ニュース
» 2012年07月05日 14時56分 UPDATE

オリンパス、“重量30グラム以下”の軽量筐体を実現したウェアラブルディスプレイを試作

オリンパスは、Bluetooth接続に対応したウェアラブルディスプレイ試作機「MEG4.0」を開発した。

[ITmedia]
photo 使用時イメージ

 オリンパスは7月5日、超小型ウェアラブルディスプレイ試作機「MEG4.0」を開発したと発表した。

 MEG4.0は、頭部側面に装着することが可能なウェアラブル型のディスプレイで、外界の視界を遮らないシースルー型表示に対応。光の効率を高めることで低消費電力での高輝度表示を実現しているのが特徴で、輝度は最大2000カンデラ/平方メートルとなる。また方位/加速度センサーも内蔵した。

 表示解像度は320×240ピクセル。接続はBluetooth 2.1に対応、バッテリー駆動時間は間欠表示の場合で約8時間(連続表示時は約2時間)となっている。本体重量は30グラム以下(電池含む)で、眼鏡に装着することが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう