ニュース
» 2018年03月23日 17時25分 公開

楽天、「携帯キャリア事業」の基地局設置に中部電力の電力設備を活用へ

楽天は携帯キャリア事業用基地局の設置にあたり、中部電力の電力設備を活用するための協議を開始。送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上などに基地局を整備していく。

[エースラッシュ,ITmedia]

 楽天は3月23日、同社が準備を勧めている「携帯キャリア事業」用の基地局設置にあたり、中部電力の電力設備を活用すると発表した。

Photo ニュースリリース

 楽天は携帯キャリアへの新規参入に向けて、効率的な設備投資を行うために東京電力グループの設備貸し出し事業を活用することで合意済み。

 今回、同社が携帯電話事業の参入が認められた場合に、中部電力が中部エリアを中心に保有する送電鉄塔、配電柱、通信鉄塔、建物屋上などを活用すべく、協議を開始した。

 今後も楽天は設備投資を最大限効率化と共に全国でのサービス展開を目指し、2018年3月末までの周波数割当の認定に向けた準備を進めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう