ニュース
» 2016年11月23日 06時00分 UPDATE

iPhone 6sで電源が落ちる不具合、ごく少数のモデルで発生

対象となるのは2015年9月から10月に製造されたモデル。該当するシリアル番号かどうかを、アップルストアで調べてもらえる。

[田中聡,ITmedia]

 Appleは、「iPhone 6s」で突然電源が落ちる不具合が発生する場合があることを案内した。対象となるのは、2015年9月から10月にかけて製造された「ごく少数」のモデルだという。

iPhone 6s 「iPhone 6s」

 アップルストアでシリアル番号を調べてもらうことで、不具合に該当するかどうかが分かる。該当する場合、バッテリーを無償で交換してもらう形となる。Appleは、もしiPhone 6sで予期せず電源が落ちることがある場合、アップルストアで調べてもらうよう呼びかけている。

 不具合に該当し、バッテリーを交換する際は、iTunesかiCloudでバックアップを取り、リセットをかける必要がある。画面が割れていてバッテリーの交換が難しい場合、先に画面の修理をする必要がある。

iPhone 6s Appleの告知

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.