ニュース
» 2018年09月14日 18時40分 公開

セブン銀行のATMが「交通系電子マネー」「楽天 Edy」のチャージに対応 10月15日から

セブン銀行が、自社のATMにおいて10月15日から「Suica」「PASMO」を始めとする交通系電子マネーと「楽天 Edy」のチャージと残高確認に対応する。チャージは1000円単位で、手数料などは不要だ。

[エースラッシュ,ITmedia]

 セブン銀行は10月15日、全国の同社ATMにおいて、交通系電子マネーと「楽天Edy」のチャージ(残高追加)と残高確認に対応する。従来は、グループ企業の電子マネー「nanaco」にのみ対応していたが、対応する電子マネーを拡大することで利便性を向上する。利用可能時間は設置場所の営業時間に準拠し、チャージ時の手数料はかからない。チャージは1000円単位で、1回当たりの上限額は交通系電子マネーは2万円、楽天 Edyは2万5000円となる。

Photo 新たにチャージが可能となる電子マネー

 交通系電子マネーは「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」に対応する。チャージサービスの提供に当たっては、JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR九州、京浜急行電鉄、小田急電鉄、西武鉄道、東武鉄道、名古屋鉄道と楽天Edyの協力を得ている。

 現在、セブン銀行のATMにおける電子マネーチャージは金額指定に対応していない(入金額をそのままチャージする)が、同日からは金額を指定したチャージにも対応する。指定額よりも多く入金した場合は、お釣りが出るので無駄なくチャージできるようになる。

Photo 利用方法

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう