ニュース
» 2011年08月24日 13時30分 UPDATE

2011年PC秋冬モデル:ようやくUSB 3.0をサポート──「Let'snote B10」

パナソニックは、8月24日に大画面ディスプレイ搭載のLet'snote B10で新モデルを発表した。CPUを強化したほか、本体にUSB 3.0を追加した。

[ITmedia]
kn_lets11fall_01.jpg Let'snote B10

 今回登場した「Let'snote B10」は、2011年4月22日に登場した従来モデルとほぼ共通の仕様を採用する。15.6型ワイドの液晶ディスプレイを搭載して解像度は1920×1080ドットと、Let'snoteシリーズ最大のディスプレイサイズと解像度を継承する。内蔵ドライブも従来と同じ、Let'snoteシリーズではB10だけが採用するトレイタイプのDVDスーパーマルチだ。

 本体のサイズは、370.8(幅)×229(奥行き)×31.4〜43.2(厚さ)ミリ、重さは約1.88キロ。バッテリー駆動時間は約6時間で、1時間で80%まで充電できる急速充電に対応するのも変わらない。

 CPUは、従来と同じ“Sandy Bridge”世代のデュアルコアクラスながら、Core i5-2540M vProに変更し、動作クロックが通常状態で2.6GHz、Turbo Boost Technology有効時で最大3.3GHzと向上した。チップセットはIntel QM67 Expressを採用する。OSも従来と同じ、64ビット版Windows 7 Professionalで、Service Pack 1を適用している。初期設定で64ビット版と32ビット版を選択できるのも従来と同様だ。

 HDDの容量は640Gバイト、システムメモリの容量も標準構成で4Gバイト、最大で8Gバイトと従来と変わらない。ただ、本体に搭載するインタフェースでは、、SDメモリーカードスロット、1000BASE-T対応の有線LAN、HDMIとアナログRGB出力、そして、USB 2.0に加えて、USB 3.0も用意する。なお、店頭向けモデルの無線接続では、IEEE802.11 a/b/g/nだけが利用できる。

 Web販売限定のマイレッツ倶楽部ではハイスペックモデルで内蔵ドライブにBlu-ray Discドライブを採用するほか、無線接続でBluettothも搭載する。さらに、マイレッツ倶楽部プレミアムエディションでは、インテルがまだ発表していないCPUを搭載する予定だ。

Let'snote 店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売価格
B10 CF-B10 大画面2スピンドル CPU強化、USB 3.0対応 Core i5-2540M (2.6GHz/最大3.3GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版/32ビット版7 Professional SP1 17万5000円前後
CF-B10 大画面2スピンドル CPU強化、USB 3.0対応 Core i5-2540M (2.6GHz/最大3.3GHz) 4GB (DDR3) 640GB 64ビット版/32ビット版7 Professional SP1 19万円前後

Let'snote 店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU vPro/オフィス 重量
B10 CF-B10 15.6型ワイド 1920×1080 Intel QM67 DVDスーパーマルチ CPU統合 ○/− 約1880グラム
CF-B10 15.6型ワイド 1920×1080 Intel QM67 DVDスーパーマルチ CPU統合 ○/Office Home and Business 2010 約1880グラム

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう