ニュース
» 2018年03月20日 19時20分 公開

「自転車ながらスマホ」の危険性をVRで体験――KDDIなど3社が啓発活動 (1/3)

KDDI、ナビタイムジャパンとau損保が、携帯電話・スマートフォンの「ながら運転」の危険性を啓発するプロジェクトの第2弾を開始する。VRコンテンツも用意し、KDDIが主催・協賛するイベントを中心に体験コーナーを設けるという。どれくらい“危険”なのか、体験してみた。

[井上翔,ITmedia]

 全国的に交通事故件数が減少傾向にある。自転車事故も例外ではないが、最近は自転車が第1当事者(最も重い過失をした事故当事者)となる事故の割合が増加傾向にあり、自転車の対人事故件数も増加傾向にあるという。

 その原因の1つとして挙げられているのが、自転車の「ながら運転」だ。スマートフォンや携帯電話を見たり、ヘッドフォン・イヤフォンで音楽を聴いたりしながら自転車を運転した結果、不注意によって事故を引き起こすケースが増えているという。中には被害者が重傷を負ったり死亡したりした事例もある。

 そんな中、KDDI、ナビタイムジャパンとau損保が3月20日、自転車を運転しながらスマートフォン・携帯電話を見ることの危険性を啓発する「自転車安全・安心プロジェクト第2弾」を開始した。今回のプロジェクトで目をひくのは、KDDIが制作したVRコンテンツ「自転車ながらスマホ体験VR」だ。

 同日に京都市内で行われたプロジェクト発表会において、筆者はこのコンテンツを体験する機会を得た。その模様を中心に、発表会の模様をお伝えする。

発表会登壇者 発表会の登壇者。左からUNN関西学生報道連盟の富成友美さん、愛知工科大学の小塚一宏名誉・特任教授、KDDIの鳥光健太郎CSR・環境推進室長、ナビタイムジャパンの見持武志ツーリング事業部長、au損保の田中尚営業企画室長、京都府の犬井勇司安心・安全まちづくり推進課長
VRヘッドセットとヘッドフォン 体験時に利用するVRヘッドセットとヘッドフォン。VRヘッドセットはサムスン電子の「Gear VR」を採用した

まずセットアップ

 体験者はまず、VRヘッドセットとヘッドフォンを装着する。その後、VRヘッドセット用リモコンを操作して「自転車ながらスマホ」をした時としなかった時の前方認知を比較体験することになる。

 リアリティを増すために、発表会場ではVRリモコンを据え付けた自転車にまたがって体験する形態を取った。体験イベント時も、基本的にはこの形態で体験してもらう予定だという。

自転車に据え付けられたVRリモコン 自転車に据え付けられたVRリモコン
自転車にまたがりヘッドセットとイヤフォンを装着 自転車にまたがりヘッドセットとイヤフォンを装着

「ながらスマホ」は超コワい

 自転車にまたがり準備が整うと、担当者からスマホを手渡される。これを左手に持って、まずは「ながらスマホ」を体験する。

左手にスマホ 左手にスマホを持たされる筆者

 VRリモコンのボタンを押すと自転車の「自動」運転が始まる。前方を横断する人を見つけたら、再びVRリモコンのボタンを押すことでブレーキがかかる。衝突を回避できた場合は青い画面、衝突してしまった場合は赤い画面が出るようになっている。

 スマホの画面を注視してチャットに一生懸命になる筆者。すると、自動車の影から突然人が飛び出してくきた。「あああああ」と声をあげた筆者は慌ててブレーキをかける。しかし、ブレーキ操作が間に合わず歩行者と衝突……。

 歩行者の安否は不明だ。

ながら運転中の筆者 自転車を運転しながらスマホを注視する筆者。この後、悲劇が起こることを知らずに……

 衝突後、ながら運転では視野が通常の3分の1になってしまう旨と、ブレーキ初動が遅れてしまう旨が案内される。視力良好かつ視野も広めな筆者ですら、初動が遅れて人と衝突することになってしまった。

視界衝突 ながら運転中の視界(写真=左)。ブレーキが間に合わないと赤い背景に「衝突」の文字が表示される(写真=右)

やっぱり注視が一番!

 次に、スマホを持たずに同条件で「運転」をする。VRリモコンのボタンを押して出発、再度押してブレーキという条件は先ほどと同様だ。

前方注視運転中の筆者 前方をしっかり見て運転する筆者。先ほどの反省を踏まえて、慎重にペダルをこぐ(実際はペダルをこがなくても進行します)

 しばらく進むと自動車の影から人が出てくる。前方をしっかり注視していたおかげで、歩行者を難なく発見でき、余裕をもってブレーキ。無事、衝突を回避できた。

視界衝突回避 前方を見て運転した場合の視界(写真=左)。ブレーキが間に合うと青い背景に「衝突を回避しました」と表示される(写真=右)

 両者の体験が終わると、歩行者が飛び出してから反応をする(ブレーキをかけ始める)までにどのくらいの時間が掛かったかを見比べられる。結果を見ると、前方をしっかり見て運転することの重要さが身にしみて分かる。


 自転車ながらスマホ体験VRは、4月6日に京都市左京区の岡崎公園で開催される「春の交通安全運動スタート式」で体験できる。また、KDDIが主催または協賛する各種イベントでも体験の機会を設ける予定だという。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう