ニュース
» 2018年07月05日 12時13分 公開

「スーパーマリオラン」の累計収益は66億円超、約8割はiOS版──SensorTower調べ

任天堂のスマートフォンゲーム「スーパーマリオラン」の累計収益が6000万ドルを超えたと米SensorTowerが発表した。その77%はiOS版からだった。国別では米国が最も多く、43%を占めた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 任天堂が2016年にリリースしたスマートフォンゲーム「スーパーマリオラン」の課金による累計収益が6000万ドル(約66億円)を超えたと、モバイルアプリの市場調査を手掛ける米SensorTowerが7月1日(現地時間)、独自の調査結果を発表した。

 mario 1

 スーパーマリオランは2016年12月にiOS版が、2017年3月にAndroid版が公開された。いずれも無料だが、すべてのステージをプレイするための課金があり、日本の場合は1200円だ。

 SensorTowerによると、総収益の77%はiOSアプリからという。アプリ公開の時期が約半年遅かったAndroidでの収益は伸びており、2018年1〜3月期の比率はAndroidが12ポイント増の35%だった。

 mario 2 App Storeのスーパーマリオ

 また、有料ステージに進んだユーザーが最も多いのは米国で、総収益の約43%を占めた。日本は約17%だった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう