コラム
» 2018年04月29日 13時00分 公開

2018年春の「格安SIM」選び(前編):「月額0円」「カウントフリー」に「キャッシュバック」――料金で「格安SIM」を選ぶなら? (1/2)

大手キャリアから通信ネットワークを借り受けて提供されるMVNOサービス。その月額料金から「格安SIM」と呼ばれることも多いが、子細に見ると料金面での個性もさまざまだ。そこで、この記事では料金面の特徴からオススメのMVNOサービスを紹介していく。

[小林誠,ITmedia]

 大手キャリアから通信ネットワークを借り受ける「MVNO(仮想移動体通信事業者)」。総務省によると、その事業者数は、2017年12月末現在で800社を超えている(参考記事)。

 格安な料金設定から「格安SIM」と呼ばれることも多いMVNOの通信サービスだが、水面下では事業譲渡やサービス終息など、淘汰(とうた)の動きも見受けられる。大手キャリア自身も格安プランを打ち出してきたことから、ある意味で生存をかけた戦いは激しさを増しているともいえる。

 だが、そんな状況だからこそ、さまざまな魅力を持つMVNOサービスも登場している。今回は、料金面で注目すべき特徴を持つ格安通信サービス(Y!mobileを含む)を紹介する。春からの格安SIMデビューを考えている人の参考になれば幸いだ。

記事を読む上での注意!

 別途記載のない限り、この記事で掲載されている価格は税別で、ユニバーサルサービス料や各種手数料(契約事務手数料、SIMカード準備料など)を含みません

 サービスによっては「最低利用期間」や特別な利用条件が設けられている場合があります。詳細は各サービスの公式サイトで確認してください。


SIM台紙

“0円”から持てる! 維持費の安さを重視するなら

 「スマホでほとんどデータ通信をしない」「データ通信はするけれどほとんどWi-Fi(無線LAN)」「通話はほぼ“待ち受け”専用」といった使い方をする人にとっては、スマホを最低限の料金で維持したいと思っているはず。

 そんな維持費の安さ重視の人には、nuroモバイルの「0 SIM」と、ロケットモバイルの「神プラン」がオススメだ。

 0 SIMは毎月のデータ通信量が500MB以下ならデータ通信料金が無料。データ専用SIM(SMS非対応)なら、維持費が本当に“0円”になるが、3カ月連続で全く通信しなかった場合は自動解約となるので注意が必要だ。音声対応SIMでも、月額700円(ユニバーサルサービス料は別)からと安価に使える。

 神プランは通信速度が上下最大200kbpsに制限される代わりに、月額298円(データ専用)あるいは948円(音声対応)と安価。通信速度は抑えられているが、テキストベースのメールのやりとりやSNSのチェック程度ならこなせる。

 また格安SIM初心者が「とりあえず使ってみたいから安いものを」と考えているのなら、DTI SIMの「半年お試しプラン」も良いだろう。契約から6カ月間の基本料金が無料で、期間中に解約しても解約金が発生しない。ただし、データ専用SIMまたはSMS対応のデータSIMのみで音声通話は使えないので注意しよう。

0 SIM データ通信専用SIMなら本当に“0円”から使える「0 SIM」
nuroモバイル「0 SIM」のサービス仕様
プラン名 0 SIM
料金 データ専用プラン:月額0円〜1600円(ユニバーサルサービス料込み)
データ+SMSプラン:月額150円〜1750円
データ+音声プラン:月700円〜2300円
データ通信容量 500MB〜5GB(500MBまで無料、以後100円/100MBで課金、上限1600円)
サービスサイト http://mobile.nuro.jp/0sim/

ロケットモバイル「神プラン」のサービス仕様
プラン名 神プラン
料金 Dプラン・神プラン・データプラン:月額298円
Dプラン・神プラン・通話プラン:月額948円
データ通信容量 制限なし(ただし通信速度は上下最大200kbps)
サービスサイト https://rokemoba.com/


DTI SIM「半年お試しプラン」のサービス仕様
プラン名 半年お試しプラン
料金 データ専用プラン:0円(7カ月目からは月額840円)
データSMSプラン:0円(7カ月目からは月額990円)
データ通信容量 3GB
サービスサイト http://dream.jp/mb/sim/

ギガが減らない! 一部通信が「無料」になることを重視するなら

 インターネットにつながるサービスは、当然だがデータ通信する。使えば使うほど「ギガが減る」(通信容量を消費する)わけだが、そのせいで毎月通信速度が制限され月末はネットが遅い……という人もいる。

 しかし、特定のアプリやサービスのデータ通信を免除・減額する格安SIMを使えば、対象アプリ・サービスをいくら使っても通信容量が「消費」されない。万が一ギガを使い切っても、対象のアプリ・サービスについては原則として速度制限の対象外となる。

プラン内包型

 プランの中に一部無料通信が組み込まれているサービスは以下の通り。

  • LINEモバイル
  • DTI SIM
  • OCN モバイル ONE(一部トライアル)

 LINEモバイルには、LINEアプリのみ通信が無料となる「LINEフリープラン」、それに加えてTwitter、Facebook、Instagramの通信も無料となる「コミュニケーションフリープラン」、さらにLINE MUSICも無料となる「MUSIC+プラン」が用意されている。使う頻度を勘案して選ぶと、よりおトクに使える。

 DTI SIMには、「DTI 見放題 SIM」と「20's SIM」という一部通信が無料になるSIMがある。両者ともにYouTube、Twitter、radiko.jp、マイナビ(※)の通信が無料となる。20's SIMにはDTI SIMのオプションサービス「DTI Wi-Fi by エコネクト」「画面サポートオプション」「おトクコール10(音声プランのみ)」も標準付帯する。

 OCN モバイル ONEの場合、一部の自社アプリ・サービス(050 plus、マイポケット、OCN モバイル ONEアプリ、OCNマイページ)に関する通信を無料とする「カウントフリー」が全プランに標準で付帯する。また、7月30日までの期間限定でAWA、dヒッツ、Google Play Music、Spotify、ひかりTVミュージック、レコチョクBestの通信もカウントフリーとする「MUSICカウントフリー」をトライアル提供している(無料:要申し込み)。

※ 「学生の窓口」と学生向け就職活動ページのみ対象

MUSICカウントフリー OCN モバイル ONEでは「MUSICカウントフリー」のトライアル中
「LINEモバイル」のサービス仕様
プラン名 LINEフリープラン、コミュニケーションフリープラン、MUSIC+プラン
料金 LINEフリープラン(1GB):月額500円(データ専用)/620円(データ+SMS)/1200円(音声)
コミュニケーションフリープラン:月額1110円(データ+SMSの3GBプラン)〜/1690円〜(音声の3GBプラン)
MUSIC+プラン:月額1810円〜(データ+SMSの3GBプラン)/月額1810円〜(音声の3GBプラン)
無料通信対象 LINEフリープラン:LINEのみ
コミュニケーションフリープラン:上記に加えてLINE、Twitter、Facebook、Instagram
MUSIC+プラン:上記に加えてLINE MUSIC
サービスサイト https://mobile.line.me/

DTI SIM「DTI 見放題 SIM」「20's SIM」のサービス仕様
プラン名 DTI 見放題 SIM、20's SIM
料金 見放題 SIM(7GB):月額2430円(データ専用)
20's SIM(7GB):月額2880円(データ専用)/月額3980円(音声)
無料通信対象 YouTube、Twitter、radiko.jp、マイナビ(一部サイトのみ)
サービスサイト http://dream.jp/mb/sim/

「OCN モバイル ONE」のサービス仕様
プラン名 OCN モバイル ONE 標準コース(月間通信)/日割コース(日割通信)
料金 標準コース:月額1100円〜(3GB・データ専用)/1220円〜(3GB・SMS対応)/1800円〜(3GB・音声)
日割りコース:月額900円〜(1日110MB・データ専用)/1020円〜(1日110MB・SMS対応)/1600円〜(1日110MB・音声)
無料通信対象(標準) 050 plus、マイポケット、OCN モバイル ONEアプリ、OCNマイページ
無料通信対象(MUSICカウントフリー) AWA、dヒッツ、Google Play Music、Spotify、ひかりTVミュージック、レコチョクBest
サービスサイト https://www.ntt.com/personal/services/mobile/one.html
MUSICカウントフリーはトライアル提供中(別途申し込みが必要)

オプション型

 通常のプランに加えて、オプションを申し込むことで一部通信が無料となるサービスは以下の通り。

  • BIGLOBE mobile(エンタメフリー・オプション:月額480円または980円)
  • J:COM MOBILE(データ通信量カウントなし:無料)

 BIGLOBE mobileでは、月間データ容量3GB以上のプランで「エンタメフリー・オプション」を申し込むことでYouTube(Kidsを含む)、Google Play Music、Apple Music

AbemaTV、Spotify、AWA、radiko.jp、Amazon Music、U-NEXTの通信量がカウントされなくなる。月額オプション料金は、データSIM(SMS対応を含む)がSIM1枚あたり980円、音声SIMがSIM1枚あたり480円となる。

 J:COM MOBILEでは、J:COMが指定するサービスと合わせて加入すると、J:COMオンデマンド、WATCHディズニーチャンネル(※)、WATCHディズニージュニア(※)、J:COMミュージック、J:COMブックスのデータ通信量がカウントされなくなる。自宅でJ:COM系列のケーブルテレビを契約している人にはオススメだ。

※ Android版アプリのみ無料通信対象

エンタメフリー・オプション BIGLOBE mobileでは3GBプラン以上で月額480円を追加で支払えば主要なエンタメ系アプリ・サービスの通信量がカウントされなくなる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう