ニュース
» 2012年10月30日 12時39分 UPDATE

x86からARMまで提供する、ただ1つのCPUベンダー:AMD、「ARMベースのOpteron」開発を表明

AMDは、64ビットARMテクノロジーを採用する高密度省電力サーバ向けCPUの開発を明らかにした。2014年には生産を開始する予定だ。

[ITmedia]

64ビットARMベースのOpteronを2014年に投入

 米AMDは、29日(現地時間)に「ARM64」の開発を開始したと発表した。データセンターにおけるサーバ向けCPUとして、ARMベースのCPUを開発し、消費電力と製品コストの削減を目指すという。

kn_amdarm_01.jpgkn_amdarm_02.jpg ARMベースのサーバ向けCPUの開発について、その目的とメリットを説明する米AMD CEOのロリー・リード氏(写真=左)。ARM CEOのウォーレン・イースト氏も発表会に出席する予定だったが、ハリケーン“Sandy”の影響で到着できず、ロンドンのタクシーで収録したビデオコメントで登場した(写真=右)

 今回、米AMDが開発を明らかにしたARMベースの64ビットCPU(発表会でAMDは「ARM64」と呼んでいる)は、クラウドサーバ、そして、データセンター用の高密度省電力サーバに搭載することを想定したもので、64ビットのマルチコアSoCになる。

 ARM64は、AMDが2012年3月に買収したSeaMicro Freedomスーパーコンピュートファブリックとの統合にも対応する予定で、その場合、数百個から数千個規模のCPUによるクラスタリンクが消費電力を抑えつつ可能になることをAMDは期待している。

 AMDは、ARM64を導入したサーバ向けCPUを「Opteron」ラインアップとして開発を進め、2014年に製品の生産を開始する予定としている。AMDは、サーバ向けCPUのラインアップにおいて、x86ベースのOpteronとAPUベースのサーバプロセッサシリーズに、ARMベースのプロセッサを加えることで、サーバ向けCPUで幅広い選択肢をユーザーに提供できる唯一のCPUベンダーになることを訴求する。

kn_amdarm_03.jpgkn_amdarm_04.jpg ARMベースのOpteronを2014年に投入することで、AMDはx86ベースからAPU、そして、ARMで構成するスーパーコンピュート・ファブリックまで対応する幅広いサーバ向けCPUを提供できる唯一のCPUベンダーになると訴求する

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.