ニュース
» 2008年09月30日 12時00分 公開

2008年PC秋冬モデル:デュアルSSDやプレミアムカーボンが選べる高級モバイルノート――「VAIO type Z」

モバイルPCとして規格外の性能を備えた「VAIO type Z」のVAIOオーナーメードモデルが拡張され、最大256GバイトのSSDが選択可能になった。

[ITmedia]

トータル256GバイトのデュアルSSDとBlu-ray Discドライブの同時選択を実現

VAIOオーナーメードモデルを強化した「VAIO type Z」

 エグゼクティブなビジネスユーザー向けに、性能と携帯性、デザインに妥協しないハイエンドモバイルノートを目指して開発されたVAIO type Zの秋冬モデルは、現行の店頭モデルの「VGN-Z70B」を継続販売しつつ、直販のVAIOオーナーメードモデルのメニューが拡張された。

 具体的には、128GバイトのSSD2枚による256Gバイト(RAID 0)構成が追加され、Blu-ray Discドライブの組み合わせが可能になった。また、7200rpmの320GバイトHDDや250GバイトHDDも選択肢に加わったが、128GバイトSSD(64GバイトSSD×2)や64GバイトSSDとBlu-ray Discドライブの同時選択はできない。

 そのほか、ゴシック・アラベスク、ボタニカル・ガーデン、ライン・フォーレストといった柄バリエーションやブラックカラーはそのままに、プレミアムカーボンを選べるようになったのもトピックだ。

 VAIOオーナーメードモデルの販売は10月4日の予定で、Bluetoothレーザーマウスとキャリングカバー、プライバシーフィルターがセットになったアクセサリーキット「VGP-JMAKZ1/B」(実売2万3000円前後)も合わせて発売される。

VAIO type Zの店頭向け秋冬モデルは、夏モデルの継続販売となる(写真=左)。秋冬モデルの直販メニューに追加されたプレミアムカーボン(写真=中央)。アクセサリーキット「VGP-JMAKZ1/B」も用意される(写真=右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう