ニュース
» 2017年02月03日 09時39分 UPDATE

iOS版OutlookにEvernoteや翻訳のアドイン機能(Androidにも間もなく)

MicrosoftがiOS版Outlookをアップデートした。このアップデートでMicrosoftの翻訳機能やEvernoteなどのサードパーティー製アプリをOutlookを離れずに利用できるアドイン機能が追加された。まずはOffice 365ユーザーが利用できるようになっており、今後提供範囲を拡大していく。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは2月2日(現地時間)、iOS版Outlookをアップデートし、サードパーティー製を含む多数のアプリのアドイン機能を追加したと発表した。まずはOffice 365ユーザーが利用できるようになっており、今後Outlook.comユーザーにも拡大していく計画。また、Android版にも“間もなく”追加するとしている。

 例えば同社の翻訳サービス「Microsoft Translator」のアドインを有効にすると、ユーザーの基本言語(例えば日本語)以外の言語によるメールは、Outlookを離れずに、数タップで自動翻訳できる。


 Evernoteのアドインでは、メールの内容をEvernoteのノートにできる。GIPHYは、メールの返信にGIPHY上で検索したGIFアニメを追加できる(GIPHYの機能はまだ使えない)。

 アドインを利用するには、まず[設定]→[アドイン]を開き、アドインの一覧で追加したいアプリをタップして選択する。

 outlook 1 アドインの選択

 これで、メッセージを開くとヘッダー部分にアドインのアイコンが表示されるので、これをタップしてアドインの一覧を表示し、このメッセージで使いたいアドインを選ぶ。

 outlook 2 メッセージで表示されるアドインアイコンをタップして使いたいアドインを選ぶ

 アドインは、立ち上げ段階ではまだ、メッセージを読む時しか使えないが、将来的にはメッセージ作成や返信でも使えるようになる見込みだ。

 現在利用できるアドインは上記で紹介したものの他、「Dynamics 365」「Nimble」「Smartsheet」「Trello」など。Microsoftはサードパーティーアプリ開発者に向けて、アドイン作成を呼び掛けている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう