ニュース
» 2017年06月21日 13時29分 UPDATE

孫社長「訪日外国人向けの無料Wi-Fiはなくすべき」

[田中聡,ITmedia]
ソフトバンクWi-Fi ソフトバンクグループの孫正義社長

 「2020年の東京オリンピックに向けて、ぜひ訪日外国人向けの無料Wi-Fiスポットを充実させてほしい」

 6月21日のソフトバンクグループ株主総会で挙がった株主からの質問に対して、孫正義社長の答えは「やりましょう」でも「検討しましょう」でもなく、「無料Wi-Fiのサービスは、むしろなくすべきだと思っている」だった。

 「オリンピックのたびに、無料Wi-Fiではさまざまな被害が起きている。具体的にはセキュリティの問題。Wi-Fiスポットのセキュリティの穴を突いた被害が大量に発生している。無料Wi-Fiよりも、世界中の携帯事業者とデータローミングをする方がいい。例えばアンリミテッドな(無制限の)ローミングなど。日本のLTEは世界で最も優れたカバー率と容量を持っているし、(ローミングの方が)セキュリティを保てて手間も掛からない。Wi-Fiスポットがいいというなら、別途セキュリティの問題を解決できるか検討したい」(孫氏)

 ソフトバンクは、2016年から訪日外国人向けのプリペイドSIMカード「Prepaid SIM for Travel」も販売しており、31日間で1GBのデータ通信ができる。ローミングに加え、こうしたプリペイドSIMサービスも、2020年に向けてさらに拡充されそうだ。

ソフトバンクWi-Fi 訪日外国人向け「Prepaid SIM for Travel」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう