ニュース
» 2008年05月07日 15時00分 UPDATE

2008年PC夏モデル:VAIO印の無線LAN搭載デジタルフォトフレーム――Canvas Online「CP1」

VAIOの“Extension Line”として登場したCanvas Online「CP1」は、無線LAN機能の搭載によりさまざまな写真データを扱えるデジタルフォトフレームだ。

[ITmedia]

写真共有サービスとの連携、Webブラウズの機能も装備

tm0507cp1_01.jpg Canvas Online「CP1」

 ソニーは5月7日、無線LAN機能を搭載したデジタルフォトフレームのCanvas Online「CP1」(型名VGF-CP1)を5月17日に発売すると発表した。テレビサイドPC「TP1」シリーズ、ネットワーク接続型デジタルTVチューナー「DT1」、Wi-Fiオーディオ「WA1」と同じVAIOの製品カテゴリー「Extension Line by VAIO」に含まれる。

 店頭モデルのボディカラーはホワイト(VGF-CP1/W)のみだが、直販モデル限定でブラック(VGF-CP1/B)も用意している。カラー以外の仕様は共通だ。価格はオープンで、実売価格は3万円前後と予想される。

tm0507cp1_02.jpgtm0507cp1_03.jpg 左から店頭販売向けのホワイトモデル(VGF-CP1/W)、直販限定のブラックモデル(VGF-CP1/B)。操作は付属の赤外線リモコンで行える

 CP1は、デジタルカメラや携帯電話で撮影したメモリカード内の写真データを表示できるだけでなく、無線LAN機能を利用することで、PCやホームサーバのLiblog Station「HS1」に保存された写真データ、インターネットの写真共有サービスに登録した写真データを再生できるのが特徴だ。

 写真の再生方法は、音楽付きスライドショーや、画面を最大4分割しての表示、数年前の今日に近い日付の写真だけを自動検出しての表示、現在時刻やRSSフィードと写真の同時表示などが行える。こうした写真の再生方法は、ユーザーがカスタマイズして「フレーム」として保存でき、気分に合わせて複数のフレームを切り替えながら利用することも可能だ。

 液晶ディスプレイは光沢仕様の「クリアフォト液晶」で、800×480ドット/約1677万色表示の7インチワイドパネルを採用している。内蔵の明るさセンターにより、部屋の照明を消すと、自動的にディスプレイを消灯してスタンバイモードに移行する機能を持つ。スピーカーの出力は最大1.6ワットだ。

tm0507cp1_04.jpg 本体の厚さは33ミリで、スティック状のスタンドを1本装着して設置する

 IEEE802.11g/b準拠の無線LAN機能は、バッファローが推進する無線LANの簡単設定方式「AOSS」に対応し、AOSS対応のアクセスポイントと簡単に接続できる。ネットワーク上にあるPCに付属ソフトの「VAIO Media Integrated Server」をインストールすれば、無線LAN経由でPCの共有フォルダ内にある写真データを閲覧可能だ。対応PCは、Windows XP(SP2)/Vista(SP1)搭載機となっている。

 内蔵のメモリカードスロットは、SDメモリーカード(SDHC対応)、メモリースティック(PRO対応)、メモリースティックデュオ(PROデュオ対応)、CFに対応。デジタルカメラやUSBメモリを接続できるUSBポートも備えている。また、512Mバイトの内蔵メモリのうち約100Mバイトがユーザー用のデータ領域に割り当てられており、本体のみで約85Mバイトの写真データ、約15Mバイトの音楽データを保存しておける。対応する写真ファイルはJPEG、BMP、PNG、GIF(最大ファイルサイズは約3Mバイト)、対応する音楽ファイルはMP3、WAVだ。

 写真共有サービスは、「Picasa ウェブアルバム by Google」と「フォト蔵」に対応。自分で投稿した写真に加えて、データを共有しているほかのメンバーの写真も最大4人まで同時再生できる。また、メモリカードを本体に装着すれば、メモリカード内の写真データをこれらの写真共有サービスにアップロードすることも可能だ。

 RSSリーダー機能は、Yahoo! ニュース・トピックス、Yahoo! 天気予報がプリセットされているほか、ユーザーによるRSSフィードの追加に対応している。また、WebブラウザのOperaを搭載しており、再生中のRSSフィードで気になるトピックがある場合は、本体で直接Webブラウズして元のニュースページを確認できる。

tm0507cp1_05.jpgtm0507cp1_06.jpg 写真、現在時刻、RSSフィードを同時に表示した例(写真=左)。インターネットの写真共有サービスを互いに利用している友人や家族など、メンバー4人の写真を同時再生した例(写真=右)

 OSはTimesys Linux 2.6.19、CPUはi.MX31(ARM11 400MHz)を採用。スタンドを含む設置時の本体サイズは177(幅)×103(奥行き)×131(高さ)ミリ、重量は約530グラムだ。電源はACアダプターを使用する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.