ニュース
» 2017年01月17日 19時26分 UPDATE

U-NEXTとヤマダ電機、MVNOの新会社設立――新「YAMADA SIM」販売へ

U-NEXTとヤマダ電機がMVNO事業を行う合弁会社の設立で合意した。両者の強みを生かした新しい「YAMADA SIM」を販売する。

[田中聡,ITmedia]

 U-NEXTは1月17日、ヤマダ電機とMVNO事業を行う合弁会社の設立で合意したことを発表。

 ヤマダ電機は、「YAMADA SIM powered by U-mobile」を店舗で販売し、専用カウンターも設置するなど、格安SIMの販売でU-NEXTとの連携を進めてきた。

U-NEXT、ヤマダ電機 現在提供している「YAMADA SIM powered by U-mobile」

 MVNOの競争が激化する中でさらに顧客を獲得するために、全国に販売網を持つヤマダ電機とU-NEXTがパートナーシップを組むことが最適と判断し、合弁会社の設立に至った。新会社では、U-NEXTが持つ通信サービス運営のノウハウと、ヤマダ電機が持つ販売力を融合させたサービス提供を目指す。社名は「Y.U-mobile株式会社(仮称)」で、2017年1月下旬に設立する予定。

 今後はY.U-mobileがMVNOとなってヤマダ電機で通信サービスを販売するため、U-NEXT広報によると、現YAMADA SIMの販売は終了する見通し。現YAMADA SIMのプランは、1GB〜5GBの定額制、LTE使い放題、2段階制など、U-NEXTが「U-mobile」で提供している既存プランと同一なので、Y.U-mobileならではの新サービス(プラン)に切り替える形となる。

U-NEXT、ヤマダ電機 現YAMADA SIMの料金プランは、U-mobileでも提供されている

 ヤマダ電機では他社のSIMも取り扱っているため、現YAMADA SIMの販売に力を入れにくい面もあったという。しかし合弁会社に出資することで、新YAMADA SIMをより積極的に販売できる環境になったといえる。

 U-mobileは、フリービット、日本通信、IIJがMVNEとなってサービス提供している。こうしたマルチMVNEのノウハウを生かし、Y.U-mobileで展開する新サービスも、これらMVNEの設備を利用する形になるとのこと。

関連キーワード

U-NEXT | ヤマダ電機 | U-mobile | MVNO | MVNE | IIJ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう