ニュース
» 2017年10月24日 15時50分 公開

ソニーネットワーク、MVNEとしてソフトバンク回線を提供

ソニーネットワークコミュニケーションズが、MVNEとしてソフトバンク回線を提供する。同社はドコモ回線を含めたマルチキャリアMVNEとなる。nuroモバイル向けにソフトバンク回線のサービスを提供することも検討している。

[田中聡,ITmedia]

 ソニーネットワークコミュニケーションズは10月24日から、MVNEとしてソフトバンク回線の提供を開始する。同社はソフトバンクとレイヤー2接続を完了しており、従来のドコモ回線にソフトバンク回線を加えた、マルチキャリアMVNEとなる。

ソニーネットワークコミュニケーションズ ソニーネットワークコミュニケーションズは、ドコモ回線とソフトバンク回線を運用できるマルチキャリアMVNEとなる

 MVNEは「Mobile Virtual Network Enabler」の略で、MVNOが通信サービスを提供するための設備やノウハウを提供する事業者のこと。キャリア→MVNEを経由して通信サービス(格安SIM)を提供しているMVNOは多い。

 ソニーネットワークがMVNEとして提供するソフトバンク回線サービスは、SIMロックフリー端末に加え、SIMロックの掛かったソフトバンク向けiPhoneやiPadでも利用できる。SIMロックの掛かったソフトバンクのAndroid端末は、2017年8月以降に発売したものはSIMロックありでも使えるが、それ以前の端末で使うにはSIMロックの解除が必要。また、ソフトバンクのOTA機能による店頭での即日開通や、ユーザー自身のMNP開通作業ができる仕組みも提供する。

 ソニーネットワークのソリューションを用いることで、MVNOはドコモ回線とソフトバンク回線の両方を用いたサービスを提供可能になる。

 なお、ソニーネットワークは現在、MVNOとしてドコモ回線を用いた「nuroモバイル」を提供しているが、nuroモバイルでソフトバンク回線のサービスを提供するかは「検討中だが、時期は未定」とのこと。またKDDI回線の提供については「検討はしているが、提供するかは決まっていない」とのこと。

 ソフトバンク回線と用いたサービスは、日本通信もMVNEとして、またMVNOとしても提供している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう