ニュース
» 2011年02月08日 14時58分 UPDATE

2011年PC春モデルの出荷が始まるか?:インテル、「問題に該当するPC」の判断方法を公開

インテルは、改修前Intel 6 シリーズチップセットを一部PCメーカーに条件付で出荷を再開。日本語Webページではエンドユーザー向け案内を2月4日から掲載した。

[長浜和也,ITmedia]

PCメーカーに条件付で出荷再開。解決に向けて尽力中

 インテルは、2月7日にIntel 6 シリーズチップセットの出荷を一部PCメーカーに限って再開することを明らかにした。また、インテルのWebページでは、エンドユーザー向けの対応策を日本語で案内している。

 インテルは、PCメーカーからの要望に基づき、Intel 6 シリーズチップセットの問題を回避できるシステム構成で使用することを表明したPCメーカーに限定して、問題を修復していない同チップセットの出荷を再開した。

 また、2月4日から掲載された、エンドユーザー向けの日本語案内「お客様への大切なお知らせ チップセットの設計の問題および解決方法」のWebページでは、エンドユーザーの所有しているシステムが問題に該当するのかを判断する方法を紹介している。

 問題に該当するシステムか判断する方法では、「2011年1月9日以降に購入したか」「システムに貼ってあるロゴシールが第2世代Coreプロセッサー・ファミリーのものか」「デバイスマネージャーのシステムデバイスに“Intel 6 Series/C200 Series Chipset Family”の記載があるか」の3項目を挙げている。この条件に該当するエンドユーザーはPCメーカー、もしくは、製品の購入元に問い合わせするように呼びかけている。

 なお、FAQでは、Intel 6 シリーズチップセット搭載マザーボードを交換する必要があると述べているが、その返品プロセスについては、マザーボードベンダーと連絡を取り合って解決が図れるように現在尽力しており、返品などのサポート体制については、製品の購入元に問い合わせるように勧めている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう