ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ソニー損害保険」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ソニー損保調べ:
ガソリン代節約のためにやっていること 「空気圧の点検」「エンジンオイルの交換」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ガソリン代や燃料代を節約するためにやっていることを聞いたところ……(2021/10/1)

全国カーライフ実態調査:
ドライブレコーダー選びで重視すること 「画質」や「性能」を抑え1位となったのは?
ソニー損害保険が「全国カーライフ実態調査」を実施。ドライブレコーダーを選ぶ際に重視している点を聞いた。(2021/9/20)

重視するポイントは?:
自動車保険の加入率は約7割 最も選ばれている保険会社は?
マイボイスコムは「自動車保険の利用」に関する調査を行った。自動車保険の加入率や加入している保険会社はどこか、どうやって選んだのかを聞いた。(2021/9/18)

カメラやマイクはOFFにするべき?:
Web会議と対面会議はどっちが安心? 「変な顔の画面でフリーズした」との声も
仕事でWeb会議システムを使用している人は、対面会議とWeb会議、どちらが“安心”だと感じているのだろうか。ソニー損害が20〜69歳の男女500人を対象に調査を実施した。(2021/9/9)

ソニー損保調べ:
次に買いたい車 ダイハツ「タント」を抑えて1位になったのは?
ソニー損害保険が実施した「全国カーライフ実態調査」。主に運転している車のボディータイプを聞いたところ「軽自動車」が41.3%で最多となった。次に買い替える時に購入したい車は?(2021/9/2)

維持費の平均は月1万1700円:
マイカー所有者が「負担だなぁ」と思う諸経費 「駐車場代」「燃料代」を抑えて1位になったのは?
ソニー損保が、自家用車を所有し月に1回以上車を運転する男女1000人を対象に「全国カーライフ実態調査」を実施した。(2021/8/26)

新車に関する調査:
新車の買い替えサイクルはどれくらい? 3年以内が約2割を占める
定額カーリースを運営するナイルは、新車を買った人に「どれくらい乗るか」や「ベストだと思う乗り換えのタイミングはいつか」などを調査した。新車に乗る年数は1年〜13年以上と分散した。(2021/8/13)

マイボイスコム調べ:
火災保険契約会社の満足度 「ソニー損害保険」や「県民共済」の結果は?
マイボイスコムが「損害保険の加入」に関する調査を実施。火災保険を契約している保険会社の満足度は?(2021/6/24)

【追記】「PUI PUI モルカー」が自動車保険のCMに ソニー損保がファンアートを募集し「モルカーありがとうCM」制作
ゾンビの状態からでも入れる保険があるんですか!?(2021/2/22)

運転免許証の保有率は?:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はフォルクスワーゲン、2位はBMW、1位は?
ソニー損保が新成人のカーライフ意識調査を実施。普通自動車運転免許の保有率や欲しい車が明らかに。どんな傾向があるのか。(2021/1/11)

楽天カード、12年連続の顧客満足度1位 生保、損保、キャッシュレス決済トップは?
日本生産性本部は12月22日、日本版顧客満足度指数(JCSI)の調査結果を発表した。宅配便、生命保険、損害保険、クレジットカード、キャッシュレス決済の5業種において、企業・ブランドの顧客満足度を調査したもの。(2020/12/22)

PR:デザイン思考、アジャイル……は怖くない! 企業がデジタル変革の“実効力”を高めるためにできること
(2020/12/9)

自動車保険満足度、トップは楽天損保とソニー損保 コロナの影響は?
顧客満足度調査会社のJ.D.パワー ジャパン(東京都港区)は11月19日、自動車保険についての顧客満足度調査結果を発表した。代理店系保険会社のトップは楽天損保、ダイレクト系保険会社のトップはソニー損保だった。(2020/11/19)

ソニー、金融事業の完全子会社化を正式発表 約3955億円でTOB 親子上場は解消へ
ソニーが金融子会社ソニーフィナンシャルホールディングスを完全子会社化すると正式発表。既に65.04%の株式を保有しているが、SFH株のTOBを実施し、約3955億円を投じて持ち株比率を100%に引き上げる。親子上場は解消する。(2020/5/19)

組み込み採用事例:
運転特性連動型自動車保険向けにアクセサリーソケット型ビーコンを開発
ACCESSは、ソニー損害保険の運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE」向けにBluetooth Low Energyモジュール搭載のアクセサリーソケット型ビーコンを開発し、提供を開始した。(2020/5/15)

安全運転なら保険料も安くなる……!! 「Yahoo!カーナビ」が機能拡充、アプリで“自身の運転状況”を記録して評価
安全運転でキャッシュバックがある自動車保険と連携。(2020/5/14)

Yahoo!カーナビに「ドライブ記録」機能を追加 安全運転度合いを可視化
ヤフーの無料カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」が、5月12日に「ドライブ記録」機能を追加。ドライバーの走行距離や安全運転度合いを計測して可視化し、継続的な安全運転を促す。(2020/5/12)

Yahoo!カーナビに安全運転分析機能〜ソニー損保とも連動
「Yahoo!カーナビ」に、ドライバーの走行距離や安全運転の度合いを計測し可視化する「ドライブ記録」機能が登場。(2020/5/12)

AIがドライバーの事故リスクを推定 低ければ最大30%返金 ソニー損保の自動車保険
ソニーとソニー損害保険、ソニーネットワークコミュニケーションズは、AIを活用した運転特性連動型自動車保険を共同開発した。スマートフォンの専用アプリで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、リスクが低いドライバーに保険料を最大30%返金する。(2020/3/19)

データを準備すればOK:
PR:「データ分析」のハードルを劇的に下げるツールが登場! 幅広い業務に役立つ「Prediction One」とは
手元に膨大な顧客情報や販売データがあっても、思うように分析できていないビジネスパーソンは多いのでは。ソニーネットワークコミュニケーションズ(東京都品川区)は、データさえ準備すれば数クリックで高度な予測分析を自動で実行してくれる「Prediction One」を提供している。どのような仕組みになっているのか、担当者に話を聞いた。(2020/3/18)

新成人の73.1%が「ドラレコは必需品」 “あおり運転”報道の影響で
ソニー損害保険が新成人のカーライフ意識調査を実施。「ドライブレコーダーは必需品だと思う」という問いに「あてはまる」と回答した新成人は73.1%に達したという。(2020/1/10)

今日のリサーチ:
「車を所有する経済的な余裕がない」新成人が63.4%――ソニー損害保険調べ
毎年恒例となった新成人のカーライフ意識調査です。(2020/1/8)

19年「自動車保険の契約者満足度」ランキング ダイレクト系1位は2年連続でソニー損保
価格志向が強まっているとのこと。(2019/7/10)

クラウドサービスではなくPC環境で動作:
機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を無償提供 ソニー
ソニーは機械学習を用いた予測分析ソフトウェア「Prediction One」を、法人向けに無償提供する。利用者にデータ処理に関する専門知識や経験がなくても、精度の高い予測が可能。(2019/6/13)

視点:
「買う」はどう進化するか? 「買い方の未来」から事業価値を刷新する
「買い方の未来」をふまえて、新しい事業価値刷新を検討するエクササイズをしてみたい。B2CやB2Bビジネスにおいて、新たな事業価値の発見ができればと考えている。(2019/1/16)

若者の車離れは本当か? 平成最後の「新成人」に意識調査、経済的な余裕がないと回答60%以上
新成人の自動車に対する意識調査の結果が発表されました。(2019/1/14)

コンパクトカーが人気:
若者の“クルマ離れ”は本当か 保有率が増加
クルマを買える世帯は減少しているとしか思えないが、内閣府の消費動向調査を見ると、2017年度はなんと20代(29歳以下)のクルマ保有率が、47.9%から56.6%に増加しているらしい。(2019/1/10)

ビル・ゲイツもジョブズも知らない女子高生、「はじめてのパソコン」を買う
父と娘のパソコン奮闘記、始まる。(2018/1/21)

就きたい職業2位は公務員:
新成人「結婚したい」が高水準 「夢がある」は過去最低
新成人に関するさまざま意識調査を企業が実施している。どんな結果が出ているのだろうか。(2018/1/9)

週刊「調査のチカラ」:
「お盆玉」は定着したか? 調査で知る次世代の夏
日本の夏、調査の夏。家計や家族の状況をデータから探ってみると?(2017/8/12)

TechFactory通信 編集後記:
小型EV(電気自動車)はわが家の救世主となるか?
自動車は週末、近場でしか乗りません。(2017/4/22)

車載情報機器:
自動車保険の新規加入時から料金最大2割引も、国内初のテレマティクス保険
損害保険ジャパン日本興亜は、スマートフォンアプリを用いた運転診断結果に応じて自動車保険料を最大20%割引く「テレマティクス保険」を開発したと発表した。同保険に対応するスマートフォンアプリを2017年8月から提供し、同年内に保険商品本体の販売を開始する予定だ。(2017/3/28)

意外な分野で活用される可能性:
フィンテックの本命「ブロックチェーン」は伸び悩む?
IDC Japanが国内の金融IT市場予測を発表。フィンテック市場は現在は小規模だが、融資や保険の分野で発展を遂げる一方、ブロックチェーンはやや伸び悩むと予測する。(2017/2/1)

週刊「調査のチカラ」:
若者は「恋愛離れ」も「車離れ」もしていない――2017年の新成人調査まとめで分かったこと
2017年第1回の更新となる週刊「調査のチカラ」。今回は1月9日の成人の日にちなみ、新成人にまつわるデータをピックアップしました。(2017/1/7)

「若者のクルマ離れ」が収束する?:
“マイカー”持つ新成人、4年ぶり増加
2017年に新成人を迎える若者たちの、自動車の保有状況や購入に対する意識はどうなっているのだろうか――ソニー損保調べ。(2017/1/5)

C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2016:
ソニー損保におけるセキュリティ対策――多層防御、社内CSIRTの実際
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXPO 2016」を開催。多くの講演の中からソニー損害保険のセキュリティ対策に関するものをレポートする。(2016/11/10)

太陽光:
ソニー損保、太陽光発電所を千葉県の幼稚園に寄贈
ソニー損害保険は、再生可能エネルギーの普及活動や環境教育を行うNPO法人そらべあ基金(東京都港区)の「そらべあスマイルプロジェクト」 を通じて、千葉県流山市の流山市幼児教育支援センター附属幼稚園に太陽光発電設備「そらべあ発電所」を寄贈する。(2016/8/22)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
FinTechの本質を見抜く3つの共通項とは何か
ますます過熱を帯びる「FinTech」の状況を見てきたが、それでもこのブームの姿は見えづらい。その本質をズバリ見抜いてみよう。(2016/2/5)

カーテレマティクスの事例から学ぶ:
製造業向けIoT活用入門
IoT(Internet of Things:モノのインターネット)に注目が集まる一方で、製造業がIoTを活用するための道筋は見えづらい状態にある。本稿では、幾つかの代表的なIoTの活用シーンを紹介するとともに、自動車向けテレマティクス(カーテレマティクス)を具体的な事例として、製造業がIoTから得られるメリットについて解説する。(2015/5/11)

クルマの維持費、負担に感じるのは「燃料代」――過去4年で20ポイント上昇
ガソリン代、車検代、税金……クルマを維持するには、どのくらいの費用がかかっているのだろうか。自家用車を保有していて、月に1回以上運転する男女に聞いた。ソニー損害保険調べ。(2014/10/1)

注目PC詳細レビュー:
「GRANNOTE」――富士通の“洗練された大人世代PC”を徹底検証(使い勝手編)
富士通のシニア向けPCといえば「らくらくパソコン」が思い浮かぶが、いまやPCとスマートデバイスを使いこなすシニアも多い。そんな“アクティブな大人世代”が満足できるPCを目指したという「GRANNOTE」は、これまでのPCと一体何が違うのか?(2014/4/17)

自然エネルギー:
保育園に太陽光発電設備を、自動車の走行距離で寄贈
ソニー損保は自動車保険の契約者が走行した距離に応じて、幼稚園や保育園に太陽光発電設備を寄贈するプロジェクトを実施している。このほど11カ所目になる大阪府の保育園に3kW分の太陽光パネルとパワーコンディショナーなど発電設備一式を寄贈することが決まった。(2013/7/31)

神尾寿の時事日想:
進む若年層の軽自動車シフト――今こそ「軽自動車」の定義を見直すべきだ
小型車へのダウンサイジングという世界的な傾向は、日本では「軽自動車シフト」という形で進んでいる。軽自動車を選ぶ若い男性が増えている今、軽自動車の排気量規制と安全基準の見直しが必要ではないだろうか。(2012/11/28)

神尾寿の時事日想:
月間維持費1万円を実現せよ――「若者のクルマ離れ」を考える
マスコミや経済界は「若者のクルマ離れ」と言うが、筆者には若年層向けのマーケティングがうまくいっていないことへの言い訳にしか見えない。自動車業界が今本当に考えるべきことは、若者がクルマを持てる施策を考えることではないだろうか?(2012/1/11)

新成人、「クルマを買うなら100万円以下」が多数派
クルマ離れが進んでいると言われる若者。もし購入するとしても100万円以下のクルマを望む人が多数派であるようだ。ソニー損保調べ。(2012/1/5)

それゆけ! カナモリさん:
のび太はしずかちゃんとドライブデートの夢を見るのか?
ジャン・レノがドラえもんにふんしていることで話題を読んでいるトヨタの企業広告キャンペーン「FUN TO DRIVE, AGAIN.」。妻夫木聡がふんするのび太は、トヨタの願い通り、免許とクルマを取得し、しずかちゃんをデートに連れていけるのか。(2011/11/30)

都市部の新成人、自動車免許を持っているのは3人に1人
(2011/1/14)

1カ月当たりのペットの食費、犬は4843円、猫は4277円
(2010/11/29)

男性ドライバーの4割、居眠り運転で事故を起こしかけた
(2010/11/29)

高速道路のSA・PAで、無性に食べたくなるモノは?
クルマを運転するドライバーは、どのようなB級ご当地グルメを食べているのだろうか。月1回以上クルマを運転している人に聞いたところ「富士宮やきそば」を挙げた人が最も多かった。ソニー損保調べ。(2010/9/16)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。