
中国とベトナムが南シナ海の権益をめぐって争っている。ASEAN首脳会議でも自制を求める宣言が採択されたが、中国はこれを無視する方針だ。このまま中国が南シナ海の覇権を奪取すれば、次は尖閣諸島に手を伸ばすだろう。(2014/5/14)

海上に携帯基地局、復旧を迅速化 KDDIと海保が実験
災害時を想定し、海上の船舶に携帯電話基地局を開設する実証実験をKDDIと海保が行う。(2014/5/13)

窪田順生の時事日想:
「セウォル号事故」で韓国が日本の支援を断ったのは「反日」だからではない
「セウォル号」沈没事故で、韓国政府が日本からの支援を断った。誰がみても「支援を受けたほうがよかった」状況なのに、なぜ韓国政府は受け入れなかったのか。それは「反日だから」という理由ではなく……。(2014/4/22)

勝手に連載! 海で使うIT:
iPhone 5s“洋上”接続テスト──東京湾〜相模湾編
「海ならドコモ」は今でも通用するのか?(2014/4/16)

TCAと携帯5社、緊急時に救助機関へ位置情報を提供――3月24日から順次
TCAと携帯キャリア各社は、緊急時に携帯電話利用者の位置情報を取得し、その情報を救助機関に提供すると発表した。3月24日以降順次実施する。(2014/3/11)

成長続ける「新島」、西之島とついに合体 → スヌーピーっぽいと話題に
完全に一致。(2013/12/26)

成長ヤバい:
小笠原諸島の噴火でできた「新島」 国土地理院が立体地図を公開中
すくすく育っている。(2013/12/24)

爆速:
火山活動で誕生した新しい島ならもうYahoo!地図に掲載されてるよ
このへんか。(2013/11/23)

小笠原にできた新しい島、「Yahoo!地図」に“爆速”掲載
海底火山の噴火によって小笠原諸島に誕生した新島のおおよその位置が、“爆速”で「Yahoo!地図」に掲載された。(2013/11/22)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/10/7)

ソフトバンクモバイル、衛星電話で「110」「119」「118」利用可能に
ソフトバンクモバイルは、同社が提供するスラヤ衛星電話で、日本の警察、消防と救急、海上保安庁の緊急短縮ダイヤルが発信可能になったと発表した。(2013/8/27)

KDDIが音声試験を実施:
総務省が“災害対策に有効”と判断した「船上基地局」とは
ドコモとKDDIが参加した広島県呉市での「携帯電話基地局の船上開設に向けた実地試験」。結果を検証した総務省中国総合通信局はこのほど、“船上基地局は災害対策に有効”と報告した。(2013/3/27)

日本列島エネルギー改造計画(42)長崎:
島に分散する風力発電所、日本で初めて海にも浮かぶ
九州の一番西側にある長崎県は島の数が971もあって日本で最多。海岸線の長さは北海道に次いで第2位である。風力発電には絶好の立地で、すでに10か所以上で大型の風車を使った発電設備が稼働している。将来に向けて日本初の浮体式による洋上風力発電プロジェクトも進行中だ。(2013/3/7)

KDDIが“トライブリッド基地局”を公開、基地局バッテリーの24時間化も進める
KDDIが運用しているトライブリッド基地局は、商用電源に加え、太陽光発電と蓄電池を用いるので、消費電力を抑えられる。2013年3月末で100箇所に設置される予定。停電時に用いる基地局バッテリーの24時間化も進め、災害時に備える構えだ。(2013/3/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。