ニュース
» 2014年01月28日 10時00分 UPDATE

2014年PC春モデル:寝かせてタッチ/ペン操作、テーブルPC&分離タブレットが進化 LTE内蔵モデルも──「VAIO Tap 11/21」

11.6型のキーボード+ペン付きタブレット、そして21.5型の新スタイルAIO、大小2つの「VAIO Tap」シリーズはユーザーの活用シーンを広げるシリーズならではの特徴はそのままに、基本性能や付属ソフトウェアを進化させた。タブレットスタイルのVAIO Tap 11は、新たにLTE内蔵モデルも用意する。

[ITmedia]

11型サイズの分離キーボード付きタブレット「VAIO Tap 11」、au 4G LTE内蔵モデルも

VAIO Tap 11 11.6型サイズのWindowsタブレット「VAIO Tap 11」

 専用ワイヤレスキーボードが付属する、11.6型サイズのWindows 8.1タブレット「VAIO Tap 11」は、第4世代Core+Windows 8.1のピュアタブレットスタイルと付属ワイヤレスキーボードと本体スタンドを用いたノートPCスタイルを両立する特徴はそのままに、基本性能の向上、さらにモバイルシーンで活用の幅を寄り広げるLTE内蔵モデルを追加して展開する。

 店頭モデルのラインアップは、LTEデータ通信モジュールを内蔵する「SVT11229EJB」とWi-Fi(802.11ac対応)搭載の標準モデル「SVT11228EJB」の2モデル。価格はオープン、発売時想定価格はSVT11220EJBが18万5000円前後、SVT11228EJBが17万円前後の見込み。発売は2014年2月22日を予定する。

 それぞれ、PCとしての基本仕様は一部を除いて同じ。CPUはCore i5-4210Y(1.5GHz/最大1.9GHz)、メインメモリは4Gバイト(DDR3L/デュアルチャンネル)、128GバイトのSSDを搭載。ディスプレイは、1920×1080ドット(フルHD)表示で静電タッチパネルとデジタイザを備える11.6型ワイドIPS液晶パネル(トリルミナスディスプレイ for mobile/オプティコントラストパネル)を採用する。ワイヤレスキーボードは2.4GHz帯無線接続仕様で、非使用時は本体と磁力で吸着して携帯できる。筆圧対応のデジタイザスタイラスペンも付属し、ペン操作/入力をより便利にするソフトウェア群「VAIO Inspiration Suite」が付属する。

 通信機能は、無線LANの新規格「IEEE802.11ac(2ストリーム)」を含む802.11a/b/g/n/ac対応無線LAN+Bluetooth 4.0モジュールの標準搭載に加え、LTE内蔵モデル「SVT11229EJB」はKDDIのLTEネットワーク(au 4G LTE)対応のLTEデータ通信モジュールも内蔵する。本機では下り最大75Mbps/上り最大25MbpsでのLTE通信をサポートし、本体にSIMカード装着済み状態で出荷する。このため、購入後本体よりその場でオンライン契約が可能だ。2014年春のVAIO au 4G LTE内蔵モデルユーザーに対し、au LTEスマートフォンユーザーは月額基本使用料を最大2年間1050円に、au LTEスマートフォンユーザー以外は基本使用料を2年間1150円/月分割引く特典も展開される。なお、LTE内蔵モデルはモジュールに付属するGPSセンサーによりGPS機能も利用できる。

 本体サイズは、LTEモデルが304.6(幅)×188(高さ)×10.5(厚さ)ミリ、重量は約830グラム、Wi-Fiモデルは304.6(幅)×188(高さ)×9.9(厚さ)ミリ、重量約780グラム。ワイヤレスキーボードのサイズは304(幅)×187.4(奥行き)×4.25(高さ)ミリ、重量は約320グラムとなる。OSは64ビット版Windows 8.1、オフィススイートはOffice Home and Business 2013が付属する。


VAIO Tap 11店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Tap 11 SVT11229EJB (1色) タブレット (ワイヤレスキーボード付属) LTE、11ac対応、Windows 8.1、Photoshop Elements 12搭載 Core i5-4210Y (1.5GHz/最大1.9GHz) 4GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 18万5000円前後
SVT11228EJB (1色) タブレット (ワイヤレスキーボード付属) 11ac対応、Windows 8.1、Photoshop Elements 12搭載 Core i5-4210Y (1.5GHz/最大1.9GHz) 4GB (DDR3L) 128GB SSD 64ビット版 Windows 8.1 17万円前後
VAIO Tap 11店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Tap 11 SVT11229EJB (1色) 11.6型ワイド 1920×1080 (タッチパネル、デジタイザペン付属) CPU統合 CPU統合 (HD 4200) Office Home and Business 2013 約830グラム(本体のみ)、約1.15キロ(キーボード接続時)
SVT11228EJB (1色) 11.6型ワイド 1920×1080 (タッチパネル、デジタイザペン付属) CPU統合 CPU統合 (HD 4200) Office Home and Business 2013 約780グラム(本体のみ)、約1.1キロ(キーボード接続時)



VAIO Tap 11(ホワイト) ソニーストアでは、限定カラーのホワイトも選べる

 購入時に仕様が選択できるソニーストア直販のVAIOオーナーメード(VOM)モデル「SVT1122A1J」も発売する。直販価格は11万9800円から。

 直販限定カラーのホワイトを含むホワイト/ブラックのカラーより選べるほか、Core i7-4610Y(1.7GHz/最大2.9GHz)、Core i3-4020Y(1.5GHz)、Pentium 3560Y(1.2GHz)のCPU、最大8Gバイトのメモリ、最大512GバイトのSSD、Windows 8 Pro、英語配列キーボード、VGAアダプタ、ACアダプタ接続用の小型Wi-Fiルータ、Office 2013のエディション、クリエイティブ系アプリなどを用意する。


21.5型サイズの“テーブルトップPC”「VAIO Tap 21」

VAIO Tap 21 180度寝かせられる独自スタンドを備えるテーブルトップPC「VAIO Tap 21」

 家族で使う大画面のデスクトップPCとして、あるいはぺたんと寝かせてペン&タッチのテーブルトップPCとして。21.5型の液晶一体型デスクトップPC「VAIO Tap 21」シリーズは、2013年秋冬モデルで好評だったスタイルを継承し、一部機能を強化してリニューアルした。

 家族など複数の人と一緒に使うシーンを想定したスタイルを含め、マルチな使い勝手を両立するデザイン性に優れるデザインが大きな特徴。デスクトップPCながらバッテリーを内蔵し、画面が設置面に対して水平になるまで傾けられる「フリースタイルスタンド」を採用。画面を立てて使う「デスクトップモード」、傾けてタッチ操作をしやすくする「タッチ快適モード」、水平に寝かせて複数の人でタッチ操作が行える「テーブルトップモード」の3つのモードで利用できる。テーブルトップモード用の独自アプリとして、画面を囲んでタッチしながら写真や動画、音楽、クリップしたWeb画面、文書などの素材を選んでショートムービーなどを作成できる「VAIO Tabletop」やマルチユーザー対応のお絵かきアプリ「Family Paint」などが付属する。


photo ディスプレイを寝かせて、家族で遊べるソフトウェアもプリインストールする

 ラインアップはCore i7+8Gバイトメモリ+Blu-ray Disc仕様の最上位モデル「SVT21229EJB」、Core i5+4Gバイトメモリ仕様のスタンダードモデル「SVT21228EJB」、Core i3+4Gバイトメモリ仕様のベーシックモデル「SVT21227EJB」の3モデル。価格はオープン、発売時想定価格はSVT21229EJBが20万5000円前後、SVT21228EJBが18万5000円前後、SVT21227EJBが16万5000円前後の見込み。発売は2014年3月8日を予定する。

 最上位モデルの主な仕様は、CPUにCore i7-4500U(1.8GHz/最大3GHz)、8Gバイトメモリ(4Gバイト×2)、1TバイトハイブリッドHDD(NANDフラッシュ内蔵HDD)、1920×1080ドット表示対応でタッチパネル付きの21.5型ワイドIPS液晶ディスプレイなど(外付けBlu-ray Discドライブも付属)。USB 3.0×2(うち1つはパワーオフ充電対応)、1000BAST-T有線LAN、HDMI出力×1、ヘッドフォン/マイク兼用端子、メモリースティック デュオ/SDメモリーカード共用スロット、有効92万画素カメラ、802.11a/b/g/n無線LAN+Bluetooth 4.0、NFCなど。OSは64ビット版Windows 8.1、オフィススイートはOffice Home and Business 2013をプリインストールする。


VAIO Tap 21店頭モデルの概要(その1)
シリーズ名 モデル名 タイプ 従来比較 CPU メモリ HDD OS 実売
VAIO Tap 21 SVT21229EJB (1色) 液晶一体型 (テーブルトップPC) デュアルチャンネルメモリ、Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Core i7-4500U (1.8GHz/最大3.0GHz) 8GB (DDR3L) 1TB ハイブリッドHDD (8GBフラッシュメモリ内蔵) 64ビット版 Windows 8.1 20万5000円前後
SVT21228EJB (1色) 液晶一体型 (テーブルトップPC) Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Core i5-4200U (1.6GHz/最大2.6GHz) 4GB (DDR3L) 1TB ハイブリッドHDD (8GBフラッシュメモリ内蔵) 64ビット版 Windows 8.1 18万5000円前後
SVT21227EJB (1色) 液晶一体型 (テーブルトップPC) Windows 8.1、VAIO Inspiration Suite、Photoshop Elements 12搭載 Core i3-4005U (1.7GHz) 4GB (DDR3L) 1TB 64ビット版 Windows 8.1 16万5000円前後
VAIO Tap 21店頭モデルの概要(その2)
シリーズ名 モデル名 液晶 解像度 チップセット 光学ドライブ GPU TV/オフィス 重量
VAIO Tap 21 SVT21229EJB (1色) 21.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) CPU統合 BDXL対応Blu-ray Disc (外付け) CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約3.9キロ
SVT21228EJB (1色) 21.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) CPU統合 BDXL対応Blu-ray Disc (外付け) CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約3.9キロ
SVT21227EJB (1色) 21.5型ワイド 1920×1080 (タッチパネル) CPU統合 DVDスーパーマルチ (外付け) CPU統合 (HD 4400) Office Home and Business 2013 約3.9キロ



 購入時に仕様を選択できるソニーストア直販のVAIOオーナーメード(VOM)モデル「SVT2122A1J」も発売する。直販価格は12万3800円から。

 店頭モデルよりハイスペックなCore i7-4558U(2.8GHz/最大3.3GHz)、最大16Gバイトメモリ、512G/256GバイトのSSD、光学ドライブの付属なし、64ビット版のWindows 8 Pro、Office 2013のエディション、クリエイティブ系アプリ、長期保証メニュー(3年ワイド+まるまるアシスト3年セットなど)が選択可能だ。Core i7-4558Uを選択すると、内蔵グラフィックスもIntel Iris Graphics 5100に強化される。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう