ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告ブロック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「広告ブロック」に関する情報が集まったページです。

YouTubeに出てくる日本特有の違反広告55万件を掲載前に削除、約1年半で 「性的に思わせぶりな表現」など
Google Japanは、「YouTube」で表示される広告に関し、日本特有の「性的に思わせぶりな表現」や誇大広告、薬機法違反などのポリシーに反するものについて、2020年6月以降55万件を削除したと発表した。(2021/10/6)

OperaブラウザのAndroid版がChromebook対応
OperaがOperaブラウザのAndroid版をChromebookに最適化した。無料VPNや広告ブロック機能など、Operaの機能を利用できる。(2021/7/5)

Twitter、有料サービス立ち上げに向け広告非表示ツールのScrollを買収
サブスクサービスを構想中のTwitterが、広告を表示せずにメディアの記事を読めるようにするサービスを手掛けるScrollを買収する。1月に買収したRevueとともに、サブスクサービスの機能にする計画だ。(2021/5/5)

App Town ユーティリティ:
「Lunascape」がiOS標準ブラウザとして設定可能に
G.U.Labsのモバイル向けブラウザ「Lunascape」が、4月5日配信のVer11.3.0以降でiOS/iPadOSのデフォルトブラウザとして設定可能となった。(2021/4/5)

その広告ブロッカーは本当に広告をブロックしている? Kasperskyが警告
Kaspersky Labが広告ブロッカーアプリに偽装したマルウェアによる攻撃キャンペーンを発見した。一見すると人気のある広告ブロッカーのように見えるが、実行するとシステムのDNSサーバ設定が変更され、仮想通貨のマイニングに使われてしまうようだ。(2021/3/11)

Webサイトのデータ転送量のうち平均44%は「広告」
「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」は?(2020/11/9)

今日のリサーチ:
主要Webサイトのデータ転送量、平均4割は広告――角川アスキー総合研究所調査
角川アスキー総合研究所が実施した「スマホでのコンテンツ視聴に占める広告の比率調査」の結果です。(2020/11/9)

Facebook、陰謀論のQAnon関連グループを790削除、Instagramアカウント1万件を制限
Facebookが、コミュニティ規定の対象を拡大し、QAnonの関連グループやページを大量に削除し、Instagramアカウントを制限したと発表した。(2020/8/20)

仮想通貨はネット広告を変えるか? Webを見るだけで仮想通貨をもらえるブラウザ Brave
Webブラウザ、Braveが日本国内でも本格展開を始める。ユーザーのプライバシーを尊重し、ユーザーの行動データを外部に出さない独自の広告を配信。広告を見たユーザーには独自のトークンを配布する。(2020/7/31)

広告プラットフォームをリブランディング:
「TikTok For Business」誕生 中小企業支援やクリエイターとのマッチングで新展開も
TikTokでブランドの声を広げるための新しいプラットフォーム「TikTok For Business」が誕生。運営会社のBytedanceで広告事業のトップを務める西田真樹氏が詳細を語った。【訂正あり】(2020/7/13)

数カ月のテストを経て8月末から正式に開始:
「Google Chrome」ブラウザ、リソースを大量消費するWeb広告をブロック
Googleは「Chrome」ブラウザに、ディスプレイ広告が使用できるリソースを制限する機能を導入する。(2020/6/8)

Facebook、国家に統制されているメディアに「政府の管理下にあるメディア」のラベル
(2020/6/5)

Chromeブラウザ、“リソース食い”な重い広告のブロックを8月末から開始
GoogleがChromeの動作を重くする“リソース食い”な広告をアンロードして非表示にする計画を発表した。8月終わりごろリリース予定の安定版(バージョン85とみられる)から開始する。(2020/5/15)

Google、新型コロナウイルスに関する誤情報に対策 便乗広告を過去6週間で数万件ブロック
明らかに間違った情報を24時間体制で注視しています。(2020/3/10)

Chromeブラウザ、不快な動画広告ブロックを8月5日から開始
Googleが、Chromeブラウザで3種類の動画広告をブロックする計画を発表した。いずれも業界団体の調査でユーザーが不快だとしたもの。8月5日から実施する。(2020/2/6)

Facebook、政治広告のファクトチェックをしない方針は変えず「透明性を上げる」
TwitterやGoogleが政治広告を規制する中、Facebookは政治広告に関する透明性を高め、表示をコントロールする選択肢をユーザーに提供すると説明した。(2020/1/10)

Facebook、予想を上回る増収増益 「政治広告の掲載はやめない」とCEO
Facebookの7〜9月期決算は、予想を上回る2桁台の増収増益だった。Twitterが政治広告を禁止すると発表した後の電話会見で、ザッカーバーグCEOは政治広告を掲載し続けると強調した。(2019/10/31)

今日のリサーチ:
ブランドは信頼に値するか? 「イエス」は日本ではわずか38%――エデルマン・ジャパン調査
エデルマン・ジャパンは、世界8カ国、1万6000人を対象に実施した消費者意識調査の日本における結果を発表しました。(2019/10/18)

ライオンが実践するデータとコミュニケーションの良い関係――自分も気付かないの本当の欲求とは
日常生活消費財の世界では、コミュニケーションの在り方が変わろうとしている。ライオンが実践するデータ分析を起点とする新しいコミュニケーション手法とは。(2019/9/10)

Opera、ゲーミング向けWebブラウザ「Opera GX」公開 CPU・メモリ制限機能を搭載
ブラウザのCPUやメモリの使用量をユーザーが設定して制限できる。(2019/6/12)

ポップアップなど不適切な広告、Chromeブラウザでブロックする取り組みを拡大
(2019/1/10)

Chromeブラウザの広告ブロック機能、7月9日に世界で有効に
Googleが昨年2月から北米と欧州で実施しているChromeブラウザでの問題広告ブロックを、7月9日から世界で提供する。(2019/1/10)

Android版Opera、Cookieダイアログ非表示設定が可能に
Android版Operaで、GDPR施行以来表示されるようになったCookie許可を求めるダイアログを表示しないよう設定できるようになった。(2018/11/7)

「iPhone XS Max」の大画面に特にお勧め──「Opera Touch」ブラウザのiOS版登場
Opera Softwareが、大画面の新「iPhone」登場に合わせ、モバイルブラウザ「Opera Touch」のiOS版をリリースした。片手でも操作できる機能が特徴だ。Android版は4月に公開済み。(2018/10/3)

演算リソースの不正利用をどう防ぐか
仮想通貨を勝手に採掘するクリプトジャッキングの最悪の犯人
無断でPCやサーバの演算リソースを使って仮想通貨を採掘(マイニング)する「クリプトジャッキング」が問題になっている。中でも「ある人物」による犯行は検知が難しい。(2018/6/14)

「どんな基準で黒とするのか」「責任は誰が」 海賊版サイト広告が停止しなかった理由を広告業界団体に聞いた
日本インタラクティブ広告協会(JIAA)とコンテンツ海外流通促進機構(CODA)に聞きました。(2018/5/22)

VPN接続で安全にWi-Fiスポットを利用 ニフティが新サービスを提供 月額280円
ニフティは、4月5日にセキュリティサービス「@niftyあんしんWiFi VPN」を提供開始。公衆無線LANなどのWi-Fi通信利用時、自動的にVPN接続を行い安全性を高める。利用料金は月額280円(税別)で「@niftyプロバイダーサービス」「常時安全セキュリティ24」利用者は料金が割引される。(2018/4/5)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
デジタル広告の残念な現実、価値のあるインプレッションは4分の1未満?──ニールセンデジタル調査
ニールセンデジタルの調査によると、デジタル広告の全インプレッションのうち60%が「アドフラウド」や「ビューアビリティ」などの問題で消費者に届いていないことが分かりました。(2018/3/30)

Avastが追跡広告をブロックするプライバシー保護ソフト「Avast AntiTrack Premium」を発表
Avastは、広告追跡のブロック機能を備えたプライバシー保護ソフト「Avast AntiTrack Premium」を発表した。(2018/3/7)

半径300メートルのIT:
ここまで来た、悪質Web広告の“だましの”手口
“誤タップ狙いがみえみえ”のひどい表示方法が横行する悪質Web広告。最近は、こんな手口まで……。(2018/2/27)

「Chrome 64」安定版のアップデート公開、迷惑広告ブロックもスタート
ポップアップ広告や音声付きの動画を自動再生する広告など、ユーザーに不快感を与える広告はChromeで表示されなくなる。(2018/2/15)

Google、Chromeブラウザでの劣悪広告ブロック開始、仕組みを説明
Chromeブラウザでの劣悪広告ブロックがバージョン64へのアップデートでスタートした。「Better Ads Standard」を満たさない広告を掲載するWebサイトには改善通告し、30日以内に改善しないと、そのサイトのすべての広告をブロックする。(2018/2/15)

「Google Chrome 64」が安定版に サイトごとの音声ミュート機能や53件の脆弱性修正
GoogleがWebブラウザ「Chrome 64」の安定版を公開した。バージョン64で見送られてたWebサイトごとの音声ミュート機能やリダイレクトブロック機能が追加され、危険度「高」3件を含む53件の脆弱性を修正した。(2018/1/25)

GoogleのChromeブラウザ、2月15日から劣悪広告自動ブロック開始
Googleが6月に予告していたChromeブラウザでの劣悪広告ブロック実施は2018年2月15日からになった。(2017/12/20)

Windows 10 The Latest:
Windows Defenderによるウイルス対策、どこまでできて何ができないか?
Windows OSに無償で付属するWindows Defender。アンチウイルス/マルウェア対策ソフトウェアとして、どのような機能を持つのか、サードパーティー製ソフトウェアと比較してどう違うのかを確認する。(2017/12/20)

「Brave」ブラウザ、YouTuberへのビットコインでの投げ銭が可能に
JavaScriptの父が立ち上げた広告ブロックブラウザ「Brave」のビットコインによるクリエイター支援機能で、YouTuberにも寄付できるようになった。(2017/11/20)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2017年10月版:
他人のCPUを使ってビットコインを採掘、マルウェアなのか
2017年10月のセキュリティクラスタ、話題の中心は「ビットコイン」「WPA2」「新ランサムウェア」でした。Webページの閲覧時にビットコインを採掘させる仕組みがマルウェアではないかと議論に。無線LANで広く使用されている暗号化方式「WPA2」では盗聴などにつながる脆弱(ぜいじゃく)性が見つかりましたが、こちらは尻すぼみ。東欧を中心に広がった新ランサムウェア「Bad Rabbit」では、国内サイトが拡散元となり、驚きを呼びました。(2017/11/13)

Chromeブラウザ、迷惑なリダイレクト広告ブロック機能をバージョン64で追加へ
Googleが、ページ閲覧中に急に表示される迷惑なリダイレクト広告をブロックする機能をChromeブラウザのバージョン64に追加すると発表した。(2017/11/9)

Samsung、広告ブロック可能な独自Webブラウザのβ版をAndroid 5.0以降の端末に開放
Samsungが、これまで自社製Android端末にプリインストールしてきた独自ブラウザのβ版「Samsung Internet Browser Beta」をGoogle Playストアで公開した。Android 5.0以降のすべての端末をサポートするとしている。広告ブロック機能やハイコントラストモードなどが使える。(2017/8/15)

「間違えて押した」多数:
「スマホ広告」表示されたら消す? ユーザーの声は
スマホ利用中に広告が表示された際、ユーザーはどのように対応するのか――マイボイスコム調べ。(2017/8/3)

半径300メートルのIT:
Webメディア殺しの「広告ブロック」、セキュリティにも有効な理由
広告ブロッカーがセキュリティに効くってこれいかに?(2017/6/27)

Google Chromeに不適切な広告をブロックする機能 2018年に導入
業界の広告基準を満たしていないWebサイトで広告をブロック。(2017/6/3)

Google、Chromeブラウザに劣悪広告ブロック機能を追加へ
Googleが、不快な広告を非表示にする機能をChromeブラウザに2018年初旬にも追加すると発表した。Facebookなどと共に設立した「The Coalition for Better Ads」が策定する基準に届かない広告は表示されなくなる。(2017/6/2)

Webブラウジングのプライバシー保護を強化
無料のWebサービスに個人情報を追跡されたくないAndroidユーザーに贈る6つのTips
無料で利用できるWebサイトのほとんどは、運営コストを広告で賄っていると分かっていても、個人情報を収集されるのはいい気分がしないものだ。ちょっと手間だが、プライバシーを確保できるテクニックを紹介する。(2017/5/28)

伝家の宝刀「広告ブロック」は抜くべきか
iPhoneとiPadを安全で快適に使うための5つのTips
iPhoneとiPadのユーザーがメールのセキュリティとWebブラウジングのプライバシーを確保するために取ることができる5つの対策をおさらいしよう。(2017/5/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
Googleが広告ブロックを検討? その理由とは
米Googleが特定のネット広告をブロックする機能の導入を検討しているという。良質な広告を選別することで、長期的な利用者の信頼を獲得したい意向だが、同社の動きは広告に依存してきたコンテンツビジネスの流れを変えるきっかけにもなるかもしれない。(2017/5/11)

“見た目”で判断:
Facebookの広告投稿も見破る「Perceptual Ad Blocker」登場
Facebookと「AdBlock Plus」の広告ブロックをめぐるいたちごっこが続く中、プリンストン大学の研究者がマークアップではなく、人間向けの表示を“知覚”して広告を判断するブロッカーのコンセプト実証用Chrome拡張機能を公開した。(2017/4/17)

お母さんの人力アドブロック 母親にiPadを貸したらハイテク改造されて返ってきた
この発想は……無かった……!(2017/2/10)

【連載】コンテンツマーケティングの“HARD THINGS”に立ち向かう 第5回:
「バズ狙い一筋」は非効率、コンテンツマーケティングにおけるバイラルコンテンツの役割とは?
ソーシャルメディアで広く拡散されることを狙った「バイラルコンテンツ」は、当たればそのインパクトは大きい。しかし、それがコンテンツマーケティングの本質と考えるのは早計だ。(2016/12/28)

「Z世代」に注目:
「2017年のデジタルマーケティング」トレンド6選
英Kantarが、2017年の課題やチャンスをガイドする「デジタルマーケティングトレンド」のトップ6を発表。マーケティング部門のみならず、広報担当者や企画制作担当者も知っておくと、消費者ニーズをつかむための武器になる。(2016/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。