ニュース
» 2017年07月20日 19時25分 UPDATE

幻の「SUPER INFOBAR」「G13」「talby 2」に出会える――「au Design project」15周年記念展覧会で

2017年に15周年を迎えた「au Design Project」。それを記念した展覧会が東京・丸の内で開催される。歴代のDesign Project・iida端末に加えて、世には出なかった“お蔵入り”端末のコンセプトモデルが展示される。

[井上翔,ITmedia]

 KDDIは7月21日から31日まで、GOOD DESIGN Marunouchi(東京都千代田区)で「ケータイの形態学 展」を開催する。オープン時間は毎日11時から20時まで(31日のみ17時まで)となる。

 この展覧会は「au Design project」の15周年を記念して行うもので、同プロジェクトやその後身に当たる「iida」のプロダクトデザインを約70点と、量産(製品化)されたモデルに関するビジュアルデザインを展示する。

INFOBAR 会場に展示された「INFOBAR」。au Design Projectとして初めて製品化された記念すべきモデルだ

 プロダクトデザインの展示には、コンセプト段階のモックアップ(模型)も含まれる。中には「SUPER INFOBAR」「G13」「talby 2」など、製品化に至らなかった“お蔵入り”機種のモックアップもある。

最初期のコンセプト au Design projectの“原点”となったプロトタイプ。2001年2月に作成されたという
info.bar 冒頭に掲載したINFOBARは「info.bar」というコンセプトモデル(写真)をもとに開発された
SUPER INFOBAR au初のAndroidスマートフォンとして2008年に企画された「SUPER INFOBAR」。QWERTYキーを搭載するなど玄人好みな仕様も盛り込んでいたが、当時のソフトウェアやハードウェアの都合から「幻」に
G13 2009年にiidaブランドで発売された「G11」のスマートフォン版として、2013年の商品化を目指していた「G13」。東日本大震災直後の2011年6月に企画が始まったものの、環境の変化によって「幻」となった
talby 2 2004年に発売した「talby」のスマホ版として、G13と同時期に企画された「talby 2」。G13と同様に環境の変化によって「幻」に
INFOBAR family Androidを搭載したINFOBARとして、2010年に企画された「INFOBAR family」。これらのうち、フルタッチスマホの「INFOBAR SUPER」は「INFOBAR A01」、テンキー付きスマホの「INFOBAR 3」は「INFOBAR C01」としてそれぞれ製品化につながった
Fx0 国内キャリアから唯一発売されたFirefox OSスマホ「Fx0 LGL25」のコンセプトモックアップも展示されている

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう