ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「nuroモバイル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「nuroモバイル」に関する情報が集まったページです。

NUROモバイル、J:COM MOBILE、イオンモバイルなどのキャンペーンまとめ【4月】 スマホ代や月額料金がお得に
利用料金の安さが特徴のMVNOでは、各種料金や端末代金をさらに割り引くキャンペーンを実施している事業者が多い。今回はNUROモバイル、J:COM MOBILE、イオンモバイル、y.u mobile、エキサイトモバイルで4月に実施しているキャンペーンをまとめた。NUROモバイルは「NURO 光」とのセット割引を用意、イオンモバイルはWAONポイントとの連携で特典を提供している。(2022/4/25)

NUROモバイル、LINEがカウントフリーになる「バリューデータフリー」開始
 ソニーネットワークコミュニケーションズは4月21日より、MVNOサービス「NUROモバイル」において、「LINE」の通信量がカウントフリーとなるオプション「バリューデータフリー」の提供を開始すると発表した。(2022/4/22)

NUROモバイル、LINEのカウントフリーオプション「バリューデータフリー」を提供開始
モバイルサービス「NUROモバイル」が、LINEのデータ通信用がカウントフリーになるオプション「バリューデータフリー」を提供開始。「バリュープラス」とVMプラン(5GB)/VLプラン(10GB)が対象プランとなる。(2022/4/20)

MVNOに聞く:
IIJmio「ギガプラン」の反響と値下げの狙い 音声対応eSIMは「準備が整いつつある」
IIJは、2021年4月に導入したIIJmioの新料金プラン「ギガプラン」を、4月1日に値下げした。消費税の総額表示に対応した際の端数をなくすための色合いが濃いわずかな値下げだが、4GBプランを特に大きく値下げしている。ギガプラン開始から1年経過したのを機に、IIJmioの最新動向をうかがった。(2022/4/18)

Mobile Weekly Top10:
楽天モバイルが47都道府県で自社エリアへの切り替えを開始 しかし……
楽天モバイルが、新たに8県で自社ネットワークへの切り替えを始めることを明らかにしました。これで47都道府県の全てで自社ネットワークへの切り替えに着手したことになった一方で、auネットワークへのローミングを原則終了する予定だった2県において、一部のエリアでローミングが当面継続することになりました。(2022/4/9)

「0円プラン」や「iPhone投げ売り」が与える影響は? MVNO復活に必要なこと(後編)
「モバイルフォーラム2022」のパネルディスカッション後編では、「MVNOの主なトピックから見える光明と課題」「MVNOに影響を及ぼすMNOの動き」の2テーマを議論した。MVNOも値下げ競争を繰り広げる中、どのように独自性を出せばいいのか。ドコモの「エコノミーMVNO」や「0円プラン」が業界に与える影響は?(2022/4/8)

石野純也のMobile Eye:
「中容量」と「3G巻き取り」でMNOに対抗 NUROモバイルとHISモバイルの新料金プランを解説
生き残りをかけたMVNO各社は、これまでの枠組みに収まらないさまざまな料金プランを打ち出し始めている。4月1日に20GBの中容量プランを拡大したソニーグループのNUROモバイルは、そんなMVNOの1社だ。くしくも同じ3月最終週には、HISと日本通信が合弁で設立したHISモバイルも、5月中旬以降に導入する新料金プランを発表している。(2022/4/2)

NUROモバイル 月額20GBで2090円の新プラン登場
 ソニーネットワークコミュニケーションズは、モバイル通信サービス「NUROモバイル」において、月間データ通信容量20GBを2090円で利用できる新プラン「NEOプランLite」の提供を4月1日より開始すると発表した。(2022/4/1)

他のプラン/オプションにも変更が:
NUROモバイルが新プラン「NEOプラン Lite」を4月1日から提供 月額2090円で20GBのデータ通信+専用帯域を提供
NUROモバイルの「NEOプラン」に、ライト版が登場する。専用帯域という一番の特徴は維持しつつ、一部の付帯サービスを非対応とすることで「手頃で快適」を目指した。(2022/3/30)

石野純也のMobile Eye:
「NURO Wireless 5G」で“マンションの固定回線問題”を解決できるか MVNO連携にも期待
ソニーワイヤレスコミュニケーションズは、4月1日にローカル5Gを活用した「NURO Wireless 5G」を開始する。マンションなどの集合住宅を個別に5Gでカバーしていき、光ファイバーやメタル回線などの構内に引く固定回線の代わりにするというのが同サービスの特徴だ。ソニーグループのサービスなだけに、端末やサービスなどとの連携にも期待が高まる。(2022/3/26)

一般向けローカル5G「NURO Wireless 5G」が4月1日から提供 月額4950円でデータ無制限
ソニーワイヤレスコミュニケーションズが、集合住宅向けのローカル5Gサービス「NURO Wireless 5G」を4月1日から提供する。月額4950円(税込み)で無制限のデータ通信を利用できる。通信速度(理論値)は下り最大4.1Gbps、上り最大2.6Gbps。(2022/3/25)

NUROモバイルが「NEOプラン」の実効速度を計測 下り平均150Mbps以上を記録
モバイルサービス「NUROモバイル」が、「NEOプラン」で参考速度の計測結果を発表。平日/休日の下り通信速度は平均150Mbps以上を記録している。(2022/2/18)

専用アプリ不要で「通話料が安い」「かけ放題対応」格安SIMは? おすすめ6サービス
よく通話するユーザーなら、MVNOへ乗り換える場合に通話品質以外にも「かけ放題はあるか」「標準の通話アプリ以外を使う必要はあるか」など、気に掛ける点が多いだろう。実際に通話料の安い事業者やかけ放題が安い事業者をまとめた。(2022/2/3)

NURO 光とNUROモバイルのセット割を提供 1年間で330円割引
高速光回線サービス「NURO 光」とモバイル通信サービス「NUROモバイル」をセットで申し込んだ利用者へ「NURO 光・NUROモバイルセット割」を提供開始。NUROモバイルの月額基本料金が1年間、月額330円割引になる。(2022/2/1)

5Gビジネスの神髄に迫る:
ソニーグループが“個人向けローカル5G”に参入する狙い 通常の5Gサービスとは何が違う?
ソニーグループが集合住宅向けにローカル5Gサービス「NURO Wireless 5G」を、2022年春に提供する。ソニーグループが強みを持つエンターテインメントを中心に据えたサービスを提供する狙いがあるという。エンタテインメントや映像機器などの強みを生かした法人向けサービスも視野に入れている。(2022/1/31)

NUROモバイル、「5分かけ放題オプション」提供開始 月額490円
 ソニーネットワークコミュニケーションズは1月19日より、モバイル通信サービス「NUROモバイル」において、「5分かけ放題オプション」の提供を開始すると発表した。月額基本料金490円で、5分以内の国内通話を回数制限なく利用できるオプションサービス。(2022/1/20)

NUROモバイル、 月額490円の「5分かけ放題オプション」提供開始 12カ月間の割引特典も
モバイルサービス「NUROモバイル」は、月額490円(税込み)の「5分かけ放題オプション」を提供開始。条件を満たすと12カ月間、月額基本料金を220円割引する特典も実施する。(2022/1/19)

NUROモバイル、上り通信をカウントフリーに 20GBプランが対象、価格は据え置き
ソニーネットワークコミュニケーションズは、「NUROモバイル」のデータ容量20GBの料金プラン「NEOプラン」に、上り通信をカウントフリーにする新機能「あげ放題」を追加した。利用は無料。(2022/1/6)

NUROモバイルの「NEOプラン」、動画や画像のアップロードがカウントフリーになる「あげ放題」機能を追加
NUROモバイルの「NEOプラン」が、新機能「あげ放題」を追加した。動画や画像のアップロードなど、上り通信時のデータ通信量が消費されなくなる。(2022/1/6)

石野純也のMobile Eye:
一人勝ちのahamo、楽天モバイルの逆襲 2021年の“携帯料金競争”を振り返る
2021年の携帯料金競争で話題を集めたのが、ドコモ、au、ソフトバンクのオンライン専用プランだった。ユーザー獲得ではKDDIのUQ mobileや、ソフトバンクのY!mobileが健闘した。楽天モバイルも料金を改定して、0円からの「Rakuten UN-LIMIT VI」で支持を集めた。(2021/12/31)

携帯電話の「新料金プラン」、一般ユーザーの約2割が移行 総務省調べ
総務省が、携帯電話事業者の「新料金プラン」への一般ユーザーの移行率が約2割に達したと明らかにした。同省が2020年に打ち出した「アクション・プラン」で競争が活性化した成果だという。(2021/12/24)

MVNOに聞く:
20GB+専用帯域で勝負 NUROモバイルはなぜ“格安”じゃないプランを導入するのか
NUROモバイルが矢継ぎ早に新料金、新サービスを打ち出している。20GBのデータ通信と特定サービスのデータフリーを打ち出す「NEOプラン」を11月に開始。低容量を軸にしたバリュープラスも、8GBプランを10GBに増量するなど、攻めの姿勢を打ち出している。(2021/12/20)

スマホ料金プランの選び方:
「povo2.0」のデータトッピングはどれだけお得? 月額換算してみた
「povo2.0」は、基本料0円で、データ通信は使いたいときに使いたい容量を、都度トッピングするスタイル。390円/1GBから利用できるが、利用期限は月単位ではない。各トッピングをそれぞれ月単位に換算し直した場合、povo2.0は本当に安いのかを検証した。(2021/12/19)

MVNOの満足度、SIM単体はNUROモバイル、端末セットではイオンモバイルが1位 オリコン調査
オリコンがMVNO事業者についての満足度調査の結果を発表した。調査はSIM単体と、SIMと端末のセットに分けて調査し、SIM単体ではNUROモバイルとmineo、端末とのセットではイオンモバイルが1位を獲得した。(2021/12/3)

格安SIMの満足度ランキング 3位は「UQmobile」、1位と2位は?
oricon MEは、全国の18〜84歳の男女に、オリコン顧客満度(R)調査「格安SIM/格安スマホランキング」を行った。「格安SIM」の1位は「NUROモバイル」「mineo」、「格安スマホ」の1位は「イオンモバイル」が選ばれた。理由は?(2021/12/3)

NUROモバイルの「NEOプラン」、3カ月ごとに15GBを追加する「Gigaプラス」に対応
モバイルサービス「NUROモバイル」が「NEOプラン」のサービスを拡充し、3カ月ごとに15GBのデータ容量を追加する「Gigaプラス」を開始する。追加データ容量は翌々月まで利用でき、手続き不要で適用される。(2021/12/1)

Xperiaが国内Androidシェア1位に躍進した理由 「ミッドレンジが好調」だけにあらず
2021年度上期の国内スマートフォンシェアでソニーが2位に上昇した。「Xperia 10 III」「Xperia Ace II」といったミッドレンジモデルの販売が非常に好調であることが大きな要因だという。赤字続きだったモバイル・コミュニケーション事業も2020年度は黒字に転換している。(2021/11/24)

重量約178g、4000mAhバッテリー搭載 5Gスマホ「OPPO A55s 5G」が11月26日に発売、3万3800円
OPPO(オウガ・ジャパン)が、11月26日に5Gスマホ「OPPO A55s 5G」を発売する。容量4000mAhのバッテリーを搭載しつつも、重量は約178gを実現している。ソフトバンクや楽天モバイルも同日に同機種を発売する。(2021/11/18)

NUROモバイルの「NEOプラン」、データフリーの対象へLINEの音声通話/ビデオ通話を追加
ソニーネットワークコミュニケーションズのモバイルサービス「NUROモバイル」は、対象SNSの利用時にデータ通信量を消費しない「NEOデータフリー」へLINEの音声通話/ビデオ通話を追加。「NEOプラン(20GB)」で利用できる。(2021/11/16)

NUROモバイルの「バリュープラス」VLプラン、データ容量を8GBから10GBに増量
ソニーネットワークコミュニケーションズのモバイルサービス「NUROモバイル」は「バリュープラス」VLプランのデータ通信容量を8GBから10GBに増量する。既存の利用者も含め、12月の契約データ容量から適用となる。(2021/11/10)

NUROモバイル、月額2699円で20GB 新プラン「NEOプラン」
 ソニーネットワークコミュニケーションズは11月1日より、モバイル通信サービス「NURO(ニューロ)モバイル」において、月間データ通信容量20Gバイトを2699円で利用できる新プラン「NEO(ネオ)プラン」の提供を開始すると発表した。(2021/11/1)

石野純也のMobile Eye:
20GBの中容量帯でahamoやpovoに反撃 y.u mobileとNUROモバイルの新プランを解説
大手キャリアが料金を値下げし、低容量プランでMVNOの得意とする領域に攻め込みつつある中、MVNO側も徐々に中容量プランの市場を開拓し始めるようになった。y.u mobileがU-NEXTをセットにした「シングルU-NEXT」、NUROモバイルがMNO並みの品質を目指す「NEOプラン」を提供。なぜ中容量帯のプランを投入したのか、その狙いを解説したい。(2021/10/30)

NUROモバイルが「NEOプラン」提供 月額2699円で20GB、専用帯域で「MNO並みの品質」
ソニーネットワークコミュニケーションズが、11月1日からNUROモバイルで「NEOプラン」を提供する。月額2699円で20GBのデータ通信を利用でき、対象SNSはデータ通信量を消費しない。専用帯域を用いることで、MNOと同等の品質を目指すという。(2021/10/29)

MVNOのデータ通信は快適に利用できる水準に 最高得点は「OCN モバイル ONE」
MM総研は、10月13日に「MVNOネットワーク品質調査」の結果を発表。主要7サービスともマップ表示は基準値を大幅にクリアし、一部のアプリダウンロードを除き快適に利用できる水準だとしている。(2021/10/13)

スマホ料金プランの選び方:
20GB超〜無制限プランを比較 楽天モバイルのコスパが光るが、低速で使い放題にも注目
大手からサブブランド、MVNOまで、主なキャリアの20GB超から無制限までのプランを比較してみた。ドコモ、au、ソフトバンクはそれぞれ5G向けに、無制限のプランを提供している。コスパの高さが光るのは、テザリングも含めて使い放題で月額3278円の「Rakuten UN-LIMIT VI」だろう。(2021/10/11)

nuroモバイル、ドコモ回線のオートプレフィックスを提供 国内通話料金が11円/30秒に
nuroモバイルは、10月4日からNTTドコモ回線のオートプレフィックスを提供する。これに伴い、ドコモ回線の音声通話付きSIMを利用しているユーザーは、国内通話料金が従来の半額となる11円/30秒になる。(2021/9/27)

nuroモバイルが5Gオプションを提供開始 料金は据え置き
nuroモバイルは、9月15日から5G通信が可能になるオプションを提供。NTTドコモ、au、ソフトバンクのトリプルキャリアに対応し、追加料金不要で利用できる。(2021/9/15)

PR:nuroモバイルから「Xperia 10 III Lite」登場 特典でお得に入手しよう
MVNOサービス「nuroモバイル」のセット端末として「Xperia 10 III Lite」が発売された。nuroモバイルでは、このXperia 10 III Liteをお得に入手できるキャンペーンを実施中。この機会を逃さず、ぜひnuroモバイルとXperia 10 III Liteをセットで申し込んでほしい。(2021/9/1)

MVNOに聞く:
「どうしても最安値を取りに行きたかった」 HISモバイル「格安ステップ」の狙いを聞く
HISモバイルの新料金プラン「格安ステップ」では、1GBと3GBが特に安価に設定されている。卸価格が値下げされたことで、通話料金も30秒あたり11円に抑えた。「ステップ」と言いながらも、実は段階制プランではない。同プランの狙いを猪腰英知社長に聞いた。(2021/8/27)

スマホ料金プランの選び方:
5GB超〜10GB以下で安い料金プランは? キャリア、サブブランド、MVNOで比較
多くのユーザーが1カ月5GBのデータ容量で間に合うものの、外出先でも頻繁に動画視聴をする人なら、10GBのプランの方が安心できる。5GB超〜10GB以下のスマホ料金プランを単純に価格で比較すると、音声通話込みプランで一番安価なのはnuroモバイル。最初の12カ月間で考えるなら、J:COM MOBILEの「J:COM MOBILE Aプラン ST 10GB」もオススメだ。(2021/8/25)

「Xperia 10 III Lite」は楽天モバイルやMVNOが8月27日に発売、価格は4万円台前半から
ソニーが「Xperia 10 III」の派生モデル「Xperia 10 III Lite」を発表した。楽天モバイルやMVNO各社が8月27日に発売し、価格は4万円台。発売を記念したキャンペーンも実施する。(2021/8/20)

スマホ料金プランの選び方:
3GB超〜5GB以下で安い料金プランは? キャリア、サブブランド、MVNOで比較
最近の大手キャリア4社のプランの傾向として、3GBまでの小容量と、20GB以上の大容量に二分化されつつある。そこで悩ましいのが3GB〜5GB程度の中容量を利用するユーザーのプラン選びだ。単純に価格で比較すると、音声通話込みプランで一番安価なのは、nuroモバイルの「VMプラン5GB Giga+」の月額990円になる。(2021/8/16)

イオンモバイルが料金改定 音声/シェア音声を220円値下げで“業界最安級”に 「フルかけ放題」も
イオンリテールが、MVNOサービス「イオンモバイル」の料金改定を発表した。2021年10月1日から、音声プランと音声シェアプランの月額料金と音声SIM追加料金を、を現行の440円から220円に値下げする。10月1日から、国内通話料金を現行の30秒あたり22円から11円の半額に値下げし、120分のかけ放題も提供する。(2021/8/12)

スマホを1円〜で入手、最大1万円の手厚い還元も MVNOキャンペーンまとめ(2021年8月)
MVNO事業者が夏季の端末価格やオプション料金を割り引くキャンペーンの提供を始めた。8月中に終了するものも多く、どんな割引きや特典を受けられるのかは少しわかりにくい。9事業者が実施するキャンペーンを一気に紹介する。(2021/8/11)

スマホ料金プランの選び方:
1GB超〜3GB以下で安い料金プランは? キャリア、サブブランド、MVNOで比較
総務省の調査によると、携帯電話で使用しているデータ通信量が月に2GB未満という人は約半数に及ぶ。月に2GBも使わないという人にとって、最も安いプランはどれか。大手キャリアとそのサブブランド、代表的なMVNOの最新料金プランを比較した。(2021/8/6)

古いプランを使っている人必見! 使い方に合わせて選ぶ1GB〜20GBの料金プラン
2020年末に大手携帯電話会社がオンライン専用プランをリリースした影響もあって、大手だけではなくMVNOでも従来よりも手頃で大容量な料金プランをリリースするようになった。この記事では、料金プランを見直すための一助として、月間容量20GBまでのプランの中でオススメを紹介する。【訂正】(2021/7/23)

Mobile Weekly Top10:
auの「5Gホームルーター」が発売再延期/Pokemon GOが日本でのサービス開始から間もなく5年
auとUQコミュニケーションズが6月4日に発売する予定だった5Gホームルーターが、auのみ発売延期となってしまいました。一体なぜなのでしょうか……?(2021/7/21)

nuroモバイル、年内に専用アプリ不要で通話半額 秋に5Gサービスも提供
ソニーネットワークコミュニケーションズが7月15日、MVNOサービス「nuroモバイル」の新たな取り組みについて発表した。AI技術を活用し、帯域の割り当てを自動で変更することで通信品質を改善している。プレフィックス番号の自動付与機能や5Gサービスも年内に提供する。(2021/7/15)

LINEMOの月額990円/3GBプランはどれだけ安い? サブブランドやMVNOと比較してみた
ソフトバンクの「LINEMO」に月額990円で利用できる3GBプランが登場。月額990円という料金は、Y!mobileやUQ mobileを意識したことがうかがえる。MVNOと比べても遜色のない安さだ。(2021/7/15)

MVNOに聞く:
nuroモバイルに聞く、新料金プラン「バリュープラス」の狙い 5GやXperiaの展開は?
MVNO各社が新料金プランを打ち出す中、ソニーネットワークコミュニケーションズのnuroモバイルも「バリュープラス」を打ち出した。新料金プランでデータ容量8GB以下のユーザーにターゲットを絞り、低価格を実現。音声通話付きの3GBプランはわずか792円。5GBと8GBのプランには、「Gigaプラス」という仕組みも用意した。(2021/7/14)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。