ニュース
» 2017年01月05日 15時52分 UPDATE

CES 2017:新たにGPSを搭載――カシオの「Smart Outdoor Watch」第2弾製品が登場

カシオがスマートウォッチの新製品「Smart Outdoor Watch(WSD-F20)」を発表。2016年3月に発売した「WSD-F10」に続く、第2弾の製品。GPSを内蔵しており、スマホと連携せずに位置情報の確認や記録ができる。

[田中聡,ITmedia]

 カシオ計算機が1月5日、アウトドアでの利用を想定したスマートウォッチ「Smart Outdoor Watch」の新製品「WSD-F20」をCES 2017で発表。日本では4月21日に発売する。価格は5万1000円(税別)。カラーはオレンジとブラックの2色展開となる。

WSD-F20 「Smart Outdoor Watch(WSD-F20)」
WSD-F20WSD-F20 オレンジ(写真=左)とブラック(写真=右)

 2016年3月に発売した「WSD-F10」の後継モデルで、新たにGPSを搭載したことが大きな特徴。事前にWSD-F20に地図をダウンロードをしておけば、スマートフォンと連携しなくても現在地を確認できる。また新機能の「ロケーションメモリー」を活用すれば、地図上に文字やマーカーでメモを残せる。例えば、登山中に見つけた美しい景観や釣り場所などを記録しておけば、再訪するときに役立つ。

WSD-F20 地図上にマークを付けられる

 GPS機能を生かした新しいウォッチフェイスとして、GPSと地図機能を象徴するデザインの「ロケーション」と、下部に表示する情報を切り替えられる「トラベラー」も内蔵。このほか、トレッキング用GPSアプリ、天気予報アプリ、波情報アプリを追加でインストールできる。

WSD-F20 左が「ロケーション」、右が「トラベラー」

 WSD-F10から継承したディスプレイのサイズと解像度は1.32型、320×300ピクセルで、カラー液晶とモノクロ液晶の2層構造を採用している。カラー液晶で地図や計測情報、アプリを表示、モノクロ液晶で時刻を常時表示する。バッテリーは通常使用で約1日以上駆動し、時計表示のみなら約1カ月以上持つ。側面には電源ボタンのほか、好きな機能やアプリを割り当てられるTOOLボタンとAPPボタンを搭載。なおリストバンドは交換できない。

WSD-F20 2層構造のディスプレイ

 アウトドアでアクティブに使える仕様は健在。水深50mでも破損しないという5気圧の防水性能や、米国防省が制定した「MIL-STD-810G」(MIL規格)の耐環境性能をサポートする。タッチパネルには新たに防汚コーティングを施し、指紋による汚れが付きにくくなった。

 圧力センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位センサーを内蔵しており、これらを活用してコンパス、気圧・高度、日の出・日の入り時刻、タイドグラフ、活動量をリアルタイムで把握できる「ツール」アプリも用意する。マイクを内蔵しているが音声でのメモや操作をするためのもので、スマホの着信を転送してWSD-F20で通話をすることはできない。

※初出時に「スピーカーを内蔵している」としていましたが、正しくは「マイクを内蔵している」です。おわびして訂正いたします(1/8 13:18)

 OSはAndroid Wear 2.0をプリインストールしており、WSD-F10についても2017年春に2.0にアップデートで対応する予定。連携できるスマートフォンはAndroid 4.3以上、iOS 9以降を搭載したiPhone 5以降のモデル。

Smart Outdoor Watch(WSD-F20)の主な仕様
製品名 Smart Outdoor Watch(WSD-F20)
メーカー カシオ計算機
OS Android Wear 2.0
ディスプレイ 1.32型 2層構造 カラーTFT液晶+モノクロ液晶
解像度 320×300ピクセル
サイズ(幅×高さ×奥行き※ボディー部分) 約57.7×61.7×15.5mm
重量 約92g(バンドを含む)
防水性能 5気圧
耐環境性能 MIL-STD-810G
センサー 圧力(気圧/高度)センサー、加速度センサー、ジャイロセンサー、方位(磁気)センサー
無線 Bluetooth 4.1、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう