ニュース
» 2013年03月01日 13時30分 UPDATE

マイクロソフト純正Windowsタブレットが日本上陸:「Surface RT」は3月15日に発売、4万9800円から

Webや街頭でのティーザー広告で話題を呼んでいた「Surface」が、ついに日本マイクロソフトから正式発表された。国内では「Surface RT」が3月15日に発売される。上位モデルの「Surface Pro」は発売が見送られた。

[ITmedia]

海外版と異なり日本語キーボード、商用利用可能なOffice 2013 RTを採用

photo Surfaceの発売を発表した日本マイクロソフト社長樋口泰行氏

 日本マイクロソフトは3月1日、Windowsタブレット「Surface RT」を国内販売すると発表した。発売は2013年3月15日の予定だ。SSDの容量違いで2モデルをラインアップしており、価格は32Gバイトモデルが4万9800円(税込み、以下同)、64Gバイトモデルが5万7800円。後述するキーボード付きカバーとのセットモデルも用意される。

 販売店はビックカメラ(コジマ、ソフマップ含む)、ヤマダ電機(ベスト電器含む)、ヨドバシカメラの計1000を超える店舗、および直販のマイクロソフトストアだ。

 「Surface」は設計から販売までをマイクロソフトが行う純正のWindows 8タブレットとして注目されている製品。今回日本で発売されるのは、ARM版のWindows 8である「Windows RT」を搭載した「Surface RT」だ。

 1366×768ドット表示の10.6型ワイド液晶ディスプレイ(IPS方式/5点マルチタッチ対応)を搭載し、本体サイズは約275(幅)×172(奥行き)×9(高さ)ミリ、重量は約675グラム。ボディに「VaporMg」(ベイパーマグ)と呼ばれる特殊加工の軽量マグネシウム合金、ディスプレイ表面にCorning製のGorilla Glass 2.0を採用することで、剛性を高めた。背面には開閉式のKickstand(キックスタンド)を設けており、フォトフレームのように自立させて利用可能だ。本体には容量31.5ワットアワーのバッテリーを内蔵し、最大約8時間のバッテリー駆動が行える。

 基本スペックは、CPUがNVIDIA Tegra 3、メモリ容量が2Gバイト、SSD容量が32Gバイトもしくは64Gバイトだ。通信機能はIEEE802.11a/b/g/nの無線LAN、Bluetooth 4.0を標準搭載。入出力は720p対応のHD Webカメラ(イン/アウト)、ステレオスピーカー、デュアルマイク、フルサイズのUSB 2.0、SDXC対応microSDカードスロット、ヘッドフォン出力、HDビデオ出力(Micro HDMI)、カバー用コネクタを装備する。照度センサー、加速度センサー、ジャイロスコープ、電子コンパスも備える。

ki_surface02.jpg Surface RTの各部名称

 利用可能なアプリは、Windows RT対応のWindowsストアアプリに限られる。販売中の海外モデルと異なり、プリインストールされるMicrosoft Office 2013はプレビュー版のHome and Student 2013ではなく、商用利用が可能なOffice 2013 RT(Word、Excel、PowerPoint、OneNote)だ。Windowsメール、メッセージング、SkyDrive、Internet Explorer 10、Bing、Xboxミュージック、Xboxビデオ、Xboxゲームといったアプリも標準搭載する。

 マグネットで装着する専用オプションのキーボード付きカバーも大きな特徴だ。感圧式タッチセンサー採用の薄型キーボードとタッチパッドを備えた約3ミリ厚のカバー「Touch Cover」(ブラック、ホワイト、シアンブルーの3色)、ハードウェアキーボードとタッチパッドを搭載した約6ミリ厚のカバー「Type Cover」(ブラックの1色のみ)が用意されている。いずれも国内販売モデルでは日本語配列のキーボードだ。

 Touch Coverは3月15日に本体と同時発売、Type Coverは数日遅れる見込み。Touch Coverは9980円、Type Coverは1万980円だ。Touch Coverは本体とのセットモデルも用意されており、32Gバイト版が5万7800円、64Gバイト版が6万5800円となる。

 そのほか、純正オプションとして24ワットのACアダプタ、VGAアダプタ、HDデジタルAVアダプタを各3980円で発売する。

海外から約5カ月遅れで上陸、「Surface Pro」の発売は未定

 日本では2月25日から、都内各所にSurfaceのティーザー広告が掲示され、日本マイクロソフトのWebページにはティーザーサイトも登場し、発売間近とされていた。

 Surface RTは2012年10月26日のWindows 8一般販売開始に合わせて、米国、オーストラリア、カナダ、中国、フランス、ドイツ、香港、英国で発売。2013年1月22日には、オーストリア、ベルギー、デンマーク、フィンランド、アイルランド、イタリア、ルクセンブルク、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイスの欧州13カ国でも発売すると発表されていた。今回は日本に加えて、メキシコ、ニュージーランド、ロシア、シンガポール、台湾まで販売地域を広げている。

 なお、SurfaceにはWindows 8 ProやCore i5を搭載した上位モデル「Surface Pro」もあるが、こちらは日本での発売が未定だ。Surface Proは2月9日に米国とカナダで発売。3月1日にオーストラリア、中国、フランス、ドイツ、香港、ニュージーランド、英国で数カ月中に発売すると発表された。Surface Proの価格は899米ドルからだ。

 詳細は追って紹介する。

※販売店やアプリの情報を追記しました(2013年3月1日15時)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.