ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ソニー損害保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

新成人の73.1%が「ドラレコは必需品」 “あおり運転”報道の影響で
ソニー損害保険が新成人のカーライフ意識調査を実施。「ドライブレコーダーは必需品だと思う」という問いに「あてはまる」と回答した新成人は73.1%に達したという。(2020/1/10)

今日のリサーチ:
「車を所有する経済的な余裕がない」新成人が63.4%――ソニー損害保険調べ
毎年恒例となった新成人のカーライフ意識調査です。(2020/1/8)

19年「自動車保険の契約者満足度」ランキング ダイレクト系1位は2年連続でソニー損保
価格志向が強まっているとのこと。(2019/7/10)

クラウドサービスではなくPC環境で動作:
機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を無償提供 ソニー
ソニーは機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を、法人向けに無償提供する。利用者にデータ処理に関する専門知識や経験がなくても、精度の高い予測が可能。(2019/6/13)

視点:
「買う」はどう進化するか? 「買い方の未来」から事業価値を刷新する
「買い方の未来」をふまえて、新しい事業価値刷新を検討するエクササイズをしてみたい。B2CやB2Bビジネスにおいて、新たな事業価値の発見ができればと考えている。(2019/1/16)

若者の車離れは本当か? 平成最後の「新成人」に意識調査、経済的な余裕がないと回答60%以上
新成人の自動車に対する意識調査の結果が発表されました。(2019/1/14)

コンパクトカーが人気:
若者の“クルマ離れ”は本当か 保有率が増加
クルマを買える世帯は減少しているとしか思えないが、内閣府の消費動向調査を見ると、2017年度はなんと20代(29歳以下)のクルマ保有率が、47.9%から56.6%に増加しているらしい。(2019/1/10)

ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
父と娘のパソコン奮闘記、始まる。(2018/1/21)

就きたい職業2位は公務員:
新成人「結婚したい」が高水準 「夢がある」は過去最低
新成人に関するさまざま意識調査を企業が実施している。どんな結果が出ているのだろうか。(2018/1/9)

週刊「調査のチカラ」:
「お盆玉」は定着したか? 調査で知る次世代の夏
日本の夏、調査の夏。家計や家族の状況をデータから探ってみると?(2017/8/12)

TechFactory通信 編集後記:
小型EV(電気自動車)はわが家の救世主となるか?
自動車は週末、近場でしか乗りません。(2017/4/22)

車載情報機器:
自動車保険の新規加入時から料金最大2割引も、国内初のテレマティクス保険
損害保険ジャパン日本興亜は、スマートフォンアプリを用いた運転診断結果に応じて自動車保険料を最大20%割引く「テレマティクス保険」を開発したと発表した。同保険に対応するスマートフォンアプリを2017年8月から提供し、同年内に保険商品本体の販売を開始する予定だ。(2017/3/28)

意外な分野で活用される可能性:
フィンテックの本命「ブロックチェーン」は伸び悩む?
IDC Japanが国内の金融IT市場予測を発表。フィンテック市場は現在は小規模だが、融資や保険の分野で発展を遂げる一方、ブロックチェーンはやや伸び悩むと予測する。(2017/2/1)

週刊「調査のチカラ」:
若者は「恋愛離れ」も「車離れ」もしていない――2017年の新成人調査まとめで分かったこと
2017年第1回の更新となる週刊「調査のチカラ」。今回は1月9日の成人の日にちなみ、新成人にまつわるデータをピックアップしました。(2017/1/7)

「若者のクルマ離れ」が収束する?:
“マイカー”持つ新成人、4年ぶり増加
2017年に新成人を迎える若者たちの、自動車の保有状況や購入に対する意識はどうなっているのだろうか――ソニー損保調べ。(2017/1/5)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2016:
ソニー損保におけるセキュリティ対策――多層防御、社内CSIRTの実際
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2016」を開催。多くの講演の中からソニー損害保険のセキュリティ対策に関するものをレポートする。(2016/11/10)

太陽光:
ソニー損保、太陽光発電所を千葉県の幼稚園に寄贈
ソニー損害保険は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(東京都港区)の「そらべあスマイルプロジェクト」 を通じて、千葉県流山市の流山市幼児教育支援センター附属幼稚園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する。(2016/8/22)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
FinTechの本質を見抜く3つの共通項とは何か
ますます過熱を帯びる「FinTech」の状況を見てきたが、それでもこのブームの姿は見えづらい。その本質をズバリ見抜いてみよう。(2016/2/5)

カーテレマティクスの事例から学ぶ:
製造業向けIoT活用入門
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に注目が集まる一方で、製造業がIoTを活用するための道筋は見えづらい状態にある。本稿では、幾つかの代表的なIoTの活用シーンを紹介するとともに、自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)を具体的な事例として、製造業がIoTから得られるメリットについて解説する。(2015/5/11)

クルマの維持費、負担に感じるのは「燃料代」――過去4年で20ポイント上昇
ガソリン代、車検代、税金……クルマを維持するには、どのくらいの費用がかかっているのだろうか。自家用車を保有していて、月に1回以上運転する男女に聞いた。ソニー損害保険調べ。(2014/10/1)

注目PC詳細レビュー:
「GRANNOTE」――富士通の“洗練された大人世代PC”を徹底検証(使い勝手編)
富士通のシニア向けPCといえば「らくらくパソコン」が思い浮かぶが、いまやPCとスマートデバイスを使いこなすシニアも多い。そんな“アクティブな大人世代”が満足できるPCを目指したという「GRANNOTE」は、これまでのPCと一体何が違うのか?(2014/4/17)

自然エネルギー:
保育園に太陽光発電設備を、自動車の走行距離で寄贈
ソニー損保は自動車保険の契約者が走行した距離に応じて、幼稚園や保育園に太陽光発電設備を寄贈するプロジェクトを実施している。このほど11カ所目になる大阪府の保育園に3kW分の太陽光パネルとパワーコンディショナーなど発電設備一式を寄贈することが決まった。(2013/7/31)

神尾寿の時事日想:
進む若年層の軽自動車シフト――今こそ「軽自動車」の定義を見直すべきだ
小型車へのダウンサイジングという世界的な傾向は、日本では「軽自動車シフト」という形で進んでいる。軽自動車を選ぶ若い男性が増えている今、軽自動車の排気量規制と安全基準の見直しが必要ではないだろうか。(2012/11/28)

神尾寿の時事日想:
月間維持費1万円を実現せよ――「若者のクルマ離れ」を考える
マスコミや経済界は「若者のクルマ離れ」と言うが、筆者には若年層向けのマーケティングがうまくいっていないことへの言い訳にしか見えない。自動車業界が今本当に考えるべきことは、若者がクルマを持てる施策を考えることではないだろうか?(2012/1/11)

新成人、「クルマを買うなら100万円以下」が多数派
クルマ離れが進んでいると言われる若者。もし購入するとしても100万円以下のクルマを望む人が多数派であるようだ。ソニー損保調べ。(2012/1/5)

それゆけ! カナモリさん:
のび太はしずかちゃんとドライブデートの夢を見るのか?
ジャン・レノがドラえもんにふんしていることで話題を読んでいるトヨタの企業広告キャンペーン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」。妻夫木聡がふんするのび太は、トヨタの願い通り、免許とクルマを取得し、しずかちゃんをデートに連れていけるのか。(2011/11/30)

都市部の新成人、自動車免許を持っているのは3人に1人
(2011/1/14)

1カ月当たりのペットの食費、犬は4843円、猫は4277円
(2010/11/29)

男性ドライバーの4割、居眠り運転で事故を起こしかけた
(2010/11/29)

高速道路のSA・PAで、無性に食べたくなるモノは?
クルマを運転するドライバーは、どのようなB級ご当地グルメを食べているのだろうか。月1回以上クルマを運転している人に聞いたところ「富士宮やきそば」を挙げた人が最も多かった。ソニー損保調べ。(2010/9/16)

夏の終わりのドライブで聴きたい曲は何ですか?
(2010/9/7)

6割の人は、お盆の高速道路「高くても渋滞が少ないを希望」
お盆の帰省時において、何キロまでの渋滞ならイライラしないでいられますか? 夏休みに自家用車で帰省する人に聞いたところ「0〜10キロ未満」(60.3%)と答えた人が断トツであることが分かった。ソニー損害保険調べ。(2010/7/30)

愛犬がきっかけで新しい出会いが……その犬の種類は?
犬を飼い始めたきっかけは何ですか? 犬好きの男性に聞いたところ「自分自身が好きで」と答えた人が最も多く、次いで「彼女/奥さんに影響されて」「ペットショップで一目ぼれして」と続いた。ソニー損害保険調べ。(2010/7/7)

自動アイドリングストップ、エンジン回転数保持……エコドライブで欲しい機能
ハイブリッドカーや電気自動車などのエコカーが注目されているが、運転のやり方を工夫することでも燃費をおさえることができる。普段から燃費を意識して運転している人は、発進・停止時の工夫で無駄を少なくしているようだ。ソニー損保調べ。(2010/4/27)

新成人が欲しいクルマ 男性「BMW」 女性「マーチ」
クルマ離れが進んでいると言われる若者。新成人のクルマに対する意識はどのようになっているのだろうか。ソニー損保調べ。(2010/1/29)

エコカーの“エコ”はエコロジーよりエコノミー?
エコカーについて、どのようなイメージを持っている人が多いのだろうか。ソニー損害保険の調査によると、「デザインが良い」「高級感がある」という意見は多かったが、「割高感がある」という人も目立った。(2009/8/11)

1000円割引より渋滞のない高速道路が人気?――自家用車での帰省
ETC休日特別割引の影響で大混雑したゴールデンウィークの高速道路。お盆の帰省でも、割引料金に魅力を感じている人は少なくないものの、渋滞を嫌っている人の方が多いようだ。ソニー損保調べ。(2009/7/29)

最も支持されている自動車保険会社は?
事故の際に保険金を支払うだけではなく、レッカーサポートなどさまざまなサービスも提供する自動車保険会社。顧客から最も支持されている会社はどこなのだろうか? J.D.パワー調べ。(2008/7/31)

顧客満足を決める:
コールセンターがビジネスの生命線〜アクサダイレクト
アクサ損害保険は、コールセンターをビジネスの中心におく企業の1つの典型例。同社はCTIにGenesysのT-Serverを導入。キメ細かなサービス体制で保守的な日本市場で積極的なビジネスを展開していく。(2004/9/6)

ソニー金融持株会社を金融庁が認可
(2004/3/30)

ソニー、金融分野強化で中間持株会社を設立へ
(2004/2/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。