ニュース
» 2017年08月15日 11時38分 UPDATE

Samsung、広告ブロック可能な独自Webブラウザのβ版をAndroid 5.0以降の端末に開放

Samsungが、これまで自社製Android端末にプリインストールしてきた独自ブラウザのβ版「Samsung Internet Browser Beta」をGoogle Playストアで公開した。Android 5.0以降のすべての端末をサポートするとしている。広告ブロック機能やハイコントラストモードなどが使える。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは8月9日、独自のモバイルWebブラウザアプリのβ版、「Samsung Internet Browser Beta」をAndroid 5.0(コードネーム:Lollipop)以降のすべてのAndroid端末で利用可能にしたと発表した。Google Playストアからダウンロードできる。

 samsung 1

 正式版の「Samsung Internet Browser」と並行提供。正式版はSamsung製端末と一部の端末(Googleのオリジナル端末)でのみ利用可能だ。

 Samsung Internet Browser Betaは、米Googleのオープンソースのブラウザエンジン「Chromium」ベースのブラウザ。広告ブロック機能や360度動画のサポートなどが特徴だ。バージョン6.2になり、ナイトモード、ハイコントラストモードなどが追加された。

 samsung 2 広告ブロック機能(左)、ハイコントラストモード(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう