ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「損害保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「損害保険」に関する情報が集まったページです。

太陽光:
太陽光発電向け保険の支払い額、盗難は20倍に急増 全体では4倍に
日本損害保険協会が、太陽光発電設備向け火災保険の事故発生状況などに関する調査報告書を公開。近年大きな課題となっている、太陽光発電設備の盗難による保険金は、5年前と比べて約20倍に急増しているという。(2024/2/19)

AIの安全性を検討する専門機関、IPAが設立 内閣府や経産省なども協力
情報処理推進機構(IPA)は2月14日、AIの安全性を検討する機関「AIセーフティ・インスティテュート」(AISI)を設立した。(2024/2/14)

働き方の見取り図:
BM、ダイハツ、豊田織機……組織が悪事に走る根本原因
有名企業による不祥事が後を絶たない。不正行為の繰り返しを防ぐには、会社組織に内在する根本的な原因に目を向ける必要がある。(2024/2/14)

5年後にアクティブユーザー100万人を目指す:
JDIが健康見守りサービスを発表、OPD生体センサー搭載スマートリングで実現
ジャパンディスプレイ(JDI)は2024年2月6日、有機光検出器センサーを搭載したスマートリングを使った健康見守りサービス「Virgo(ヴァ―ゴ)」を発表した。2024年2月から企業/団体向けにトライアル提供を開始する。(2024/2/8)

ウェアラブルニュース:
JDIがスマートリングによるセルフケアサービス発表、独自開発のOPDセンサー搭載
ジャパンディスプレイ(JDI)は、フレキシブル基板上に形成したOPD(有機光検出器)センサーを搭載するスマートリングを用いた企業/団体向けの健康見守りサービス「Virgo(ヴァーゴ)」を発表した。(2024/2/7)

Cybersecurity Dive:
世界100カ国超の企業に聞いた「今年最大のリスク」ランキングとその背景
企業のビジネスリスクにおいて最大の懸念は何か。損害保険会社が発表した年次企業リスク調査から明らかになった。(2024/2/4)

「ドコモの自動車保険」提供 最大3.0%のdポイントがたまる/ポイント支払いもOK
NTTドコモとイーデザイン損害保険は、ダイレクト型自動車保険「ドコモの自動車保険」を提供開始。保険料に対して最大3.0%のdポイントがたまり、支払い方法が「d払い」の場合はdポイントで保険料を支払うこともできる。(2024/1/30)

“人間中心”のAI共生社会を目指して:
PR:日本語に強く、軽量でマルチモーダルな国産LLM「tsuzumi」の挑戦と将来ビジョン
ChatGPTの登場以降、世界各国で生成AI/LLM(大規模言語モデル)の開発競争が激化しているが、実はここ日本でも「国産LLM」の機運が高まっている。そんなムーヴメントをけん引する代表的な一社がNTTだ。NTT版LLM「tsuzumi」の開発をリードした、NTT人間情報研究所の西田京介氏に話を伺った。(2024/1/25)

2024年2月22日〜25日に「FIVE STUDIO」(東京・港区)で開催:
起動できないケータイのペット写真、「おもいでケータイ再起動」でよみがえる KDDIとアニコム損害保険がイベント共催
KDDIとアニコム損害保険は2024年2月22日〜25日に「おもいでケータイ再起動」イベントを共催する。KDDIが1月23日、発表した。ペットオーナーを対象に起動しない携帯電話を復活させ、本体内に記録されたペットとの思い出の写真をよみがえらせる。(2024/1/23)

日向坂46・富田鈴花、人生初の愛車を購入 “新車じゃない”質実剛健な車選びに反響も……ラスト20秒で予想外の大オチ「最後豪華すぎ」
お勧めの任意保険、提案してくれたのは……?(2024/1/19)

Gartner Insights Pickup(334):
需要が高まるAIベースのインテリジェントアプリケーション
インテリジェントアプリケーションは人工知能(AI)で拡張され、取引や外部ソースからのデータが注入されている。生成AIの機械学習(ML)により、自律的な応答を改善していく。これはユーザーや開発者の体験を変革する可能性があり、生成AIの域をはるかに超えている。(2024/1/19)

メタバース:
ジャパンメタバース経済圏「リュウグウコク」に竹中工務店が参加 レガシー建築をメタバース体験
竹中工務店は、建築空間をメタバース内で体験できるようにする目的で、ジャパンメタバース経済圏構想のメタバース空間構築プロジェクト「リュウグウコク」の実証実験に参加すると表明した。(2024/1/15)

プロジェクト:
海や水面に浮かべた“床”が自動着岸する「海床ロボット」 大阪・関西万博で実用化目指す
竹中工務店を代表とする「海床ロボットコンソーシアム」は、海や水面に“床”を浮かべ、自動で動いて離着岸する「海床ロボット」を開発し、大阪城公園の東外堀で実証実験を行った。海床ロボットは、大阪・関西万博の会場予定地である夢洲での社会実装を目標に掲げる。(2024/1/10)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(72):
「5Gオフィス」実現の課題と、企業負担ゼロを原則とする電波対策のポイント
「5Gオフィス」とはオフィス内の有線LANや無線LANをなくして、スマートフォンもPCも全てキャリア5Gに接続したオフィスだ。最終的には企業ネットワークのほとんどをキャリア5Gに移行し、有線のネットワークをなくす。その方がコストを削減でき、拡張性やセキュリティも保ちやすいからだ。「5Gオフィス」の実現には、必要な場所で5Gの電波が使えるようにするため、携帯電話事業者による電波対策が不可欠だ。(2023/12/25)

太陽光:
太陽光発電の「銅線盗難トラブル」をサポート、アルミケーブルの紹介サービス
損害保険ジャパンおよびSOMPOリスクマネジメントは2023年11月から、銅線の盗難被害にあった太陽光発電設備のオーナーに対し、アルミケーブルを紹介するサービスの提供を開始した。(2023/12/20)

営業コミュニケーション大解剖:
営業進捗を報告しない部下、何を考えている? 4パターンごとのコミュニケーション術
営業マネジャーであれば「部下が営業進捗を共有してくれない」と悩んだ経験を持っているだろう。その際、部下はどういう状況にいて、なぜ進捗報告をしないのか? 4つのパターンに分けたときの適切なコミュニケーションを考えていこう。(2023/12/8)

事故調査報告書の作成や製造、建設現場での作業記録作成などに活用:
長時間の動画であっても「ポイントを押さえた説明文」を数秒で作成する技術を開発 NEC
NECは、長時間の動画から利用者の目的に応じた短縮動画と説明文章を自動生成する技術を開発した。大規模言語モデルと映像認識AIを組み合わせた。1時間以上の動画から、目的のシーンの動画と説明文章を数秒間で作成できるという。(2023/12/7)

長時間の動画から、短縮動画と説明文をAIで自動生成 ドラレコ解析に……NECが開発
映像認識AIとLLMを組み合わせ、長時間の動画から、目的に応じた短縮動画と説明文を自動生成する技術を、世界で初めて開発したとNECが発表した。(2023/12/5)

「トランスフォーマー」の玩具技術も月面に アジア最大級の宇宙ビジネスイベント開幕
ロボット玩具の技術が月面探査で活躍も−。アジア最大級の宇宙ビジネスイベント「NIHONBASHI SPACE WEEK 2023」が27日、東京・日本橋で開幕した。(2023/11/28)

損害保険ジャパンがSAP Concurを導入 選定理由と効果は
損害保険ジャパンがSAP Concurを導入した。選定理由と導入効果を紹介する。(2023/11/27)

初回契約から保険料割り引き トヨタ「つながる車」向け、あいおいニッセイ同和
あいおいニッセイ同和損害保険が、通信機能を備えた「コネクテッドカー(つながる車)」のユーザー囲い込みを強化する。(2023/11/24)

テスラを猛追する黒船・BYDが「300万円のEV」投入 販社社長に日本戦略を聞いた
プラグインハイブリッドにEVを加えた販売台数でテスラを抜き、新エネルギー車(NEV)の販売台数で世界1位となった中国のEVメーカー、BYD。BYD Auto Japanの東福寺厚樹社長に、日本市場の販売戦略を聞いた。(2023/11/22)

石野純也のMobile Eye:
auとソフトバンクは“金融連携”プランが好調、ドコモはどう出る? 料金競争は新たな局面へ
ドコモ、KDDI、ソフトバンクの上期決算が出そろった。2021年に始まった官製値下げの影響を受け、売り上げと収益ともに落ち込んでいたが、コロナ明けでトラフィックが増加したことに伴い、比較的料金が高い無制限/大容量プランに加入するユーザーが増加。一方で、ユーザー数やARPUが急増する可能性は低く、各社とも非通信領域の開拓を行っている。(2023/11/18)

ペットの食卓はぜいたくに:
阪神百貨店で5000円超 百貨店が犬用ケーキを発売
阪急阪神百貨店は15日、犬用の冷凍ケーキを販売すると発表した。(2023/11/16)

事故対応の満足度が高い自動車保険 3位「AIG損保」、2位「東京海上日動」、1位は?
事故対応の満足度が高い自動車保険はどこか。J.D. パワー ジャパンは、「自動車保険事故対応満足度調査」の結果を発表した。(2023/11/14)

満足度が高い自動車保険 3位「チューリッヒ」、2位「セゾン自動車火災」、1位は?
契約者の満足度が高い自動車保険はどこか。J.D.パワージャパンは「2023年の自動車保険契約者満足度調査」の結果を発表した。(2023/11/10)

「転勤拒否族」は甘え?:
日本から「転勤」がなくなるかもしれない、これだけの理由
日本から「転勤」がなくなる日は来るのだろうか――。手当を増やすことでなんとか転勤を受け入れてもらおうとする企業がある一方で、転勤制度を極力なくしていこうという企業も出てきている。日本に特有と言われる転勤制度は、これからどうなるのだろうか……?(2023/11/10)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
氾濫する「販促どまり」マーケティング ”売れ続ける”をつくる競争力の磨き方
マーケティングの目的は消費者に買ってもらうことです。にもかかわらず、短期的な成果を追いすぎて中長期的な競争力がそがれてしまっている事象が頻発しています。マーケティングROIを高い状態に保ち、植え続ける状態をつくるためにはどうすべきでしょうか?(2023/11/8)

ビッグモーターの支援先はどこか 3社に絞り込み
経営危機に陥っている中古車販売大手、ビッグモーターがオリックスとテレビショッピング大手のQVC、中古車販売店「ガリバー」を運営するIDOMの3社を支援先候補に絞り込んだことが、関係者への取材でわかった。(2023/10/30)

世代間ギャップはどう埋める?:
子どもが熱出したので帰ります――「育児社員になりきって」理解を促進  あいおいニッセイで起きた変化
(2023/10/25)

「4大生保に強い大学」ランク 2位「慶應」「同志社」、1位は?
今週は、住友生命保険、第一生命保険、日本生命保険、明治安田生命保険の就職者が多い「4大生保就職者数ランク」を見ていこう。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計した。(2023/10/20)

学生同士の「いいね」で採用? 三井住友海上「DAO型採用」、その画期的な仕組み
学生同士や社員からの「いいね」が内定につながる──そんな新たな採用手法を、三井住友海上火災保険が取り入れる。社員と学生の「いいね」の重みには差を付けず、平等に評価し合うというが、果たして“ライバル関係”の学生同士で公正な評価につながるのだろうか。その仕組みとは?(2023/10/18)

3大損保に強い大学ランク 3位「同志社」、2位「早稲田」、1位は?
損害保険ジャパン、東京海上日動火災保険、三井住友海上火災保険の就職者が多い、「3大損保に強い大学ランク」を紹介しよう。就職者数は、大学通信が各大学にアンケートし、集計したもの。(2023/10/14)

時価総額1000億円減:
保険不正のネクステージ、株価急落で報道機関に「法的措置を検討」
ビッグモーターでの発覚を機に、中古車販売業界で不正が相次いで発覚。時価総額1000億円以上の損失を出したとして、ネクステージが、報道機関や取材協力者らに「法的措置を検討する」と声明を発表した。(2023/9/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
“ジャニ離れ”で巻き起こる「タレントに罪はない」論が、まるで見当違いなワケ
特にテレビCMにおける大企業の「ジャニーズ離れ」が大勢になったことで、ファンや所属タレントと交友関係のある芸能人からは、批判の声も聞かれる。しかし、ビジネスの世界では当然の意思決定だ。(2023/9/15)

広がる疑惑の目:
「被害者はお客さま」「不正見抜けず道義的責任」──損保ジャパンが“ビッグモーター問題”で示した見解と今後
ビッグモーターによる不正請求問題で、損保ジャパンが「被害者はお客さま」などの見解を示した。当初、報道陣へのコメントがSNSで「被害者ヅラ」などと批判を浴びたが、会見では自社の非を認め、契約者などに謝罪した。(2023/9/15)

モビリティサービス:
空飛ぶクルマの社会実装に向けてリスクを共同研究、保険会社と大学で
あいおいニッセイ同和損害保険とMS&ADインターリスク総研、法政大学大学院アーバンエアモビリティ研究所は都市部向けエアモビリティの社会実装に向けた共同研究契約を締結した。(2023/9/13)

自動車業界の1週間を振り返る:
飲酒運転で奪われる命と、責任の取り方
今週は米国メディアの日本語版Webサイトで興味深い法律のニュースを見掛けました。飲酒運転で子どものいる人を死なせた場合、加害者はその子どものための養育費を支払わなければならない、という法律です。(2023/9/9)

アルムナイネットワーク:
新卒採用セミナーで「元社員」が古巣を語る 三井住友海上が退職者との“縁”を大事にするワケ
大手企業が自社の退職者とつながり続けるための「アルムナイ(卒業生)ネットワーク」構築を進めている。背景にはどういった事情があるのだろうか。三井住友海上火災保険のケースを取材した。(2023/9/6)

スピン経済の歩き方:
損保ジャパンとテレビ局はなぜ似ているのか 「ヤバい取引先」をかばう会社の特徴
テレビ局とジャニーズ事務所の「もたれあい」に厳しい批判が寄せられている。どういうことかというと……。(2023/9/5)

スマホをドラレコ代わりに ナビタイムのデータ活用で保険料も割引へ
交通事故の原因分析などで威力を発揮し、ドラレコの普及が進んでいる。ただ、車載機器の追加費用で導入が敬遠される側面もある。一方、アプリなどの進化で……。(2023/9/4)

HISモバイル、月550円の「HIS Mobileケア」提供 修理費5万円補償やデータ復旧など
HISモバイルは、9月1日から月額550円(税込み)のサポートサービス「HIS Mobileケア」を提供開始。端末のデータ復旧や各種サポートサービスの無料利用、修理費の最大5万円補償を行う。(2023/8/30)

中古車販売グッドスピードで保険金の過大請求 30件で約60万円
保険金を水増し請求していた疑惑が報じられていました。(2023/8/25)

経済圏の軸は「ポイント」と「金融」に? KDDIが「auマネ活プラン」を繰り出した理由
auの「auマネ活プラン」は、auブランドの金融サービスを契約すると還元(ポイント付与やキャッシュバックなど)が増えるという、今までにない新しい携帯料金プランだ。一体なぜ、このようなプランが出てきたのだろうか?(2023/8/24)

データドリブンのための5つの「D」:
PR:データドリブン経営には“組織改革”が欠かせない 三井住友海上が経験した泥臭い道のりとは
ビジネスを成長させるために、データに基づいた経営スタイル「データドリブン経営」に注目が集まるが、実際に取り組みを推進して全社にデータ活用を定着させるのは簡単ではない。三井住友海上が経験した泥臭い変革の中身が分かった。(2023/8/24)

1位は?:
女性エンジニアが「働きやすい」企業はどこか IT業界ランキング
IT技術者の人手不足が深刻化するなか、女性エンジニアに注目が集まっています。働きやすい環境の整備が進んでいますが、女性エンジニアが「働きやすい」と感じる企業はどこか。クチコミから考察すると……。(2023/8/17)

犬や猫の熱中症のピークは真夏、それ以外にも…… あらゆる季節に事前の対策でペットの健康を守ろう
体温調整が苦手な動物たちに配慮を。(2023/8/14)

高根英幸 「クルマのミライ」:
「ビッグモーター」不正のウラに何があったのか 長年の“不文律”も一因か
中古車の買取販売大手のビッグモーターが世間を大きく騒がせている。次々に不正が明らかになっているが、なぜこのようなことが起きたのか。中古車販売のビジネスモデルにも問題があって……。(2023/8/14)

男女で違い:
最も購入したいクルマ 3位「アルファード」、2位「N-BOX」、1位は?
ソニー損害保険は「全国カーライフ実態調査」を実施した。最も購入したいクルマは……(2023/8/2)

ビッグモーター、損保ジャパン報道で事実誤認 テレビ朝日「スーパーJチャンネル」が謝罪「深くお詫び」
損保ジャパンへの事前の事実関係の確認を行わず。(2023/7/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。