ニュース
» 2017年07月25日 16時00分 UPDATE

外出先から戸締まりを確認できる「leafee Premium」先行公開版がリリース

Stroboは、外出先から家の戸締まりを確認できるサービス「leafee Premium」の先行公開版をリリースした。IoT開閉センサー「leafee mag」を利用し、戸締まりや家電器具の消し忘れをアプリで一括チェックすることができる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 Stroboは、7月25日にスマートホームセキュリティサービス「leafee Premium」の先行公開版をリリースした。

Photo スマートホームセキュリティサービス「leafee Premium」

 同社はBluetoothでスマートフォンと連動する小型・薄型設計のIoT開閉センサー「leafee mag」と、専用のゲートウェイ端末「leafee hub」を開発。窓やエアコン・冷蔵庫などの家電にleafee magを取りつけることで、戸締まりや家電器具の消し忘れをアプリで一括確認できるようになった。

Photo 「leafee mag」の取り付けイメージ

 LINEアプリとも連携し、センサーの開閉を検知した際にはLINEに通知。開閉の履歴をLINEのチャット画面で確認できるほか、Botとの会話やメニューボタンでも戸締りをチェックできる。LINEグループを作成し、leafee Botと家族を追加すれば、アプリをインストールしていない家族もセンサーの状態を確認可能だ。

Photo LINEアプリとの連携イメージ

 先行公開版での初期費用は、leafee magが1980円/個(税別、以下同)、leafee hub1台のレンタル料が5980円。leafeeクラウドのサービス利用料金が月額980円で、Bluetoothの接続範囲内のみ利用可能なフリープランも提供する。現在はiOS向けのみとなり、今後はAndroidにも対応する予定。通知機能の強化や、leafeeアプリ上での開閉履歴の確認機能も追加していく。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう