レビュー
» 2007年10月29日 09時00分 UPDATE

イマドキのイタモノ:新世代「45ナノ」CPUの実力を「SYSmark2007」で知る──Core 2 Extreme QX9650 (2/2)

[笠原一輝,ITmedia]
前のページへ 1|2       

SSE4に対応したアプリケーションでは大幅な性能向上を確認

 それでは、実際のベンチマークプログラムを利用してテストしていきたい。なお、テストに利用したのはエンジニアリングサンプルで、結果に関しては製品版で変わる可能性があることをお断りしておく。また、テストに利用したのは、日本では発売される予定のないASUSTeKの「P5E3」というIntel X38 Express搭載マザーボードで、BIOSに関してはQX9650に対応したβ版であることも併せてお断りしておく。

 比較対象として用意したのはCore2 Extreme QX6850(クアッドコア、3.0GHz、FSB1333MHz)とAthlon 64 X2 6400+ Black Edition(デュアルコア、3.2GHz)の2製品だ。AMDのAthlon 64 X2 6400+に関しては、デュアルコアということもあり、クアッドコアとの比較としては最適ではないが、現時点での1ソケット向けの最高性能の製品として参考の意味もあって用意した。

CPU Core 2 Extreme Athlon 64 X2 6400+
チップセット Intel X38 Express nForce 580 SLI
マザーボード ASUS P5E3 FOXCONN C51XEM2AA
メモリ DDR3-1333 DDR2-800
メモリモジュール PC3-10666 PC2-6400
GPU GeForce 8800 GTX
グラフィックスメモリ 768Mバイト
グラフィックスドライバ ForceWare v163.69
標準解像度 1280×1024ドット、32ビットカラー
HDD HGST HDT725050VLA
フォーマット NTFS
OS Windows Vista RTM版

kn_qx965sys2k7.jpg SYSmark2007 Preview
kn_qx965tmpeg.jpg TMPGenc 4 Xpress Ver.4.4.0.233

kn_qx965cine10.jpg CineBench10
kn_qx9653d06scr.jpg 3DMark06 3DMarks

kn_qx965dom3.jpg DOOM3(demo1,UltraQualty)
kn_qx965ffxi.jpg Final Fantasy XI Official Benchmark 3 Version 1.0

kn_qx965lpdx10.jpg Lost Planet Extreme Condition

 以上のような結果から、Core2 Extreme QX9650が、現時点で最高性能を持っていることが分かっていただけると思う。もちろん、従来の最上位モデルであるQX6850と同じクロックで、かつL2キャッシュの容量が増え、新拡張命令セットであるSSE4に対応するなどの改良が施されているので、こうした結果は“予測の範囲内”と言える。

 ただ、QX9650がトップでいられる期間は意外と短いかもしれない。AMDはネイティブクアッドコアの「Phenom」(フェノム)を、クライアントPC市場に向けてまもなく投入する。Phenom FXと呼ばれるCore 2 Extremeに対抗するような製品も予定されており、その性能によってはCore2 Extreme QX9650がトップを明け渡してしまう可能性もある。

 さらに、身内にもライバルがいる。というのは、インテルは来年の第1四半期にFSBを1600MHzに引き上げ、動作クロックを3.2GHzに引き上げたCore2 Extreme QX9770の投入を計画している。これがリリースされれば、確実に“最高性能”の称号を譲ることになるだろう。

 もっとも、QX9770を使うには、FSB1600MHzに対応した専用のハイエンドチップセット「Intel X48 Express」と組み合わせる必要があるので、システムはマザーボードから大幅に入れ替えることになってしまう。QX9650なら、既存のFSB1333MHzに対応したチップセットで利用できるので、すでにそうしたマザーを使っているユーザーにとっては、有望な選択肢となるだろう。

 QX9650の実売価格は999ドルが予定されている(1ドル=115円で計算すると約11万5000円になるが、インテルは日本での価格についてまだ明らかにしていない)。下手するとノートPCが買えてしまうだけに、誰もに勧められるCPUではないが、とにかく最高性能というハイエンドゲーマーや予算に余裕があるユーザーなら検討する価値があるだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう