ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「損害保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「損害保険」に関する情報が集まったページです。

事故状況からAIが保険金支払いの可否を判断 損保ジャパン、手続きを全面自動化
損害保険ジャパンが、LINE上で質問に答えるとAIが保険金支払いの可否を自動で判断するシステムを開発する。(2021/11/30)

事業の生命線を守れ:
PR:強固なセキュリティの意外な弱点? 大企業も抱える“復旧失敗”のリスクをなくすには
サイバー攻撃の脅威を多くの企業が意識する一方、万が一攻撃を受けた場合のデータの復旧体制は心もとない――。企業を対象にした調査では「攻撃を受けたか把握できない」ケースが半数を超える現状さえ判明した。高度化する攻撃に備え、より確実な復旧体制をどうつくればいいのか。(2021/11/29)

社内副業は“クエスト”:
「人事評価の対象外」で社内副業 損保ジャパン新制度は、なぜこの設計になった?
損害保険ジャパンの社内副業制度は、就業時間のうち2割を社内副業に充てられるが、本来の仕事を減らすなどのルールは特段設けておらず、また副業先での業務は人事評価の対象にはならないという。本当に機能しているのか。(2021/11/19)

学校支給のPC・タブレットを壊したとき用保険、損保ジャパンが提供開始 自宅でのトラブルに
損保ジャパンが「GIGAスクール構想」で配布された端末の破損や盗難などに対応する保険商品「親子のあんしん賠償プラン」の提供を始めた。(2021/11/11)

就職ブランドランキング 3位「日本生命」、2位「伊藤忠商事」、1位は?
2023年春入社希望の現大学3年生、現大学院1年生を対象に調査を実施した。(2021/11/9)

データ活用人材1万人の育成も視野:
PR:データドリブン変革実現の“決め手”とは? SOMPOグループの全社展開事例に学ぶ
多くの企業が単なるデータ活用にとどまらず、データ主導でビジネスの意思決定を推進する「データドリブン」な組織の構築を目指している。3つの柱で全社横断的に組織変革を進めるSOMPOグループの事例から実現のポイントを探る。(2021/12/1)

チャットサポート利用は1割未満 J.D.パワーがコンタクトセンターサポート満足度調査
 J.D.パワーは11月5日、2021年コンタクトセンターサポート満足度調査「金融業界編」の結果を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大以降さまざまな業種や業界において店舗や対面以外でのサポート窓口としてコンタクトセンターの重要性が増している状況を受け、今回初めて調査を実施した。(2021/11/8)

J.D.パワー自動車保険満足度調査、トップは5年連続でソニー損保
J.D.パワージャパンは11月4日、2021年の自動車保険契約者満足度調査の結果を発表した。それによると、ダイレクト系保険会社では、ソニー損保が5年連続で第1位となった。(2021/11/4)

被災した太陽光パネルの再活用を促進、損保ジャパンが新サービス
損害保険ジャパンとSOMPOリスクマネジメントが、自然災害により被災した太陽光パネルの保険金支払い時に、リユース(再使用)・リサイクル(再資源化)できる業者を紹介するサービスを開始した。(2021/11/4)

ぐるなび「無断キャンセル保険」開始 飲食店のNo show対策サポートを強化
 ぐるなび(東京都千代田区)は、11月1日より「無断キャンセル保険」の提供を開始した。(2021/11/4)

ぐるなびが「無断キャンセル保険」スタート 予約したのに来店しない“No show”被害を軽減
ぐるなびは、無断キャンセルが起きた際に飲食店が被る損害を補償する「無断キャンセル保険」の提供を始めた。(2021/11/1)

みずほ銀行 リバーズモーゲージ住宅ローン「みずほリ・バース60」開始
 みずほ銀行は10月26日、リバーズモーゲージ型の住宅ローン「みずほリ・バース60」の取り扱いを開始すると発表した。(2021/10/29)

スマホを持って移動するだけでポイント付与 「Miles」が成り立つのはなぜ? 社長に聞いた
スマートフォンを持って移動するだけでポイントがたまる「Miles」が日本上陸した。Milesはポイントシステムを使った提携企業への送客サービスとしてB2Bビジネスを展開している。(2021/10/29)

バイクの「盗難」「自損」も補償 三井ダイレクト損保が「みんなのバイク保険」発売
バイク盗難は絶対嫌! ツーリング時の単独事故なども悲しい……。(2021/10/27)

京急と横浜市ら、富岡地区の乗合型バスサービス「とみおかーと」本運行に向けた最終実証実験 11月から
地域の交通不便解消に期待です。(2021/10/22)

選ばれなかったらどうなる?:
「課長職を立候補制に」 SOMPOの新制度は「上司のお気に入りばかりが出世」にならないのか? 人事を直撃
SOMPOホールディングスが、課長職を立候補制にするという。「立候補したのに選ばれなかったらどうなるのか」「結局、上司のお気に入りばかり出世することになるのでは?」率直な疑問を、人事担当者にぶつけた。(2021/10/20)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
インフラ、データ、組織・プロセスの3つの戦略により全社一丸で進める正攻法のDX――東京海上日動システムズ 小林賢也常務
現在、DXにチャレンジしている東京海上グループ。ユーザー系IT企業である東京海上日動システムズでは東京海上日動火災と共に、DXを一過性の活動にしないために、インフラ構築、プロセス整備、組織の整備、および人材育成を戦略的に推進している。(2021/10/20)

自動車業界の1週間を振り返る:
指紋認証は盗難で狙われやすいクルマを救う?
1週間お疲れさまでした。10月なのに暑い暑いと思っていたら、朝晩はずいぶんと冷えるようになりましたね。空気の乾燥も進んでいるように感じます。布団、暖房、スキンケアなど冬支度が必要ですね。(2021/10/16)

アイデアを「製品化」する方法、ズバリ教えます!(12):
日本の製造業の現状とその打開策【後編】
自分のアイデアを具現化し、それを製品として世に送り出すために必要なことは何か。素晴らしいアイデアや技術力だけではなし得ない、「製品化」を実現するための知識やスキル、視点について詳しく解説する連載。第12回は「日本の製造業の現状とその打開策」の【後編】として、部品メーカーにフォーカスした内容をお届けするとともに、“これからのモノづくりの方向性”について筆者の考えをお伝えする。(2021/10/14)

万が一の事態に備える、自動車保険会社と連動したドライブレコーダー〈レッドバロン〉
レッドバロンが会員限定で提供する、保険会社と連動したオリジナルドライブレコーダーを紹介。(2021/10/9)

PR:全国の洪水被害、スパコンで防げ 未管理の小川にも対応する「リアルタイム氾濫予測システム」の実力
(2021/10/4)

ソニー損保調べ:
ガソリン代節約のためにやっていること 「空気圧の点検」「エンジンオイルの交換」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ガソリン代や燃料代を節約するためにやっていることを聞いたところ……(2021/10/1)

今日のリサーチ:
ESGに積極的な業界 トップは「飲料」――電通PRコンサルティング企業広報戦略研究所調査
生活者1万人を対象とした「2021年度 ESG/SDGsに関する意識調査」の結果、「ESGレピュテーション」を最も獲得しているのは飲料業界であることが分かりました。(2021/9/29)

ZVC JAPAN、クラウド型電話サービス「Zoom Phone」の一般提供を開始
ZVC JAPANは、クラウド型電話サービス「Zoom Phone」の一般提供を日本で2021年10月に開始する。一元管理やコンタクトセンター統合、国内外への外線発信といった法人向け機能を提供する。(2021/9/27)

工場ニュース:
半導体不足の遠因となった、旭化成の半導体工場火災で起こったこと
旭化成は2021年9月14日、2020年10月に起きた宮崎県延岡市の旭化成エレクトロニクス 半導体製造工場の火災について事故調査報告書をまとめたと発表した。建屋棟の損傷が激しく火災原因の特定には至らなかったが、発火場所の推定と、再発防止策などの調査結果を公開している。(2021/9/27)

AWSのコストを削減する秘策:
PR:中堅・中小企業が知るべき、AWSを「無駄なく、簡単に、安心して」使う方法
初期費用がなくすぐに使えるAmazon Web Servicesは、その手軽さからIT専任組織を持たない中堅・中小企業でも普及が進む。だが、「サービスの無駄遣い」による意図せぬ支出が問題になっている。(2021/9/27)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
SOMPOの挑戦 “管理職公募”時代に問われる「自由の両輪」
SOMPOホールディングスが22年4月から、60ある全ての課長職を公募制にすると発表し、話題になっている。変化の激しい時代の中で、「自分から手を挙げて挑戦すること」はとても大事だ。しかし同時に、経営者が目を向けるべきものがある。(2021/9/24)

全国カーライフ実態調査:
ドライブレコーダー選びで重視すること 「画質」や「性能」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ドライブレコーダーを選ぶ際に重視している点を聞いた。(2021/9/20)

重視するポイントは?:
自動車保険の加入率は約7割 最も選ばれている保険会社は?
マイボイスコムは「自動車保険の利用」に関する調査を行った。自動車保険の加入率や加入している保険会社はどこか、どうやって選んだのかを聞いた。(2021/9/18)

量子コンピュータ:
日立がシリコン量子ビットの開発に向け前進、超伝導量子ビットを超えるか
日立製作所(以下、日立)が同社の量子コンピューティング技術について説明。古典コンピュータを用いてアニーリング型の量子コンピューティングを行う「CMOSアニーリング」は事業化の段階に入っている。米中で研究開発が進むゲート型についても、シリコン半導体技術をベースとする「シリコン量子ビット」の開発で一定の成果を得ているという。(2021/9/15)

カメラやマイクはOFFにするべき?:
Web会議と対面会議はどっちが安心? 「変な顔の画面でフリーズした」との声も
仕事でWeb会議システムを使用している人は、対面会議とWeb会議、どちらが“安心”だと感じているのだろうか。ソニー損害が20〜69歳の男女500人を対象に調査を実施した。(2021/9/9)

MUFGからスマホ完結型の資産形成アプリ 株式や投資信託、クラファン、ロボアドなどをカバー
三菱UFJ銀行がスマートフォン完結型の資産形成サービス「Money Canvas」を12月に提供開始。株式、投資信託、クラウドファンディング、保険、ポイント運用などの金融商品から、ユーザーが自由に組み合わせて運用できる。(2021/9/3)

三菱UFJ、資産形成サービス「Money Canvas」 多数の資産運用スタートアップが参加
三菱UFJ銀行は9月2日、総合資産形成サービス「Money Canvas」を12月から提供すると発表した。スマートフォンを起点とし、三菱UFJグループだけでなく、複数の資産運用系スタートアップが参画する。(2021/9/2)

ソニー損保調べ:
次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは?
ソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」。主に運転している車のボディータイプを聞いたところ「軽自動車」が41.3%で最多となった。次に買い替える時に購入したい車は?(2021/9/2)

大規模プロジェクトでのコード品質を確保する
「Javaで脱COBOL」に挑む損保ジャパン 成功のために選んだ手段とは
損保ジャパンの基幹システム刷新は、複数ベンダーが携わる大規模な開発プロジェクトだ。開発者の技術レベルが異なり、プログラミング言語が「COBOL」から「Java」へと変わる中、ソースコードの品質をどうやって確保したのか。(2021/8/31)

維持費の平均は月1万1700円:
マイカー所有者が「負担だなぁ」と思う諸経費 「駐車場代」「燃料代」を抑えて1位になったのは?
ソニー損保が、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する男女1000人を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施した。(2021/8/26)

損保ジャパン、AIでカスタマーセンターの通話内容を自動的に要約記録 2022年度に実用化
SOMPOホールディングスは、コールセンター領域のDXで、東京大学 松尾研究室発のAIスタートアップのELYZAと提携。対話特化型の自然言語処理モデルを共同開発し、損保ジャパンのカスタマーセンターにおける通話内容の要約記録作業を自動化する実証実験を開始した。(2021/8/17)

新車に関する調査:
新車の買い替えサイクルはどれくらい? 3年以内が約2割を占める
定額カーリースを運営するナイルは、新車を買った人に「どれくらい乗るか」や「ベストだと思う乗り換えのタイミングはいつか」などを調査した。新車に乗る年数は1年〜13年以上と分散した。(2021/8/13)

「アプリで開閉するレンタカーが山奥で開かず」の人、その後の顛末を語る(前編) トヨタの担当者と再検証した結果、どうなったのか
飛騨の山中でクルマから締め出され、自力での帰宅を強いられた江島さんが、詳しい経緯を語った。(2021/8/11)

積水ポリマテック、DataSpiderでデータ連携基盤を構築 実現に向けた3つのポイント
積水ポリマテックは、SAP製品を使った社内データ管理の規模を世界に展開する際、予算の課題を抱えていたという。同社が大規模なデータの収集、集約を効率的に進めるため採った戦略とは。(2021/8/2)

電気自動車:
多種多様な駆動用バッテリーの残存価値を評価、日本総研が中国で実証へ
日本総合研究所は2021年7月15日、中国広東省において電気自動車(EV)の駆動用バッテリーの残存価値を診断する技術の試験を実施したと発表した。(2021/7/20)

サービスに組み込めるキャンセル保険登場 コロナ禍を原因とするキャンセルも補償対象
Finatextと、あいおいニッセイ同和損害保険が出資するスマートプラス少額短期保険は7月19日、自社のサービスに組み込めるキャンセル保険の提供を開始した。(2021/7/19)

KDDI、現在地や移動経路を確認できるGPS端末「あんしんウォッチャー」を7月20日に発売
KDDIはau HOMEの新製品として、小型のGPS端末「あんしんウォッチャー」を7月20日に発売する。端末を携帯している利用者の現在地や移動経路を地図上で確認でき、指定したエリアへの到着や出発などをプッシュ通知で受け取れる。(2021/7/7)

熱海の土石流 損保、衛星やドローンで被害迅速把握
静岡県熱海市伊豆山地区で発生した大規模な土砂崩れを受け、損害保険大手各社は5日、ITを活用した対応を本格化。ドローンや人工衛星、AIを活用した被害認定調査の準備などを進めている。(2021/7/7)

熱海の土石流 損保、衛星やドローンで被害迅速把握
被害地域の損害状況の把握のため、小型無人機「ドローン」や人工衛星を用いた被害認定調査の準備などを進めている。(2021/7/6)

契約期間は5年短縮:
自動車保険は値下げするのに、火災保険料がどんどん値上げするワケ
損害保険料算出機構が、火災保険の参考純率を全国平均で10.9%引き上げると発表。22年1月から値上げされる見通し。(2021/7/2)

日本郵便が「置き配保険」を導入 1万円まで補償
日本郵便が、「置き配」の荷物が盗難に遭ったとき、保険会社を通して商品の注文者に最大1万円の保険金を支払う「置き配保険」を導入する。事前に合意したEC事業者などが発送する荷物が対象。(2021/6/28)

1万円まで補償:
日本郵便が「置き配保険」導入 盗難の不安を解消へ
日本郵便は、置き配の荷物が盗まれたときに、保険金を支払う「置き配保険」を導入すると発表した。盗難1件当たり最大1万円まで補償する。(2021/6/28)

マイボイスコム調べ:
火災保険契約会社の満足度 「ソニー損害保険」や「県民共済」の結果は?
マイボイスコムが「損害保険の加入」に関する調査を実施。火災保険を契約している保険会社の満足度は?(2021/6/24)

サプライチェーンリスク管理は「経営課題」:
PR:専門家が警鐘「自社だけ守ればいい」は通用しない
サイバーリスク対策は、自社のためだけにするものではない。Webセミナー「サプライチェーン・サイバーリスクDAY」に登壇した4法人が、それぞれの観点から最新の動向と対策のポイントを解説した。(2021/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。