ニュース
» 2010年02月12日 07時39分 UPDATE

Microsoft、Outlookを追加した「Office for Mac 2011」を発表

Mac版Officeの次期版は、Outlook採用でWindowsのメールファイルをインポートできるようになったほか、ファイルの共同編集機能、リボンインタフェースが追加された。

[ITmedia]

 米MicrosoftのMac BU(Macintosh Business Unit)は2月11日、米AppleのMac向けOfficeの次期版「Office for Mac 2011」の概要を発表した。2010年中に正式版をリリースする予定。

 Office for Mac 2011では、メールや連絡先の管理ツールをこれまでのEntourageからOutlookに置き換える。Mac版OutlookはCocoaで開発しており、Mac OSとの親和性がより高まったという。Spotlightでの検索やTime Machineでのバックアップに対応する。また、要望の多かったWindow版Outlookの.PSTファイルのインポートが可能になる。企業向け機能として、情報を効率的に管理する技術「Information Rights Management(IRM)」を追加した。

 また、WordとPowerPointで、ファイルの共同編集機能が利用できるようになる。無料のオンラインファイル保存サービスWindows Live SkyDriveあるいは企業向けサービスMicrosoft SharePointにアップロードしたファイルを複数のユーザーで共有できる。また、現在β公開しているオンライン版Office「Microsoft Office Web Apps」を利用できるようになる。このサービスを利用することでExcelのファイルでも共同編集が可能だ。

 ユーザーインタフェースでは、リボンインタフェースに対応した。Windows版そのままではなく、Macのメニューやツールバーを使っている。主にキーボードショートカットを使っているユーザーのために、リボンインタフェースは隠すこともできる。

 β公開時期や価格などについては明らかにしていない。

office for mac 2011

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

関連ホワイトペーパー

Office Live | Microsoft(マイクロソフト) | Outlook | Apple


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう