ニュース
» 2013年05月23日 22時00分 UPDATE

アキバでは深夜販売も:NVIDIA、“エリートクラス”の最新GPU「GeForce GTX 780」を発表

NVIDIAは700シリーズのハイエンドモデル「GeForce GTX 780」を発表した。TeslaやTITANと同じGK110コアを採用する。

[ITmedia]
og_gtx780-2_001.jpg GeForce GTX 780

 NVIDIAは5月23日、GeForce GTX 700シリーズのハイエンドモデルとして「GeForce GTX 780」を発表した。実売予想価格は8万4980円前後(649米ドル)。

 28ナノメートルプロセスの「Kepler」アーキテクチャを採用した、GeForce GTX 680の後継にあたる製品。ただし、採用されるGPUコアは「GK104」ではなく、GeForce GTX TITANと同じ「GK110」で、構成トランジスタの数は71億個となっている。CUDAコア数は2304基、テクスチャユニット数は192基、ROPユニットが48基。

 リファレンスデザインでは、動作クロックが863MHz、Boostクロックが900MHz(GPU Boost 2.0をサポート)。一方、メモリ接続バス幅やメモリ帯域幅はTITANと同じだが、メモリ容量は3Gバイト(GDDR5)に半減している。そのほかリファレンスカードの仕様は、SLI用のコネクタを2基備え、3-way SLIに対応。対応映像出力としてDisplayPort、HDMI、DVI-D、DVI-Iを装備し、4画面までのマルチディスプレイ出力をサポートする。外部補助電源8ピンと6ピン。TDPは250ワットだ。

 実際のグラフィックス性能などについてはレビューを参照してほしい。

製品名 GeForce GTX TITAN GeForce GTX 780 GeForce GTX 680
GPC 5 4or5 4
SM 14 12 8
CUDA Core 2688 2304 1536
テクスチャユニット 224 192 128
ROPユニット 48 48 32
GPUクロック(MHz) 836 863 1006
Boost Clock(MHz) 876 900 1058
テクスチャフィルレート(GTexels/sec) 187.5 165.7 128.8
メモリクロック(GHz) 1502 1502 1502
メモリタイプ GDDR5 GDDR5 GDDR5
メモリ接続バス幅(bit) 384 384 256
メモリ帯域幅(GB/sec) 288.4 288.4 192.26
メモリ容量(MB) 6144 3072 2048
最大消費電力(TDP:W) 250 250 195
補助電源レイアウト 8+6 8+6 6+6
トランジスタ数(億) 71 71 35.4
プロセス(nm) 28 28 28

 なお、秋葉原のPCパーツショップ「ドスパラ」(ドスパラパーツ館)では、同GPU搭載グラフィックスカードの深夜販売を行っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう