ニュース
» 2012年07月26日 20時18分 UPDATE

スタッフが一晩でやってくれました:「Mountain Lion」を体験したいならアップルストア銀座へ

アップルストア銀座では、店内に展示されたすべてのMacがMountain Lionに衣替え。「アップデートは様子見かな」と考えている人も、会社のお昼休みにちょっと立ち寄って最新OSを体験してみては?

[ITmedia]

「Mountain Lion」の発売から一夜明けて

og_applestore_001.jpg 7月26日16時ごろのアップルストア銀座

 既報の通り、最新Mac OS「OS X Mountain Lion」がついにリリースされた。PC USERでもすでに林信行氏によるレビューを掲載しているが、1700円という価格の安さも手伝って、早速インストールしてみたMacユーザーも多いだろう。

 とはいえ、仕事などで日常的にMacを使っている場合は、ある程度この新OSの評判が固まるまでアップデートを待つという人もいるかもしれない。アップルの担当者は、Mountain Lionを「iOS機器との連携を強化しつつ、OS Xの考え方を継承した」と説明し、Lionの延長としてあくまでトラックパッドやマウス操作を前提とするMacに最適化したOSであることを強調しているものの、メジャーアップデートに慎重になるのは当然の反応ともいえる。そんな人はひとまずアップルの直営店でMountain Lionを体験してみてはいかがだろうか。

og_applestore_002.jpg 取材時にちょうどストアスタッフによる店頭デモが行われていた

 Mountain Lionのリリースから一夜明けたアップルストア銀座では、店内に展示された約60台のMacがすべて最新バージョンにアップデートされ、自由に新機能を試せるようになっている。また、取材時はストアスタッフによる製品デモが行われており、Mountain Lion目当てで来店した人が熱心に耳を傾けていた。

 そのうちのひとりに話を伺ったところ、「iPhoneもiPadも使っているので、メッセージやリマインダーみたいなおなじみの機能がMacと連携して使えるのはいいですね。(iCloudタブ機能を指して)インターネットでページを見ていて、別の端末でも同じように見られるのも便利です」と気に入った様子。「この間主人が新しいMacBook Airを購入したので、2011年発売のMacBook Airをもらったのですが、今週末にふたりでアップデートしようと思っています」とコメントしてくれた。

og_applestore_003.jpgog_applestore_004.jpgog_applestore_005.jpg アップルストア銀座に展示された60台超のMacがすべてMountain Lion仕様に変わっている。スタッフが一晩でやってくれました(写真=左)。リマインダーのデモ。時刻だけでなく、会社を出たら起動するといったようなロケーションベースの設定も可能(写真=中央)。iOSでおなじみのメッセージも利用できる。同じApple IDで管理された端末であれば、端末を変えてもメッセージのやりとりはきちんと同期されている(写真=右)

og_applestore_006.jpgog_applestore_007.jpgog_applestore_008.jpg 音声入力にも対応した。ただし、店内が騒がしかったこともあり精度はいまひとつ。記者も試してみたが、マイク(MacBook Proの場合キーボード左奥)に向かってかなりはっきりと話しかける必要があり、混み合った店内ではちょっと恥ずかしい……(写真=左)。高速化された新しいSafariでは、複数ページの閲覧時にジェスチャーでサクサクページを切り替えられるタブビューも見どころ(写真=中央)。アドレスバーと検索窓が一体化し、よりシンプルな画面構成になったほか、ページをキャッシュしておけるリーディングリストへの追加やTwitterへの投稿も手軽にできる(写真=右)。雲のアイコン(iCloudタブ)を押すと、ほかの端末で表示したWebページも同期される。ただし、現状でiCloudタブに対応するのはMacどうしのみで、iOS端末の対応は秋のiOS 6を待つ必要がある

 なお、200を超える新機能を搭載したMountain Lionの注目機能は、『たった1700円で最高のクラウド世代Mac OSが手に入る――「OS X Mountain Lion」』を参考にしてほしい。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-