ニュース
» 2017年01月26日 11時31分 UPDATE

Google、iPhoneサポートの「Android Wear 2.0」を2月上旬リリースへ

Googleが、「Android Wear 2.0」の開発者向け最終プレビュー版をリリースした。このアップデートで、iOSとの連係が強化された。正式版のリリースは2月上旬の見込みだ。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは1月24日(現地時間)、ウェアラブル端末のOS「Android Wear 2.0」の開発者プレビューの最終版をリリースし、正式版は2月上旬にリリースすると発表した。

 wear 1

 今回のアップデートで注目されるのは、iOS端末のサポートだ。Android Wearは以前からiPhoneとペアリングできたが、さらに、サードパーティー製アプリとの連係にも対応するようになる。

 例えばAndroid Wear搭載スマートウォッチを装着したままランニングやサイクリングをスタートすると、それを検知したスマートウォッチが連係するスマートフォンで関連するアクティビティアプリを自動的に起動する。この機能がiPhoneでも可能になる。

 wear 2 iPhoneとの連係が強化される

 アプリ開発者は、このプレビュー版で開発したアプリをGoogle Playストアで公開できる。

 Googleは昨年の年次開発者会議「Google I/O 2016」でAndroid Wear 2.0の概要を発表し、同年秋にリリースする予定だったが遅れていた。

 正式版リリースの日程はまだ不明だが、Android関連の情報に詳しい米VentureBeatのエヴァン・ブラス記者のツイートによると、2月9日になるという。同氏はこの日、GoogleがLG Electronicsと共に新しいAndroid Wear端末を発表するともツイートしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう