ニュース
» 2017年04月20日 13時31分 UPDATE

IIJmio、月20GB/30GBの大容量データオプション開始 既存プランと組み合わせて利用

IIJが、モバイルサービス「IIJmio」で、月に20GBか30GBの大容量データを追加できるオプションサービスを開始する。既存のプランと組み合わせて利用する。「通話定額オプション」の改定も行う。

[田中聡,ITmedia]

 IIJ(インターネットイニシアティブ)は、個人向けモバイルサービス「IIJmio」にて、月20GBの高速通信ができる「データオプション20GB」と、月30GBの高速通信ができる「データオプション30GB」を6月1日に追加する。

 データオプション20GB/30GBは、高速データ通信が可能な「バンドルクーポン」に追加できるオプションサービス。料金は、データオプション20GBが月額3100円(税別、以下同)、データオプション30GBが月額5000円。

 データSIMの場合、例えば月3GBの高速通信ができる「ミニマムスタートプラン」にデータオプション20GBを追加すれば、トータル月額4000円で23GBの高速データ通信が可能になる。他に月6GBの「ライトスタートプラン」、月10GBの「ファミリーシェアプラン」もあるので、組み合わせ次第で23GB、26GB、30GB、33GB、36GB、40GBの高速データ通信量を確保できる。

 さらに、データオプション20GB/30GBは、1契約につき1つずつ契約できるため、最大50GBの高速データ通信量を追加することもできる。

 余ったデータ量は翌月末まで繰り越せるほか、複数のSIMカードで高速データ通信量をシェアできる。

データオプション20GB

 他のMVNOは基本プランで20GB以上の大容量プランを提供している。例えば他社の20GBプランと、ミニマムスタートプラン+データオプション20GB(いずれもデータSIM)の料金を比べると、現時点で最安のDMM mobile(月額3980円)よりIIJmioが20円高いが、3GBを余分に使えるので、他社と比べてもお得な料金設計といえる。他社の30GBプランもデータSIMで月額6000円を超えるところがほとんどなので、ミニマムスタートプランとの組み合わせ(月額5900円で33GB)なら、他社より安くなることが多い。

 データオプション20GB/30GBの提供を記念して、キャンペーンサイトから申し込んだ人を対象に、1契約につき3GBの高速データ通信量をプレゼントする。キャンペーン期間は5月1日から31日まで。

データオプション20GB

「通話定額オプション」を改定

 「みおふぉんダイアル」利用時に、月額830円で誰とでも5分、家族と30分以内の通話が何回でもかけ放題になる「通話定額オプション」を5月1日に改定する。「誰とでも5分」を「誰とでも10分」に拡大。「家族と30分」は変わらない。もう1つの、月額600円で誰とでも3分 家族と10分かけ放題になるサービスも変わらない。

 5月1日から6月30日までに通話定額オプションを申し込むと、1カ月のオプション利用料を無料にするキャンペーを実施する。

基本情報から価格比較まで――格安SIMの情報はここでチェック!→「SIM LABO

格安SIM、SIMロックフリースマホのすべてが分かる

関連キーワード

IIJ | 音声定額 | IIJmio | SIMカード


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

あなたにオススメの記事

- PR -

CADで設計した3Dデータを、そのままUnityへ―「Unity CAD Importer」

ホワイトハッカーが厳しくチェックした結果……“Simeji 裏話”

こんなアイテムが欲しかった!ゲームPCとユニーク小物が盛りだくさん