ニュース
» 2017年08月18日 09時36分 UPDATE

“Androidの父”ルービン氏のハイエンド端末「Essential Phone」、予約開始

Androidの共同開発者、アンディ・ルービン氏の新興企業がハイエンド端末「Essential Products」の米国での予約を開始した。米Sprint版とSIMロック解除版がある。価格は約7万7000円。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 Androidの共同開発者であるアンディ・ルービン氏が率いる米新興企業Essential Productsは8月17日(現地時間)、同社初のAndroidハイエンド端末「Essential Phone」の予約を開始したと発表した。通信キャリアとしてはソフトバンク傘下の米Sprintのみが扱うが、EssentialのWebサイトからSIMロック解除版も購入できる。

 essential 1 Sprintの予約ページ

 色は今のところ「Black Moon」(黒)のみ。数週間後には「Pure White」(白)も予約可能になる見込み。販売価格は699ドル(約7万7000円)で、周辺機器の360度カメラも同時に購入すれば、199ドルのカメラが50ドルになる。

 essential 2 360度カメラ
 essential 3

 Essential Phoneは、ボディはチタンとセラミック製で、ディスプレイはゴリラガラス5。ロゴのないデザインで、ディスプレイは5.71型(2560×1312、角丸)。ベゼルレスで本体サイズは71.1×141.5×7.8ミリ。重さは185グラムだ。プロセッサはQualcommのSnapdragon 835、RAMは4GB、ストレージは128GB、バッテリーは3040mAhとかなり高いスペックだ。

 ルービン氏は、ユーザーに欲しいものだけを提供し、長く使えるようにしたいと語っており、Essential PhoneのAndroidはクリーンで、2年間はアップデートできるようにしたとしている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう